• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
『Yes Coke Yes!』歴代 Signboard とか瓶とか自動販売機TOKA。
殿堂

『Yes Coke Yes!』歴代 Signboard とか瓶とか自動販売機TOKA。

Posted date:
Update date:2018年05月29日
『Yes Coke Yes!』歴代 Signboard とか瓶とか自動販売機TOKA。
 
1886年は北海道民にとっては忘れられない大切な年。その1886年に起きた出来事と言えば、コーラという飲料が発明された事でも有名です。(むしろな)アメリカ合衆国で発明された世界初のコーラ飲料は、ジョージア州アトランタ発祥(Wikipedia)とあります。そんな事より、1886年と言えば、北海道に道庁が設置された年なのです!(元道民コーフンなう。)と同時に、根室県・札幌県・函館県が廃止され北海道が「県と言う名を失った年」でもあるんです!あの日、1886年1月26日に北海道が県を手放さずにいたならば、道民も、あ、いや、北海道県民も「秘密のケンミンSHOW」を胸を張って見ることが出来ていたのかと思うと何とも( ̄     ^   ̄ )口惜しく、また感慨深いものがあるというものです。
ということで、今回は北海道の歴史と共にコーラについて大いに語ろうかと・・・思いましたが「ウゼ」の声多数の為、コカ・コーラの懐かしいポスターなどを眺めるという平凡な企画に変更されました。まま、賛否両論あるかと思いますがとにかく参りましょう。レッツ・道!
 
 ブリキのプレート
 
 

 コカ・コーラのポスター・関連グッズ・ワークシャツ

 
既に完売となっておりましたが、アンディ ウォーホルの「Three Coke Bottles」という作品です。やっぱアンディもこのボトルに魅了されたんですかね。
 
コカ・コーラ 未使用テレカ
この頃のコカ・コーラのイラストはパリッシュみたいなんだよね。凄く好き。
 
ポスター
 
キーホルダー(?)
たぶん子供の頃見たと思うんです。何かのおまけだったのかもしれません。洋酒やら何やらが飾ってあるモロゾフの棚の中にごっしゃりあったような・・・。そう言えば祖母はコーラフリーカーだった。
 
コカ・コーラのワークシャツ

昔から人気があったこのワークシャツ。実際にこのシャツとパンツを穿いて自動販売機のコーラを補填しているお兄さんをよく見かけました。これ着ているだけで男前度が2割増し!JC、
JKに人気が高かった。グリーンのとか、チェックのとかもありましたね。
 
すげえ。
 
都市伝説なので定かではありませんが、コカ・コーラが世に出る前まではサンタさんの衣装は緑色だったとか。そう言えば、スタバのサンタさんも緑色の衣装着てたよね。スタバカラーっていうだけなのかな。
 

 CMタレント

コカ・コーラのCМタレントは?と訊かれてあなたは誰を思い浮かべます?そうあなた。2000年以前はタレントさんを多く起用していたみたいですが、それ以降は「コーラと言えば○○ちゃん!」というイメージキャラクターの強い印象はあまりありませんね。強いて言うなら安室奈美恵さん、綾瀬はるかさんくらいでしょうか。どちらかと言えば、タレントさんと言うよりも「みんなでコーラ片手に楽しくパーチー!」みたいなシーンの方が印象深いのではないかと思います。

廃盤になっていましたけど過去2008年には「日本初!コカ・コーラの歴代CMだけ集めたDVDがリリース」なんていう事もあったんですね。可愛いですね、若かりし日の早見優さん♪
因みに1964年、日本における初めてのコカ・コーラCMタレントは 井上順さんでした!
 

 コカ・コーラの看板

「コカ・コーラ・歴代・瓶」とかで検索するとこういった看板とかポスターがずらずら数えきれないほど出てくるんです。コカ・コーラが愛された証なんですけど、コレクターの方達がとにかく熱い!世界中にいらっしゃるんですから凄いですよね。世界に愛されている飲み物って他にありますかね。
その点では北海道の名物飲料コアップガラナも負けを認めざるを得ません。(東京在住の姪っ子に腐ったコーラと罵られたことを思い出しました。ハラタツアノガキ)
 
ひとりね、ご紹介したいコカ・コーラのコレクターさんがいるのですがその前にこちらのCMをご覧になってみて♡覚えている方いるかな。とっても好きなCMなんです。
ささ、コーラ飲んで休憩タイム。Yes Coke Yes
	
もーいっちょ!コカ・コーラのCMの中では結構有名どころ。
	
 

 コカ・コーラコレクター

 
CMどうでした?可愛かったでしょう?コカ・コーラでのどを潤したところでご紹介します!最早北海道のスターは大泉洋ちゃんじゃない、この方よ!
札幌在住のコレクター・末永修一さんです!(両手でピラピラ中)
ご自宅のお部屋の画像なのですが・・・
圧巻!凄くね!スゴ過ぎね?!
住宅リフォームの会社を営む末永さんは、その腕前を生かして、事務所や自宅を膨大なコレクション展示場にリフォーム。グッズやポスター、歴代の缶やボトルを、いたるところに展示しています。しかも「コカ・コーラ」だけでなく、「ファンタ」や「ジョージア」など、日本のコカ・コーラ社の製品をほとんど網羅しているという徹底ぶり。

出典:北海道に驚きのコレクターがいた! 集めた点数、もはやカウン...

	
末永さんのコレクションの中では珍しい、海外の記念ボトル。
記念ボトルは、従業員など限られた人にしか配布されないものも多いため
手に入れるのに苦労するとのこと

出典:北海道に驚きのコレクターがいた! 集めた点数、もはやカウン...

	
末永さんの「コレクション第1号」とも言える記念ボトル。
通常のグラスボトル(コンツアーボトル)とは形状が異なる
この中で幸せに浸っているんだろうね。おトイレも末永さんも可愛らしい!
末永さんの記事、感動するほど面白かったです。↓ご興味のある方はご覧なってみてね♡
北海道と言えば俺だろ!
 

 「炭酸飲料」を英語でなんて言う?

「炭酸飲料」を英語でなんて言う?「Soda」? 「Pop」? 「Coke」? 3つの“方言”の由来を探る。日本では、地域ごとに特有の言葉遣い=方言があり、その言い回しの違いがしばしば話題になります。もちろんこのような方言が存在するのは日本に限ったことではなく、米国でも同様です。今回ご紹介するのは、「炭酸飲料」の呼び方の違い。その地理的分布を地図に表してみると、さまざまな興味深い背景が浮かび上がってきました。

出典:「炭酸飲料」を英語でなんて言う? 「Soda」? 「Pop」? 「C...

	
炭酸飲料の呼び方の地理的分布を表した地図。
主な呼称が「soda」の地域は水色、「pop」の地域は黄色、「Coke」の地域はピンク色で示されている
この地図を見ると、「pop」派は米国の中西部と北西部に集中している一方、「soda」派は北東部と南西部に多く、中間のいくつかのエリアにも点在していることが分かります。そして南部の大半では、ブランドや種類にかかわらずあらゆる炭酸飲料を「Coke」と呼ぶ傾向があります。

出典:「炭酸飲料」を英語でなんて言う? 「Soda」? 「Pop」? 「C...

	
炭酸飲料かー、、、何だろう?みなさんは?
「サイダー」かなあ。やっぱ普通に「タンサン」か?
 

 コカ・コーラの自動販売機覚えてるのある?

 
瓶のコカ・コーラ時代の自動販売機。栓抜きが付いているんだよね!
この背の低い方の販売機が凄く恰好良くて、アパレル系のショップでよく見かけましたわ。ディスプレイじゃなくてちゃんとコカ・コーラを販売してる所が多かった。そう言えばシャレオツな飲み屋さんにもあったわ。ダーツ、ジュークボックス、ピンボール、ビリヤード、そしてコカ・コーラの自動販売機。時代やね。
 
空き瓶の木箱もカッコいいんだよ。
コーラのキャップを100円ライターとかBarスプーンで調子こいて開ける人が大勢おりました。
 

 コカ・コーラの自動販売機にまつわる話

 
…2005年から国内の自動販売機には「住所表示ステッカー」が貼られるようになりました。これは災害や事件、事故などの緊急事態時にも、すぐにその場所の住所がわかるようにと、自動販売機業界と警察や消防長会とが連携して始められたもの。もちろん道に迷ったときなども、自動販売機に貼られた住所ステッカーを参考にしましょう。

出典:あっと驚く「自動販売機」のトリビア30The Trivia of Vendi...

※出典/http://www.jvma.or.jp/kouken/index.html
および、『清涼飲料水なるほどBOOK』
全く知りませんでした!へえー!方向音痴の人にもありがたい!
プロの方向音痴になるとね、ナビ坊と一緒に歩けないんだよ。スマホのナビ坊に向かって「おいおいお前どこ行くんだよ!」とぼやくのがプロの証。
 
コカ・コーラって「スッゲめっちゃ好き!なくちゃ生きていけない!」って感じじゃないんだけど、年に何度かは必ず「コ、コーラ、コーラくれ・・・。」つう症状に見舞われるよね。大体目の前にポテチとかハンバーガーとかある時ね。

今もそんな感じです。頭の中にはもちろん永ちゃんの Yesmyloveが流れていますよ♪

最後まで読んで頂きありがとうございました。
Yes Coke Yes!ギンアンコ。
 

 【関連記事】

 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ギン アンコ。

ギンアンコ。 元北海道民です。 疲れずに読んで頂ける記事を書くコトをモットーとしています。どうかみなさんが楽しんで頂けますように♡