• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学まとめ】地球に落ちた隕石の8割は南極で発見されている

【雑学まとめ】地球に落ちた隕石の8割は南極で発見されている

Author:
MATANMATAN
Posted date:
【雑学まとめ】地球に落ちた隕石の8割は南極で発見されている

はじめに

隕石とは

惑星間空間に存在する固体物質が地球などの惑星の表面に落下してきたもののこと。
宇宙空間から大気中に突入し,地球表面まで落下してきた固体

出典:隕石(いんせき)とは - コトバンク

これまでに発見されているいちばん大きな隕石は,1920年にドイツ領南西アフリカのグルートフォンテーン近郊で発見されたホーバ鉄隕石で,直径 2.7m,重量は約 60tある。
宇宙空間から地球上に落下した大きさ1ミリより大きな固体物質を隕石といいます。 

出典:隕石の話

1ミリより小さいと宇宙塵と呼んで区別します。
大部分の隕石は、太陽系ができるときに惑星にまで成長することができなかった小惑星だ。

出典:じじぃの「南極の隕石・日本にあった記録に残っている世界最...

小惑星も太陽の周りをグルグルと回っているが、ときどき、地球の重力に引き寄せられたりして地球にぶつかり、隕石となる。

隕石の8割が南極で発見されているというのは本当か

調べてみた

南極隕石が全世界の隕石の8割を占める

出典:南極で隕石をさがす 極地研ライブラリー [978-4-425-57001-0...

	
なんと世界で確認されている隕石の約8割が南極で見つかっているんです!

出典:ようこそ!国立極地研究所 南極・北極科学館へ │ 国立極地...

	
現在、世界で(分割されてしまうので計数が難しいが)見つかっている隕石の約8割が南極で発見されています。

出典:世界一の隕石保有国はロシア? いいえ、日本です! 南極隕...

	
なんと、世界で発見された隕石のうち8割は南極で発見されたもの

出典:BS朝日 - 南極日和

	
隕石は地球上にまんべんなく落ちているはずだが、発見される場所は大きく偏っている。何と、地球上で発見された隕石の8割近くが南極で発見されている。

出典:じじぃの「南極の隕石・日本にあった記録に残っている世界最...

	

twitterでは

直径数mmほどの天体は毎日、直径7mほどの天体も半年に1度の割合で地球に突入するが、大気との摩擦で燃え尽きてしまう。

地上に達した隕石のうち、約8割は南極で発見された。氷河に埋もれて氷河と共に移動し、山のふもとでせき止められた後に氷河が消えて、発見される条件が整っているからだ。
	
南極の昭和基地の南方約300kmにある、数多くの隕石が発見されていることで知られる山脈は何山脈?/【やまと山脈】
	
「石ふしぎ大発見展 大阪ショー」。地球上で発見された隕石は約6万個、その8割が南極大陸。《Yamato-86032》は、南極・やまと山脈で採取された月起源隕石。アポロシリーズで月の高地から持ち帰った岩石と酷似する。《Yamato-000593》は、同山脈で採取された火星起源隕石。
	
円城寺 守『大人のフィールド図鑑 自分で探せる 美しい石 図鑑&採集ガイド』(実業之日本社)読了。
日本で落下が確認された隕石の数は約50個で多くない。しかし、南極ではこれまで17,000個近くの隕石を回収していて、日本は世界で2番目に多くの隕石を所有する国となっている。
	
朝日朝刊17P、隕石は太古からの手紙 国立極地研究所教授 小島秀康さん。地球上では、宇宙からの隕石約6万個が発見、その8割が南極で。南極観測隊員として30年間に5回、隕石探査に参加し、1万7千個採取。隕石は、太陽系誕生の46億年前に出来たもの。惑星生成過程を読み解く、情報の塊。
	
 

補足

万単位で発見されている

これまでに約1万5000個が発見されており,発見された全隕石の90%近くを占める。

出典:南極隕石(ナンキョクインセキ)とは - コトバンク

	
米国、中国など外国隊の成果を合わせると、南極で発見された隕石の数は、4万8000個に及ぶ。

出典:南極で隕石をさがす 極地研ライブラリー [978-4-425-57001-0...

南極以外の場所で発見された隕石数が約1万2000個であることを考えると、いかに多くの隕石が南極で発見され、惑星科学の発展に貢献していたかがわかる。

もちろん「南極に集中して隕石が落ちる」というわけではない

南極には、特殊な地形と環境によって隕石採集に適した場所があるのだそうです。

出典:BS朝日 - 南極日和

	
南極の山脈周辺は隕石採集に適した場所なのです。

出典:ようこそ!国立極地研究所 南極・北極科学館へ │ 国立極地...

南極大陸を覆う氷床(ひょうしょう)に落ちた隕石は氷床の動きとともに移動し、山脈でせき止められる。そこで氷が蒸発すると中に埋まっていた隕石が顔を出す。
南極で発見された隕石は、数千年前に宇宙から落ちてきて氷に閉じこめられたものです。

出典:世界一の隕石保有国はロシア? いいえ、日本です! 南極隕...

南極の氷の上に落ちた隕石は氷に閉じ込められ、氷とともに海岸に向かって移動して海岸近くにある山脈にぶつかります。山脈にせきとめられた氷は次第にとけ、隕石が残されます。このように、南極には隕石をあつめるしくみがあるのです。
なぜ、南極でたくさん発見されているのだろうか。その理由は南極が隕石を発見しやすい場所だからだ。

出典:じじぃの「南極の隕石・日本にあった記録に残っている世界最...

南極は岩盤の上に巨大な氷河が乗っかっている。そこに隕石が落ちると、一旦、氷河の中に埋もれてしまうが、氷河とともに海の方へ移動していくことになる。だが、南極には大きな山脈がいくとかあるために内陸部に落ちた隕石はその麓でせき止められてしまうのだ。
雪氷上にあるため目視による発見が容易。また風化が進みにくく、ほとんど汚染されていないという特徴がある。

出典:南極隕石(ナンキョクインセキ)とは - コトバンク

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。