• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
豆知識【ダイエット】の「停滞期」を乗り切る方法知ってますか?  #リバウンド #チートデイ 

豆知識【ダイエット】の「停滞期」を乗り切る方法知ってますか? #リバウンド #チートデイ 

Posted date:
豆知識【ダイエット】の「停滞期」を乗り切る方法知ってますか?  #リバウンド #チートデイ 
食事もカロリーを控えているし運動も欠かさず行っているにもかかわらず、ある日突然体重がピタッと減らなくなってしまう停滞期ダイエットをやり遂げるには、停滞期中でも食事制限や運動をしっかり続けることができるかにかかっているといっても言い過ぎではありません。ダイエットの停滞期に、体重が減らないからといって、自棄になってダイエットをやめてしまうとリバウンドしやすいとも言われています。リバウンドしてしまうと、元の体重に戻るどころか、以前よりも体重が増えてしまうこともあるそうです。ダイエットをした結果、リバウンドをして太ってしまったとなっては、やりがいがありません。
そこで今回は「停滞期」についての解説をしてみたいと思います。

ダイエットの停滞期を脱出するためには

食事もカロリーを控えているし運動も欠かさず行っているにもかかわらず、ある日突然体重がピタッと減らなくなってしまう停滞期。

ダイエットをやり遂げるには、停滞期中でも食事制限や運動をしっかり続けることができるかにかかっているといっても言い過ぎではありません。ダイエットの停滞期に、体重が減らないからといって、自棄になってダイエットをやめてしまうとリバウンドしやすいとも言われています。

リバウンドしてしまうと、元の体重に戻るどころか、以前よりも体重が増えてしまうこともあるそうです。ダイエットをした結果、リバウンドをして太ってしまったとなっては、やりがいがありません。停滞期の乗り越え方には様々なものがありますが、チートデイを設定するという方法があります。チートデイとは日本語に訳すと、ずるをする日という意味で、つらい食事制限によるダイエットを少しだけ中断して、好きなものを食べるのです。

多くの場合、ダイエットをすると、カロリー量が多くなりすぎないように、食べる量を少なくします。身体は、このまま食べ物が入ってこなかったらマズイと、身体を省エネモードにしてしまうため、同じ生活をしていても体重が減らなくなります。

そんな時に1日だけ好きなものを食べるチートデイを取り入れて、身体にちゃんと栄養が入ってくるよと教えてあげることにより、省エネモードを解除させるのです。

長く続いていた停滞期が、チートデイで食事をしたことがきっかけで、通常モードに戻ったりもします。大事なことは、チートデイは2日は3日も続けないことです。あくまでダイエットと折り合いをつけるためのものなので、1日のみにしましょう。

停滞期を乗り越えてダイエットを成功させるには

停滞期になった時に、モチベーションを低下させずにダイエットを続ける意欲を持つことは重要です。この停滞期をいかに乗り越えるかで、ダイエットに成功するか失敗してしまうかの大きな分かれ目になります。

停滞期に入ったら、日々の食事内容を、これまで以上にチェックしましょう。食事制限を行ったり、苦手な運動も頑張って、順調に体重が減っていたのに、ある日突然体重の減りが止まってしまうという状態を停滞期といいます。

一気に体重が減ると体によくないので、人の体は、いきなり体重が減らないようブレーキをかけます。唐突に、食事から得られるカロリー量が少なくなると、体は一大事だと思い込みます。

その結果、少ない食事でも生きていけるように、代謝の低い体になります。ダイエットをしていると、どうしても摂取カロリーを制限せざるをえないので、停滞期はどうして起きてしまいます。せっかく順調にいっていたダイエットがつまずくことで、多くの人は焦りや挫折感を感じてしまうことになります。

誰にでも訪れる停滞期をどのようにクリアするかは、ダイエットの成否を分けることです。停滞期を乗り越えるにはバランスの良い食事を適量食べることが一番だといいます。

一向に体重が減少しなくなったからといって、ぎりぎりまで食事を少なくしたり、きつい運動をすると体に悪影響です。ダイエット中に、停滞期に入ったとしても、それまでと変わらずにダイエットを続け、運動と食事制限を中断しないようにしましょう。

ダイエット停滞期でも運動を継続することが大切

ダイエットの停滞期は、摂取カロリーを減らしたり、運動をしている時に起きることです。意気込んでダイエットをスタートさせても、停滞期に入って体重の減り具合が鈍化すると、モチベーションが一気に下がってしまいます。

大抵の人は、ダイエットを開始すると、その時は体重が順調に減ります。今までとは食事の量を変えたり、運動量を増やしたりするので、体に影響が出るのです。

ダイエットをスタートしてから、しばらくは順調に体重が落ちていたにも関わらず、停滞期に入ると体重が落ちるスピードが明らかに遅くなってしまいます。

ダイエットは続けているのに、体重は減らなくなりますので、やりがいが全く感じられなくなります。食事制限のつらさや、運動の苦しさは変わらないのにダイエットが進まないという状況が続くと、ダイエット自体をしたくなくなります。

停滞期になるとダイエットが進んでいないように見えますが、ダイエットに必要なステップの一つとして、停滞期を捉えることが大切です。人間の体にはホメオスタシスという機能があり、食事量が多くても少なくても、体温や体重を一定に保つことで健康を維持しようとします。

1日に摂取できるカロリー量が少ない日が続いても、身体は正常を維持できるように、人の体は代謝を低下させ、体脂肪を一層溜め込もうとするのです。停滞期に関する知識の無い人の場合、ここでダイエットを諦めてしまうことが多いようです。

予定どおりにダイエットができていれば、いずれは停滞期に入れます。停滞期になること自体は問題はありませんので、その間にしっかり運動をして、食事制限をきちんと継続することです。ダイエットをしている時に、停滞期に入ったからといって、効果が乏しくなったと考える必要はありません。食事制限や、運動を続けることで、いずれまた体重は減少し始めます。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」