• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
若者こそ、本を読もう!(読書入門4日目)

サムネイル出典:

若者こそ、本を読もう!(読書入門4日目)

Author:
中沢純中沢純
Posted date:
若者こそ、本を読もう!(読書入門4日目)

今日は読書入門4日目!

おはようございます。
中沢です!
本業の仕事の方が忙しくてなかなか更新できませんでした。
楽しみになさっている方(いなかったら泣きます)には申し訳ありません!

さて、本日は読書入門4日目、ということで、
今日も珠玉の一冊を紹介したいと思います!

本日のテーマは「ミステリー」&「感動」

はい、では早速ですが、本題に!

本日のテーマは「ミステリー」&「感動」でぇす!

みなさんは「ミステリー」と聞くと、
謎解き? 推理小説?
と思う方もいると思います。

一瞬、小見出しを見て、

「ミステリーで感動ってできんの?」

なーんて、思ったりしてませんか?
そんな疑問を払拭する一冊を今日はご紹介したいと思います!

「重力ピエロ」(著・伊坂幸太郎)

きました!
ミステリーといえばこの人!
今尚日本のミステリー作家の第一線で活躍され、
作品が本屋大賞などの様々な賞を受賞し、ドラマ化、映画化もされている、伊坂先生ですね。

読書好きな方ならご存知だと思うのですが、
そうでない方も「ゴールデンスランバー」「陽気なギャングが地球を回す」「グラスホッパー」「死神の精度」(映画タイトルは「Sweet rain」)、「魔王」、「ラッシュライフ」「アヒルと鴨のコインロッカー」などのタイトルを聞くと、「あぁ、あの作家さんか」と思うと思います。
日本の近年のミステリー作家のトップを走っている、と言っても過言ではない作家さんですね。
(他にも2人ミステリー作家といえば、2日目で紹介した石田衣良先生や「ガリレオシリーズ」の東野圭吾先生なども迷いました)

それでも、今回ミステリーの一発目といえばやっぱり伊坂先生は外せないと思いました。
デビューされた後も精力的に活動し、コアなファンも多くいます。
個人的にはデビュー作の「オーデュボンの祈り」や「砂漠」(これは大学生に絶対読んで欲しい!)
も紹介したかったのですが、

今回は「重力ピエロ」を紹介いたします!

まず、読むにあたって、伊坂先生の作風(あくまで中沢の主観です)ですが、
伏線の張り方、回収の仕方がとりわけ秀でていて、
一文一文見逃せません。そして、ミステリーの世界でワクワク、ドキドキしながら読んでいき、
最後には爽やかで少しだけ純文学チックな「感動」が残る、そんな作品が多いのです。
また、伊坂先生は東北大学出身ですので、仙台が舞台になっていることが多く、
違う作品の登場人物が別の作品で登場することもあります。

本作「重力ピエロ」ですが、
2003年に発表された作品で、加瀬亮さん、岡田将生さん出演の映画も話題になりましたね。
よく、原作と違ってがっかりした映画、という話は聞きますが、
私は映画も傑作だと思っています。(もちろん、原作の方がより濃いですが)
それなので、読書苦手な方は映画から入っても世界観を味わえると思います。
(岡田くんがカッコ良すぎて、加瀬くん、小日向文世さんの演技力がもう...)

今回もネタバレはご法度なので、
簡単に説明しますと、
主人公の泉水(演:加瀬亮)とその弟、春(演:岡田将生)が、
地元で起こる連続放火事件を紐解くうちに、
その法則とDNA構造の因果関係を解明し、
全てが明かされたとき、
家族の絆を改めて知る、そんなストーリーです。

一見、難しそうに聞こえますし、450P以上あるので、
とっつきにくそうな気がしますが、
読み始めると止まらなくなります。
会話文も多いのでサクサク読み進められますし、
物語その物が重厚なので、
何度読んでも感動します。

そして、ミステリーが全て解明され、
真相がわかった時に家族というものがどれだけ温かく、
素晴らしいものなのか、

気がつくと一縷の涙が頬を伝う、そんな作品なのです。

冒頭の印象的な一文から始まり、
最後の一文が秀逸なのですよ。
(中沢もこんな小説を描きたい!)

もう、あとは読んでからのお楽しみ。
正直書きたいことは山ほどあるのですが、
先入観(中沢の主観)を持って読んで欲しくないのと、
この本は読書に馴染みのない方は1回では全ての伏線を回収できないと思うので、
何回でも読み返して、ください。


これ以上は語りつくせません。
さぁあなたも本屋へレッツゴー!

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました!
末筆ながらみなさんが良書に巡り逢えることを願うばかりです。
中沢純

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
中沢純

1990(平成2)年生まれ。群馬県前橋市出身。 群馬県立前橋高等学校、慶應義塾大学(専攻は「国際協力とメディア」「地方政府動態論」)卒業後、NTT西日本入社(現在は退社) 以後、 予備校講師(担当は英語、現代文、小論文)、フリーランスの映像クリエイター、フリーライター(医療記事)、テニスコーチ(軟式)を兼務。 大学在学中の2014年11月自身処女作となる短編小説「いつかあの縁側で...」を出版。その後、2作目の中編小説「当たり前の背中」を電子書籍でリリース。 現在は精神障害と闘病しながら、幅広く活動している。 <その他> 2011年、第4回福井県鯖江市地域活性化プランコンテスト、最年少出場。 2012年、第1回静岡県焼津市地域活性化プランコンテスト、優勝。 2014年、株式会社イオン主催ビジネス企画コンテスト FB部門準優勝。 趣味は、ピアノ、テニス、ドライブ、読書、将棋、古典の勉強