• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
2018/06/28 23:59更新:演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』感想ツイートまとめ

サムネイル出典:

2018/06/28 23:59更新:演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』感想ツイートまとめ

Author:
kangidankangidan
Posted date:
Update date:2018年06月28日
2018/06/28 23:59更新:演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』感想ツイートまとめ

演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』

2018/6/15~6/24
新宿シアターブラッツ

【初日 2018/6/15(金)】

万有引力の朱糸で縫いとじられた物語、初日行ってきます💪("ω"💪)
	
演劇実験室◎万有引力の第66回本公演「赤糸で縫い閉じられた物語」初日からホテルに帰還。J・A・シーザーの書き下ろし曲は素晴らしい。惜しむらくは今回の曲のCDが販売されていなかったこと。
	
初の万有引力公演。
いや、身体表現がたまらんですね、ずっと見ていたいもんね。
なんで力いれてないふうにそんな姿勢維持できるの。私がやったらすっごい腹筋プルプルだけど。
あとはやっぱ、寺山さんの演劇の、大人が演じる少年がたまらなく好きだと実感した。純朴が呼ぶ悲劇のような。
	
いつかまた身毒丸やってくださいお願いしますお願いします
	
演劇実験室◎万有引力()の「赤糸で縫いとじられた物語」観てきた。初日だから内容には触れないけど、ラストの群舞は万有引力にしかできない群舞でトリハダもの! 生で観るからこその凄さ。それにしても特殊な席で観たので首と肩と背中と腰とお尻が痛い。
	
結構あとの方の入場番号だったんだけど、あんな面白そうな席が空いてるなんて! でも落ち着いて観劇したいひとは選ばないかー。一時的とはいえ、真上を見上げながら観劇したのは初めてかもw 疲れたけど楽しかった!
	
万有引力はやっぱり照明の演出が綺麗だしカッコいいなー(完全暗転も照明の一部)。もちろん話も舞台も俳優も音楽も小道具や衣装もぜんぶカッコいいんだけど、しばらくごりごりの照明演出があるものを観ていなかったから余計に。
	
万有引力 赤糸で縫いとじられた物語初日観劇してきました。整番めちゃくちゃよかったのでドセンで見られました🙏🏻全曲書き下ろしの新曲はシーザー節満載で本当に聞いた瞬間鳥肌モノでした。内容もかなり分かりやすかったので新しい万有を見てるようで楽しかった😊距離感は奴婢訓を思い出しました。
	
そして蘭妖子さんと少しお話させていただいた…死ぬかと思った…ありがとうございました…!!!!
目の前に髙橋優太さん(※推し)来るし最高…………
	
初日!万有引力!まさに演劇実験室万有引力でした!
これでいい。これが万有引力だわ。
寺山修司さんの童話物語を、こんなにも面白く豊かに不思議に演劇化!
やってくれる!流石な集団!
楽まで頑張れ!
是非!皆さん、観に来てください!
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』観劇。大人の為の童話集といっていいのか、不思議で残酷なような少し憧れるような。欲の前に逆らえない人物達の姿は哀しく滑稽で、だけど私の心を見ているよう。寓話的な匂いもするが決して教訓めいていないのがいい。あぁ私も幸せな思い出が欲しい。
	
演劇実験室◎万有引力「赤糸で縫いとじられた物語 」初日
オムニバスの物語それぞれおもしろかった~特に印象に残ったのはセフラ(かわいい、悲しい)フランス人形(コワい)土曜夫人(麗しい) 
そしてシーザー音楽全曲素晴らしい!何回も聴きたい!!
	
チケット発売日すぐに購入したこともあるけど初日に整理番号1番で観れた。嬉し過ぎて早めに劇場に着いてしまった。並んで待っていても本番前の空気を近くで味わうことが出来て幸せな観劇だった。
	
劇団万有引力の「赤色で縫いとじられた物語」本当に良かった。
ああ言う作品大好き。舞台全面が魅せ場で溢れてる感じ。
不思議な世界観でまるで別空間にいる気分になった。
	
これは絶対リピーターになる予感しかしない。
	
小林仁ちゃん( )の舞台、 を観てきました!
芸術的なシーンが沢山あって、音楽もかっこよかった〜
初めて観るタイプの舞台、すごく勉強になった!意外にも笑える場面があったり、アングラな世界観でかっこいい演出だった!
	
演劇実験室◎万有引力の「赤糸で縫いとじられた物語」を観に行きました。面白かったです。不思議な世界観でした。ダンスと照明が素敵でした。初日なのであまり書けませんが、2回目を観に行くのが楽しみです。
	
『赤糸で縫い閉じられた物語』の初日に行って来たんだけど、寺山の描く「消しゴム」がとても好きと言うか、あの消しゴムはどこからやってきたのだろう、と言う感想に纏まってしまった。『身毒丸』の世界にも在る消しゴム。いつも少年の手に渡る。
	
TLに『劇団TremendousCircus』と『演劇実験室万有引力』がバリバリ流れてきて気分もあがる。
	
舞台役者さんの、身体ほっそいのにどっからそんな動き出来るパワーが来てるの?いんなーまっするなの?それとも人間じゃないの?的な現実感のない身体表現大好きマン
	
おはようございます!
昨日は 演劇実験室◎万有引力さんの
『赤糸で縫いとじられた物語』を観てきました!
今まで全く観たことのないタイプの舞台でした!

久々に見た同期は発声も演技もしっかりしていて、明らかに前よりもパワーアップしてるなって😳!
自分も頑張らないとって思いましたっ!
	
昨日は同期が出演している舞台

演劇実験室◎万有引力
【赤糸で縫いとじられた物語】

を観劇に新宿へ❗️

独特な世界観、表現力。カッコ良い音楽、ダンス。
ちょっと頭のネジの外れたようなオムニバス形式の脚本。
とても良い刺激になりました❗️

負けてらんねぇ、、
	
昨日観劇して来ました〜
『赤糸で縫いとじられた物語』
不思議な世界観と変わった演出?でびっくりしました。病院のシーンが1番好き
	
私も万有引力の舞台初観劇の人を2人連れて行ったのですが、皆大満足で興奮気味に感想を言い合いつつ帰りました💕
あと個人的に森ようこ様の超絶ファンの方は絶対絶対何回も見るべき💕✨✨✨何時もの事ながら超絶素敵で麗しかったです💕💕
	
先輩から万有引力は初日と千秋楽は絶対見ろ!とおススメされての初日!Qから6か月ぶりにトリップさせて頂きました💕はー素敵だった✨ネタバレなので詳しい感想は千秋楽後にしますが、今回は初めて万有引力の舞台を見る方を連れて行くのに凄くおススメです!万有引力の素晴らしさが凝縮されてました💕
	
しのぶちゃんの出演する
万有引力『朱糸で縫いとじられた物語』
を観劇してきました☺️💕
独特な世界観で、凄く勉強になったし、好きな感じの舞台で、違う作品はもちろん 同じ作品も もう一度観たいと思えるような作品でした😌✨✨

とにかく かっこよくて 最初の始まり方とか本当に素敵でした😊✨
	

【二日目 2018/6/16(土)】

台本買って、続いて演劇実験室・万有引力「赤糸で縫いとじられた物語」(寺山修司原作)。こちらはアングラ的表現主義一本で、なんだかまた初めて観たタイプの公演だった
	
台本買って、続いて演劇実験室・万有引力「赤糸で縫いとじられた物語」(寺山修司原作)。こちらはアングラ的表現主義一本で、なんだかまた初めて観たタイプの公演だった
	
今回の万有引力、今までで一番間近で直に質感を感じることができたので良かった。どの場面も面白いし好きだわ。音楽も相変わらず良い。
	
劇団万有引力の「赤い糸で縫いとじられた物語」観劇しました。いつもよりマイルドというか直接的なイメージが強くて逆に新鮮だったし、それでいていつもの万有ワールドに多めのシーザー曲で身体が高揚した。座席も面白かったし、全身で楽しめる演劇だった。初めて万有引力見る人にもおススメできます!
	
寺山修司記念館に行ってから初めての万有引力だったからその意味でも新鮮だったし、もはや初めて万有引力を見たのではないかという気持ちになってきた
	
今日風邪を引いて、状態が悪くて、しかしやはり万有引力を見に行きました。万有引力が強すぎて、最高だ!舞台を見ていると「これは私が日本に来た理由で、全然後悔しない」と思っていた。劇場内部は別の世界になった。こんな舞台がうらやましい!
	
たくさん万有引力のものを買いましたが、次の「狂人教育」も見に行きます。盲人書簡を見たい、阿呆船を見たい、邪宗門を見たい!公演計画がなくても、もっとDVDを出してください!お願いします!
	
過去2、3回万有引力のお芝居観に行ったけど、今日はなんだかいわゆるサブカルっぽくない人もけっこういたのが印象的だった。気のせい?
	
万有引力、最高だった!!!で、ゴールデン街来てカンビアーレで呑んでる。
	
今日は万有引力さんの演劇「赤糸で縫いとじられた物語」を観てきました。オムニバス形式のナンセンスな童話をパワフルな楽曲と歌唱、照明効果、激しいダンスで巧みに表現されていて、とても楽しかったです。
十一月には、人形をテーマとした演劇も予定されているようで、とても楽しみですね。
	
赤糸で縫いとじられた物語ハチャメチャにかわいかったです…音源お願いいたします…叶うならアリスインアンダーグラウンドのCDもよろしくお願いします…
	
赤糸で縫いとじられた物語、観劇終了。すっごいレミングだった。好きな俳優さんの熱量を肌で感じられるほどの密着感で満足。あっという間。
	
リング貞子の中の人を演じた伊野尾理枝さん にお誘い頂いて、万有引力第66回本公演「赤糸で縫いとじられた物語」を観てきました。
台詞のひとつひとつに森下裕美が寺山修司さんの影響受けてるなーと再確認する幸福な時間でした。(森下)
	
劇中にアザラシと明智ってワードが出てきて運命を感じました。
	
あのあのあの、自慢していい?!これめちゃ嬉しかったのですが。
裕美ちゃんにいただいたサイン本!
	
万有引力二日目見せて頂きましたが。今回昨日と違い後ろの方でみたら、色々感心しきり。
ああ、鳥瞰的にも、こんなすごい面白くできてるんだなぁ、と。
綺麗な場面が沢山。
前の方も良いけど、後ろからもいいね。
	
万有引力 様の公演「赤糸で縫いとじられた物語」を観覧させて頂きました。

縫いとじられたイメージ豊かな童話達。冒頭の光、周囲が踊る中で喋る少女が部分的に振りとシンクロするシーン、フランス人形、多人数での動きなど素晴らしいの詰め合わせです。
まだ日程あるので行ける方は是非!
	
赤糸で縫いとじられた物語
本を読む女の子の喋り方が良い具合に他より普通な感じで良かったです。
歌もとてもよいのでほぼミュージカルと言って過言ではないです。
とにかくいろいろ楽しい。楽しい感じ。。
	
「赤糸で縫いとじられた物語」新宿シアターブラッツ
演劇実験室万有引力公演2日目
立体的な動く絵画であり、妄想の現実化、想像力のエネルギーの奇跡の瞬間の連動である!
美術が、照明が、役者が、台本が、音楽が、舞台が、肌で感じるリアルな瞬間を記憶する!終わらない響き渡るあの奇跡の連続
	
返信先: @karuuuapnさん
「夜叉ヶ池」以来のシアターブラッツでした。
ワンマンライブから三週間、よくぞここまで!という感じです。
毛皮のマリーならぬ赤糸の茉莉、素敵過ぎました!
	
万有の「赤糸で縫いとじられた物語」、観ました。世にも奇妙な物語みたいな面白さ。
次々出てくるキャラが素敵!音楽で煽られる、ワクワク感!そしてオープニングの凄さ…必見!!
	
全員にファンレター出したい気持ち。熱い想いを感想書いて送ろうぜ〜〜!!
	
演劇実験室◉万有引力の「赤糸で縫いとじられた物語」を観てきました。いつも以上に終始シーザー節全開、オムニバス形式でテンポ良く印象的な演出や、演者さん達の妖艶かつ鬼気迫る演技にハッとさせられっぱなしであっという間の1時間半でした。これは観ないと勿体無い!
	
「赤糸で縫いとじられた物語」新宿シアターブラッツ
終わらない響き渡るあの奇跡の連続する瞬間を記憶する!思い出内科!注射されたい!されました!眠れない夜!だから!だから!演劇を抱きしめた夜!想像力に乾杯!
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』① 寺山修司の十二の童話を底本に再構築された物語はなんとも不思議なものだった。シアターブラッツという狭い空間にあえてチープな衣装や舞台装置。どうしてもそこには「創られた」世界ではなく「作られた」世界という印象が。

	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』② そのため劇空間の中に入り込めず、どこか遠くから眺めているような、昔のことを思い出しているような、定かでないものを観ているような感覚となった。記憶を扱った物語。さて記憶とは何だろう。記録されたものは客観性を持っているとしても
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』③ 記憶は主観に塗れている。それは妄想と同じこと。記憶は虚構と言えてしまう。それが赤糸で縫いとじられた本の中に収まっているのなら虚構であると言っていい。しかしそれらの物語が役者の身体という現実を通ったとき、単なる虚構と言えなくなる。
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』④ 役者の示す身体表現は物語から離れていく。コンテンポラリー的に繰り広げられる身体表現の数々は現実である。目の前に展開するのは虚構と現実が綯い交ぜになったもの。その境界は果たしてどこにあるものなのか。
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』⑤ しかしその境界をはっきりさせる必要もないだろう。地続きなのだ。記録は徐々に記憶に変わっていき、ついには物語へと変化する。おお、なんてことだ。世の中は劇空間となってしまった。
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』⑥ 万有引力の作品は観客に問うてくる。それがなんともたまらない。劇場内の問いかけが、劇場の外にまで広がっていく。劇場内の作品が、劇場の外まで広がっていく。
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』⑦ あ、今回から新劇団員三名が出演しております。なかなか良い味を出してますよ。
	

【2018/6/17(日)】

万有引力の公演を見に行って来ました✨おもしろかったなぁ〜良い刺激になりました🎌
そして、なんと後ろにシーザーいたのだ!たぶん
	
体調悪くて行くか行くまいか悩んだけどやっぱり来て良かった。万有引力。よかった。
暗闇とシーザーの音楽が落ち着く。目で見る絵画ってその通りだった🖼🎨
帰ったら身毒丸みよう〜
	
私はサブカル女だから寺山修司とウテナから入ったけど
どういう人が観に来るのかいつも不思議
年齢層どうなってんだ
	
演劇実験室◎万有引力
「赤糸で縫いとじられた物語
− TALES OF MYSTERY AND IMAGINATION −」

売り子さん(?)。シャッター音。暗転。
歌声。赤い糸。物語たくさん。

足の裏から音を感じた。
攻撃力が凄かったなぁ。
	
演劇実験室◎万有引力第66回本公演『赤糸で縫いとじられた物語』を観てきた。

ネタバレに為りかねないので多くは語らないが、自分が前から引っ掛かっていた個人的なある考えに、この作品で答えが提示された。
過去と嘘、そして未来に関して。
	
ストレートな表現多かったので、万有引力の初見さんでも受け止めやすく、持ち帰りやすい作品だったと思う。
もう少し広い箱の方が群舞もケチャも迫力あったろうな、とは思うが客席との近さも捨てがたいか。

曲は凄い良かったなぁ、CD化待ったなし。合唱もいいが、泉さんのソロ透明感あっていい。
	
そういや、アリスとテレスは『青ひげ公の城』でも同役あったな。フリフラの演じてた影絵少女みたいな奴。
※ガムラツイストのタッグレスラーにもいた記憶が…w
	
新宿シアターブラッツにて、演劇実験室◎万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』を観賞。寺山修司の原作を元に創られた、演出、音楽、照明、舞台美術等々、どれをとっても独特の世界。演者の熱がすごく、心と脳へ直に伝わり、どっぷりとハマりました。24日まで上演。皆様もよろしければ是非。
	
大きな劇場で見る万有引力も面白いんだけど、シアターブラッツみたいなところでやるのもすごい楽しくて好きだな
	
「赤糸で縫いとじられた物語」暗転の時間が本のページとページの隙間みたいだった 万有引力の役者さんたち、メイクや演出と相まって人間に見えなくて(人の形をした何か…霊魂みたいな…)、かっこよくて色っぽくて取り込まれそうになる 客席を使った演出、現実との境界が曖昧になっていくようで好き
	
そして、今日は万有引力本公演「赤糸で縫いとじられた物語」を観劇。寺山修司の書いたややダークな童話をオムニバスで上演。主人公の子は珍しくかわいい衣装デザイン。曲も良いのが多かったです。
	
ウテナが終わってしばらくしてから、「万有引力の公演行けば毎回シーザーの新曲が聞けるんじゃね?」という不純な動機で通い始めて15年、意外と通い続けています。
	
昨日は同期が出演してた「万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』」、そして今日は前回共演させて頂いた耕大さんが出演されてた「明日見た笑顔」を観てきました( ´∀`)
どちらも独特の世界観で面白かった!!

そして実は耕大さんのやつが当たった奇跡(笑)
	
万有引力の終演は、誰もいなくなった舞台を前に放り出される感じが好きだった。だからね、爆裂拍手にゃ馴染めぬ。はい、はい、終わりですよと境界線を引かれたくない。
	
楽しみにしていた万有引力「赤糸で縫いとじられた物語」。この感じ、やはり好き。闇、陰、残酷さの中の芳醇な甘さ…、郷愁と言う言葉で括っていいのか?
途中何度か入る長めの暗転も気が効いている。誰がつけているのか、動きも面白い振付でした。
	
万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』観てきました。寺山修司の童話作が凝縮されていた。変わらずキュートな瑞穂さんと優太君のソロが良かった。桂太さんの大滅亡は毎回やって欲しい。群舞は見応えある。座席狭くて腰痛くなったけれどマッチの匂いが漂ってくる小劇場の万有引力はやっぱりいいなぁ。
	
万有引力の赤糸で縫い閉じられた物語観てきた。
万有引力の芝居は田園に死す以来だったけど、よかった。
これでサブカル女子にモテる。
	

【2018/6/19(火)】

赤糸で縫いとじられた物語、終了◉
ハァ、本当に、とっても面白かった。ステージいっぱいを使い、目紛しく変化するステージを忘れたく無い。うつくしい歌声も、泣いてしまいそうになる歌詞も、卵も、思い返すと胸が一杯に成ります。
高橋様、伊野尾様、やっぱり私は目を奪われる。
	
万有引力の演劇といい久里洋二×坂本慎太郎のライブといい今月は凄いものが観れて、もう宇宙だな…。言語化不能なレベルまで凄いものを観てしまったので、明日、死ぬんじゃないか…という勢い。
	
万有引力4日目観てきました。前の方の席だったけど、客席使った演出で迫力が半端なくてとても素晴らしかった。。。後ろの方からも観てみたくなるね、。
	
舞台で見たいとなると2.5じゃなくて万有引力の舞台見たい!
	
ちょっと万有引力の劇にハマりそう感
	
万有引力の演劇観ると頭がなんか活性化されるような、頭が軽くなるの。
	
万有引力で度々登場する消しゴム。やっぱり深い。
	
今回の「赤糸で縫いとじられた物語」では、「レミング」であったようなカミさんとの問題発生はなく、「森"土曜夫人"ようこ様に憧れる」で一致。
	
G.W.に家族で三沢の温泉までドライブしたから?か寺山修司に縁が繋がったようで 笑
会社帰りに万有引力さん観ることに...⚖
原作読んでないけれど不思議な世界のミュージカルそのままを愉しめた❤️
男性ベテラン陣の動きがキワまでも綺麗でずっと目で追った🔦
幻想的ながら生身の人間を感じられます
	
今回も万有引力とっても良かった。メッセージがわかりやすい方だったし。
思い出内科の院長かなりウケた(´∇`)
	
万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』観てきた!
小劇場での万有引力は初めてだったんだけど、近いからこそ感じる気迫、表情。
照明も音楽も舞台セットも本当に素晴らしい!
もちろん役者の皆さんも本当に本当に素晴らしい!
まばたきも息もするのを忘れるほどグッと世界へ引き込まれる。
最高!!!
	
アホだから誰か誘えばいいのに慌てて自分だけ予約する失態。万有引力さんの演劇観れるなら見てほしい。

今日は影の演出で影絵少女のシーンみたいな雰囲気のセットがありましたよ。
	

【2018/6/20(水) 14:30 19:30 2回公演】

『赤糸で縫いとじられた物語』

毎回、素晴らしい世界観。
衣装もセットもホント好き!

劇場に入った瞬間に物語がゆっくり始まっているのも好き
	
万有引力の「赤糸で縫いとじられた物語」を観劇。とてもよかった。24日まで。
	
赤糸で縫いとじられた物語観てきた〜〜〜!!!!!なんかめっちゃ好きだった!!!!相変わらず理解力は低いが!!!!!あと安定の森よう子様の美しさ〜〜〜!!!!
	
思い出内科最&高〜〜って感じだったしわかるわかる!!自分なんか毎日分裂してるから毎日自分見失ってる!!わかる!!めっちゃわかる!!!ある!!あるある!!!って感じだった(多分そういう事じゃない)
	
半熟がボイルドかで自分見失った人、多分前もこの役者さん良いな〜〜って思った気がする。声がなんか小林賢太郎っぽいので(難聴)よく覚えてるんだ。
	
あとマジで本当に土曜婦人最高に最高に美しくてマジでガチで美人でいや〜〜レミングの時も撃たれたい殺されたいって感じだったけど今回も最&高〜〜〜!!!!って感じでしたわ……。
	
名前忘れたけど消しゴム買った人、わかる、わかるよぉ……って感じでしたね。ドラえもんの独裁者スイッチかな???
	
ていうか寺山修司の舞台はなんか色々繋がってる感あるよな。身毒丸も消しゴムの人いたし。
	
過去は捏造できる。わかる、なんかこうだった気がするみたいに思ってるとなんかそうだった気がして来るもんな。みうらじゅんも言ってた。盛るって。
	
自分が分裂し過ぎて常に自分を見失ってお前は今誰なんだみたいな感情しょっちゅうなので思い出注射打たれたいな〜〜思い出捏造したい。
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』 ゾクゾクしてヤル気爆発したのでこれから一気に縫い物を終わらせたいと思います。こちらは主に白糸で。
	
『赤糸で縫いとじられた物語』観てきました。やっぱ万有引力いいですね〜。情報過多な寺山の言葉と畳み掛けるような掛け合いは流石。今回は曲と歌がすごく良くて童話の闇が歌い踊るミュージカルのようだった。
	
万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』観劇。息するの忘れるほど夢中になる。どなたも素晴らしい個性、そして泉さんの歌ほんと好き。シーザー氏の音楽のすごみ。レボリューションに反応するウテナ班。消しゴムで消したい過去、なかったことを思い出にすること…深い。
	
消しゴムや注射器など見ていて、レミングのとき以上に、林檎ちゃんの「修正ペン」の出てくるあのPVを思い出すんだけど、やはり自分が好きなもの、惹かれるものは一貫してるなと思う。好き。ぐっとくる。
	
舞台に置かれた大きな本は、絶対最後じっくり読んだ方が、いい。
必死に頭に念写して、会場を出てすぐメモ連打。
「同一性への〜〜」「鳥〜〜と鳥〜〜が同じだけ売れる」とかほぁあああとなった。
原作読もうと思う。。
	
万有引力の全力の舞台は本当にぐわぁっと心を持ってかれて、なんとも言えない疲労感(いい意味で)脱力感(魂抜かれたような)で、この感覚が中毒になる感じ。ある意味ホラーより怖い、が、また観たくなるし、あぁいいもの観た、、ってすごく満ちた気持ちになる。感謝の気持ち。。
	
割と過去の捏造を脳内でする方なので(…)今回の赤糸はわかるわかる〜〜って感じであった。
	
赤糸で縫いとじられた物語観てきました!かっこよかった〜〜、興奮して雨ザーザーの新宿を歩いてわざわざゴールデン街を通って帰ってきました
	
赤糸で縫いとじられた物語、本のデザインが素敵で、ちゃんと短編のタイトルになってるのだが、ひとつだけ読めなかった。
	
赤糸で縫いとじられた物語のCD出して欲しい。今回の合唱曲でなんかめっちゃ好きな曲あった。めっちゃ好きな曲多かったからどれか思い出せないけど…(…)
	
万有引力の舞台が終わって帰宅中。細かいネタバレなしの感想は帰ってのんびりして一息ついてから書きます。
	
パートごとの出来、不出来がはっきりとしていた感じがあった。もちろん全て統一する事はかなり難しい事だが演出よりも役者の出来が気になった。そういえばずいぶん若手の役者が入ったなあ。この辺が育つか否で今後の万有引力は大きく変わると思う。
	
その代わり、後半のストーリー性のある内容は良かった。これは間違いなく寺山修司の言葉であり、動きであり、映像だ。この後半だけでもとても印象に残った。知っている事が次々起きるとやはり面白い。
	
総合して観るとやはり寺山修司、J・A・シーザー、そこを中心に回っていた舞台だったな、と感じた。あの狭い劇場でこれだけ出来るのはやはりすごい。
	
ちなみに今回、インパクトがあったのはほぼ全編を通して出ていた泉佳奈さんと重要な役をきっちり決めた高田恵篤さんと森ようこさんかなあ。高橋優太さんの演技も思わず唸った。これ以上書くとネタバレになるのでここまで。
	
今回の舞台の感想はここまで。次の予定ももうあったがここで書くのは伏せます。次回公演はどうなるのか、楽しみ。
	
6月20日新宿シアターブラッツで万有引力の「赤糸で縫いとじられた物語」を観る。万有引力は寺山芝居の後継劇団の一つで、J・A・シーザーが仕切っている。作は寺山で、童話集から構成している。歌人としての魅力は徐々に古びてゆくが、演劇はよき後継者たちが競って斬新なアイデアをだし古びない。
	
舞台は例によって「支那」風の超現実的な場所に置かれる。上海の阿片屈は永遠の幻想を誘い出す場所だ。(芝居ではそうだと言っているわけではない)。十年先を写す写真機、言葉を解し嘘をつくツグミ(言葉=嘘というテーゼ)、存在まで消してしまう消しゴム、などを象徴的に重ねてイメージを作ってゆく
	
言葉がからむ芸術(映画や演劇も含め)は、イメージとドラマをどう組み合わせるかで、短歌や俳句には容易にドラマを持ち込めなし、小説や演劇はドラマを優先する。今回の芝居はイメージを優先させている。テラヤマ的なのである。ドラマ主義の私は、寝落ちが何回かあったが、豊饒なイメージは面白かった
	
圧倒的で圧巻。初っ端から最後まであっという間の1時間半だった。
jaシーザーの最高すぎる音楽を生ではないけど生で聴けて感動した。
寺山修司の一端みたいなのを感じられたのも感動。
	
コマドリ役の人筆頭に身体表現が面白かった、懐中電灯もぶっちゃけ目痛かったけどこんな使い方あるんだって感動した。
最低限の設備さえあればいくらでも舞台上に違う世界を映し出せるんだなってのを再確認した。
	
本日、万有引力さんの舞台を観に行ってきましたー!!(少女革命ウテナの挿入歌とか担当してた方々)
いつも通り、謎だらけの不思議な非日常な物語でしたが、それがまた何とも言えずに最高に心地よかったです♪次回作もめっちゃ楽しみ!!
	
今月、大森さんのライブでめっちゃ泣いて万引き家族観てちょっと泣いて父親に泣かされて万有引力でちょっと泣いてあちゃらか観てめっちゃ泣いて、泣いてばっかなんだけど
	
万有引力の公演は理解力足りてなくても面白いのが良いね!!!!!(…)
	
演劇実験室◉ 観てきました。圧倒の照明!身体!セリフ!今回は童話集ということで、寺山を感じながらも幼心で観れるものだった。あぁいう小さい劇場もいいね。音とか熱気が圧縮されてる感じ。エンディングは鳥肌だったなぁ
	
やっぱり曽根さんの駒鳥が好きだった!あと桂太さんいいなぁかっこいい!身体表現がずば抜けて万有は素晴らしい。生卵の三好くん笑 ナイスガッツ!生卵丸呑みはキツそうだ。研究生1年生頑張れ!

	
演劇実験室万有引力 赤糸で縫いとじられた物語-TALES OF MYSTERY AND IMAGINATION- 観劇しました
いくつもの言葉が見えました
言葉を覚え、言葉を大事に思う私は、きっとたくさん嘘をついています
	
万有引力 赤糸で縫いとじられた物語昼夜観劇。
物語、音楽が素敵。演出と前公演からのキャスティングも楽しめた。照明が本当に綺麗で2回とも違う席から観たが雰囲気がガラリと変わる。
	
万有引力 赤糸で縫いとじられた物語昼夜観劇。
物語、音楽が素敵。演出と前公演からのキャスティングも楽しめた。照明が本当に綺麗で2回とも違う席から観たが雰囲気がガラリと変わる。
	

【2018/6/22(金)】

万有の舞台はやっぱりすごい!
寺山ワールドはやっぱりすごい!
ネタバレになるからあんまり書かないでおくけど、完全暗転、マッチの火、音、歌、肉体。言葉、言葉、言葉。
暗闇の中の物語にスッと誘われて、ポンと現実に放り出されて終わるこの感じ。
写真、思い出、消しゴム。
赤糸に絡まれたかな。
	
赤糸で縫いとじられた物語、良い席で観れた。群舞、音楽、照明、衣装、役者一人一人の動き、舞台に並べられた書物、どれもかっこよくて心踊った。フランス人形ゾクゾクし、土曜夫人に見惚れた。
	
15年位前はよく観に行っててその頃好きだった(皆さん素敵だったけど)役者さんも出ててなんか嬉しかった。
その頃も一緒に観に行ってた友達と一緒に観られたのも楽しかった。次回公演も行きたいね!って話せるくらい素敵な公演だった。
こまどりの名前が言葉じゃなかったら嘘つかなかったのかな?
	
まだ公演期間中なので、ネタバレは避けますが、凄いスピーディーな展開!プログレ者はきっと楽しめる怒涛の音!時間がある方は見ておくと良いぞ!>万有引力 「赤糸で縫いとじられた物語」
	
万有は推し役者がたくさんいますね…。演技する役にかかわらず、いつも役者自身の個性がにじみ出ているので…。ラストの役者挨拶がないのも、役者さんたちのミステリアス性が際立って…?
	
あと1回の観劇で赤糸が終わってしまうなんて信じたくない。。。もぅ2度ともしかしたら見れないかもしれないなんて。。本当に見れて良かった。。出会えてよかった。。。次の万有引力は11月。。
今年万有引力の公演が少なくて寂しい。。。!!ので行ける公演は全部行きたい!!
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』寺山の晩年の作品よりは軽くて明るめで、天井桟敷直系の部分と最近の万有引力の新しい試みの部分が混在しつつ調和した感じ。
	
万有鬼面白かったぁぁぁ
相変わらず語彙力が消え失せる凄さ
あの身体性たまらん
そしてまだ面白いと思える舞台を見て悔しいと思えたから俺はまだ役者でいられると思った
アクションだけじゃない
俺は役者だ
	
赤糸で縫いとじられた物語、原作知らないからちょっとよくわからなかったけど、音楽や迫力たっぷりの演技、言葉遊びに鳥肌が立った。

演劇ってすごいな。これもかなり特殊な媒体だ……
	
シアターブラッツで演劇実験室◎万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』を観てきました。
スペクタクル、スペクタクル。
アングラーミュージカルか?
歌·舞い·語り全部全員切れまくり。
特に高音のボーカルが要注意!いい!
全然日常ではないけど、こんな芝居も面白いなぁ…。
	
今年まだ半分だけど
自分の中の2018演劇一位はほぼ
万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』に決定
寺山修司の作った童話世界に
完全に迷い込んでしまった。
その上で、
音楽、群舞、照明、舞台、身体表現も本当に好きでたまらん
	
今日は久々の観劇としての万有引力でした。幸せすぎて帰りたくなくて新宿三丁目をふらふらと。ゆっくりゆっくり帰宅。なんて、心地よい。
	
今宵は新宿シアターブラッツへ万有引力の「赤糸で縫いとじられた物語」を観に。夜叉ヶ池以来のシアターブラッツ。この広さで万有の舞台が観られるのは非常に興奮する。アングラ度、臨場感半端なし。冒頭暗転の後赤い照明の下高田恵篤さんが現れた瞬間格好良すぎて鳥肌が立った。そこから釘付けに。
	
次々といろんなエピソードが展開していくのだけれど、消しゴムやけむりという名の猫や過去の記憶の改ざんや、随所に寺山を感じる暗黒童話。こまどりと思い出内科のシーンが特に好き。ネタバレするのでまだ詳しくは書けないけれど、とにかくこの世界がやはり大好きだと思った。自分の原点。
	
あー、万有引力の赤糸に閉じられた物語見てきました。
が、今文章かけそうにないので後日感想かきます。
とりあえず1口に言って総合芸術を見たという感想。
	
あのひとつの空間ごとひっくるめて一つの作品として作っているなと感じた。
	
森ようこさんは今宵も本当に美しく、姿が見えなかったとしても声を聴くだけでわかる存在感。土曜夫人、素敵だった〜。その夫人に焦がれる水夫の高橋優太さんも良かった。間違えた後悔の絶叫が胸に残る。人を消し去る事ができる消しゴムがあったなら、私が消すのはやはり自分自身かな。。。
	
先日、万有引力の赤糸で縫いとじられた物語を観に行ってきた。
ページをめくるような場面展開や劇場の小ささを感じさせない空間利用、可愛らしい歌声と毒素と童話が含まれた音楽…廃棄物で彩られた衣装…目も耳も精神も全身で寺山さんの童話的世界観にとっぷりと浸かれた1時間半でした!CD化を是非!!
	
本日は、同期の出演する舞台 劇団万有引力さんの『赤糸で縫いとじられた物語』を観てきました❗
お話の構成。ダイナミックなお芝居。どれも凄く圧巻でした。

また観たい。
	
先日、演劇実験室◉万有引力の「赤糸で縫い閉じられた物語」観てきました。

良きでした!

万有が気になっていてまだ観たことない
…という方にはオススメ出来る公演です。
	
20180622 比留間聡子 さん出演の を観ました。
万有引力の独特の世界観が広がり楽しめました。ぎゅうぎゅう満席でした。比留間さん可愛かった♫
	
今日は、交流のある伊野尾理枝さん(貞子の中の人)の所属する劇団の演劇を鑑賞させていただきました(∩´∀`)∩迫力が凄かった!(語彙力)

打ち上げまで参加させていただいてありがとうございました☺

クラシックの歌手の方々ともお話し出来て、とても有意義な時間でした!
明日もMixing頑張ります
	

【2018/6/23(土)】

万有引力さんの「赤糸で縫いとじられた物語」を観劇‼️
もうもう、すご過ぎる…終わって1人で涙涙涙…寺山さんの童話を素敵な舞台に演じていて…
とりあえず全公演終わるまで、我慢我慢!F Bでこの想いを語ろう…思い出は作れる💕
	
今日見に行った『赤糸で縫いとじられた物語』だけど、駒鳥の辺りからずっと寒気がしててこれ演出なのか気の所為なのか珠之さんが実は来てたのかどれなのか分からなかった。
	
今日は、万有引力の「赤糸で縫いとじられた物語」を観てきました!劇場中が舞台になるお芝居に、次はどこから何が飛び出すかワクワクするような演出にと、童話の世界に迷い混んだようで楽しい劇でした♪J・A・シーザー氏の曲も、格好よかった!
	
本日は此方→演劇実験室◉万有引力「赤糸で縫いとじられた物語」@新宿 シアターブラッツ☆濃厚な1h30でした消された6行、私は何としよ…( ˘ω˘ )???
	
先週観た新宿梁山泊の『ユニコン物語』、さっき観た演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』。このふたつの芝居に共通していたのは劇中でも使われた赤い糸。同じ新宿でほぼ同じ期間に上演されたのはアングラの神様のイタズラか。
	
そして今日は🐘🐰🏥

同期が出演している舞台、
万有引力さんの『赤糸で縫いとじられた物語』を観劇🎪

人間からかけ離れたキレッキレの動きに鳥肌が止まりませんでした。美し過ぎて恐ろしい歌が中毒性あり過ぎて頭から離れません…。
やっぱ寺山修司さん原作の芝居はゾクゾクして最高。👻

明日まで💉
	
先日、新宿シアターブラッツに万有引力の舞台 赤糸で縫いとじられた物語(原作:寺山修司 / 演出音楽:J・Aシーザー)を観に行ってきました。万有引力の舞台を観たの実は初めてで内容は言えないけどすごく面白かった!また万有の舞台観に行きたいです。万有引力は今年で創立35周年だそうです。
	
どうも🌦️
塩田です🤗

今日は、同期が出演してる、演劇実験室万有引力さん『赤糸で縫いとじられた物語』を観てきました‼️

なかなか見ないジャンルだったので、とても新鮮でした😃
歌あり、ダンスありでとても楽しかったです☺️

明日が千秋楽✨
最後まで怪我のないように頑張って下さい🎵
	
演劇実験室◎万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』観劇。
なんで今までこの劇団を観なかったのだろうか。魂が引っ張られて、戻らないまま帰ってきてしまった。童話のようであって、そうではない。人形が演じる物語を観ているようで、彼らが人間だったと言われても信じられないと思う。
	
演劇実験室◉万有引力さんの「赤糸で縫いとじられた物語」観てきました。
オープニングからかっこよすぎて終始圧倒されました。役者さんの身体性が本当にすごくてかっこいい。音楽もめちゃ好き。
全部好きだったけど、2個目のと最後のが特に好きでした。
次回公演も絶対観に行きます。
	
入場番号が今回は1番のチケットを握りしめて「赤糸で縫いとじられた物語」を観劇してきました。あぁー、物語から覚めたくなかったなぁ…。美しくて曽田さんを直視できなかったのが悔やまれる。
	
万有引力「赤糸で縫いとじられた物語」観劇、夢の様に素敵だった。一見安易な感想かと思うかも知れませんが、現実で夢みられることはそう無くって、此処には在るの
	
万有引力の公演初めて行ってきた!完全にシーザーの楽曲目当てだったんだけどすごい良かった(○_○)劇場入った瞬間からもう始まってるし、オープニングは合唱も演出もカッコ良かった…
	
地下にある小劇場だったからまさにアングラ
	
昼夜、大学の同期が出演してる舞台を観劇に☺︎どっちの作品も贔屓目抜きに同期が大活躍していて、その上作品がそれぞれ本当に面白くて大変心が充実しました。。素晴らしかったー!!!
どちらも明日までです。是非に!!!

	
あ、たくさんの万有引力の演出を見たいなぁ
	
昨日、演劇実験室万有引力さんの『赤糸で縫いとじられた物語』を観劇してきました。すっげー面白くてエネルギーを充電できた感じ。よしっ、俺も面白い作品作るぞ!
	
万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』観てきました。
冒頭からズドンと突き落とされました。演者さんの息遣いが聞こえマッチの匂いがかげる程の距離で目撃できたの最高すぎて。シーザーの音楽に鳥肌とまらない。最後は自分も舞台の一部に飲みこまれてしまうような感覚、堪らなかったです。贅沢至福。
	

【2018/6/24(日)】~

演劇実験室◎万有引力 第66回本公演 赤糸で縫いとじられた物語 寺山修司さんのお話の中で一番好きなお話を観てることが出来ました。私と同じ名前の少年が出てくるので、思い入れも強いのです。本当に大好き。ぼくのミレナを知らないか。
	
他にも物語もがある中で、笛吹き少年に会えたのはとても幸せだった。
	
しかしなんか今回の万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』、なんて言うのかな、酔ってしまって、ちょっと怖かった。そこまで「届いた」わ。
	
演劇実験室◎万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』楽日。モチーフは寺山修司の少女世界童話世界だけど、また、寺山の思想的な部分まで語られていたと思う。そしてそれは現代、悪い形でも顕在化してると思う。それにその寺山から学んだことで向かえていければいいなと。
	
新宿シアターブラッツ
演劇実験室◎万有引力
『赤糸で縫いとじられた物語』

やまださくらこ様がめちゃめちゃ美人過ぎて鼻血出た。

J・A・シーザーの音楽。
舞踏するきれっきれの役者。
暗闇すらも絵画的。

そりゃ、しびれるわ。
	
万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』観た。光と影のコントラスト、シーザーの音楽に魅せられる。最後に残った頁にもあったけど、確かにこれは同一性への憎悪の物語だなあ
	
シアターブラッツにて演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』観劇。ハマったら抜けられないこの感覚。たまりません!
	
演劇実験室万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』

魅惑的な毒の色の数々でデコレーションされた一口サイズのプチタルトの詰め合わせの中で、夜な夜なサーカスの夢が繰り広げられているような、そんな暗黒星のお伽噺。

絶対、運命、おさかなまとめ黙示録。。
	
本日、新宿です。
新宿シアターブラッツにて。
原作:寺山修司
総合演出・音楽:J・A・シーザー
演劇実験室◎万有引力 第66回本公演
『赤糸で縫いとじられた物語』
「TALES OF MYSTERY AND IMAGINATION 」

さくちゃぁ~~~~~~ん🌸

とか勝手なことばっか言ってると怒らそう…

	
今回の万有の公演、最後の曲はバルバラっぽいよねなどの復習があった
	
万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』、千穐楽!
最前列で本家・万有の寺山作品を観られた幸せよ。
絵画的な演出をするシーザーに物凄くマッチした寺山作品だったのでは。
しかし、あんなに小さい劇場だったってのにやっぱり眼が足りなんだね…恐るべし、シーザー演出。
	
小劇場ならではの音の廻り方もまた良き。攻撃的なシーザーのトラックに泉佳奈ちゃんの天上的な澄んだボーカル、その親和性。素晴らしすぎた…。
	
「赤糸で縫いとじられた物語」、複数の寓話めいた短い話を力業で一編にまとめた的なやつで、部分部分はショッキングなビジュアルに大仰な演説と音楽が被さる虚仮威しアフター虚仮威しで、超かっこいいながらわりと観客置いてけぼりなんですけど、そこでそこで赤糸の化身みたいな女の子が
	
良い仕事をしてましたよね。というのは彼女、とりあえずクッソ可愛いし歌もめっちゃ上手いのは勿論ですが、舞台にいながら物語の中身にあまり関与しない特異な立ち位置にいるんですよ。
	
色彩的にも白黒が主体の舞台から明らかに浮いた真っ赤な衣装で、観客に寄り添うように舞台上の出来事に無邪気な様子で反応し、くるくると様々な表情を見せてくれる。そんな彼女に観客は安心して感情移入し、素直に反応できる。
	
いわば彼女が鑑賞のナビゲーターとして働いてくれるおかげでとても入り込みやすく、寺山修司および万有引力のお芝居の中でも入門編に適しているそうです(同行の皆さん談)。とにかくめっちゃ可愛かったです、泉佳奈さん。
	
演劇実験室・万有引力の『赤糸で縫いとじられた物語』を観てきた。何がすごいって、暗転のわずかな時間、あの真っ暗な中でセットと役者の配置を音もなく変えていること。もちろん何かの印となる灯りがあるのだろうし、暗転時の音楽の音量は上がるけど、ステージ脇で観ていても全く気付かない。
	
万有引力「赤糸で縫いとじられた物語」観てきた!!
シーザーさんの曲が大音量で響く中の完全暗転…!
決して結び付くはずのない物語たちがひとつながりに。
最後に訳もなく涙…

「人は起きていないことも、思い出にできる」

優太くん相変わらずやー。

今日はアフォガードにホイップとチョコプラス
	
『ひとはだれでも、実際に起こらなかったことを思い出にすることも、できるものなのです。』恵篤さんの台詞が頭から離れない…
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』
初日は前方で観たので楽日は後方で。
舞台を縦横無尽に跳ぶ役者たち、なのに光と影まで計算された全体の絵画的構成の完璧さに(いやシーザーの直感によるのかもだけど)改めて鳥肌がたった
FTT(フェアリーテイルテロリスト)FTT FTT
	
演劇実験室◉万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』@新宿シアターブラッツ
原作が読みたくなる!大人向け童話📖こまどりも内科も消しゴムもおもしろかった。千秋楽。
	
こんばんわーー(σ≧▽≦)σ
今日は万有引力さんの「赤糸で縫いとじられた物語」
を観てきました~✌️🎵
新宿で迷子になりまして、シアターブラッツさん
に電話しちゃいましたが、無事に着き観劇すること
ができました。ブラッツさん、ご迷惑お掛けしました🙇やはり凄かった(σ≧▽≦)σ
	
予習して行ったので「あっ、土曜婦人」とか
思いながら引き込まれていきました~(´∀`~)
演出もスゴくて光、色、音…これらがつくりだす
幻想的な世界…そして伊野尾さんや森さん
今村さん、高橋さん…の凄さったら(σ≧▽≦)σ
極めつけ、泉佳奈さんの美しい歌声に
現実を忘れてしまう一時でした。
	
万有引力さん、素晴らしい舞台を
ありがとうございましたー~(´∀`~)
今度は11月、また会いに行きます✌️
	
『赤糸で縫いとじられた物語』bot終了。

雨が降っていた夜。

あの狭い空間で夢を観た。

人が動き、音や光を感じ、
その演出や演技に魅せられて帰ってきた。

物語の、楽曲の、中毒性に麻痺させられてまた走って観に行った。

夢の続きがまた観たい。


	
金曜日は演劇実験室◉万有引力「赤糸で縫いとじられた物語」をもう一度観に行ってしまった。てのは、シアターブラッツというのが細長い平床構造なので椅子席最前列に座る以外は全体像が見えなくて、セリフを喋ってる人を見てればとりあえず事足りるな通常の小劇場芝居と違って、万有引力の場合は(続
	
演劇実験室◉万有引力「赤糸で縫いとじられた物語」今回から新人が3人加入してるとのことだが、ちゃんと他の団員と同じレベルに仕上げてきていて感心した。そんなの当たり前じゃんと思うかもしれないが、万有引力の演劇の完成度は生半可なものではないので、新人をそこに持ってくるって大変だと思う。
	
演劇実験室◉万有引力「赤糸で縫いとじられた物語」たとえばこの劇団では暗転の間に蛍光テープのバミリすら存在しない完全な暗闇の中で(大道具・小道具の移動も含めて)完璧な場面転換がなされなければならない。やっぱ新人さんは最初は完全な真っ暗闇で1週間過ごす訓練とかから始めるのかね。
	
かつて世の中には完璧な暗闇でも見える職業ってのが2つあって、ひとつはフィルム時代の現像所のネガ現像をしてる人と、もうひとつが演劇実験室◉万有引力なわけだが、デジタル時代になって前者は絶滅してしまったので、いまや万有引力がその種族の唯一の生き残りである。
	
万有引力さんの舞台は何度か拝見しているのですが「こんなのはじめて!」てぐらいずっと笑っていた気がします。演者さんの動きや表情がコミカルで魅力的で、でもそうして笑っていると途端に心臓がゾッとするような展開で突き落とされたりして、ガンガン情緒揺さぶられるの堪らないなと思いました。
	
田園に死すや先日の赤糸で綴じられた物語で言われていた、記憶の美化と実際に起こらなかったことでも記憶に出来る。のようなそんな感じに思いました。
	
演劇実験室・万有引力
「赤い糸で縫いとじられた物語」

観劇させていただきました👀

私にとって今までに
観たことのない表現方法で
しばらく夢に出てきそうです。

素晴らしかった。
	
昨日、万有引力さんの「赤糸で縫いとじられた物語」千秋楽観てきました

冒頭から最後まで歌と演出がカッコよすぎて全く飽きませんでした。
物語も分かりやすくて、
まるで絵本の世界を目の前で見ているような身体と表現の美しさがありました。

お誘い下さったおさかなさん、ありがとうございました!
	
勿論、嘘はダメだけど不特定多数の
人が見るんだから雰囲気作りはあっても
いいのかも。人それぞれの好みだから
一概にはこういうものです!とは言わないけど。
ただ、見る人の印象に残るようなものの
ほうが良いのかなと。「赤糸で縫いとじられた物語」
を観劇した後だからなおさら感じた。
	
織田作之助に『土曜婦人』って小説があるのか。先日拝見した演劇実験室◎万有引力『赤糸で縫いとじられた物語』で森ようこさんが演じていらした「土曜夫人」ってここから来たのかな?>>青空文庫 織田作之助『土曜婦人』
	
【Blog更新】今回の公演もまた寺山の「思想」まで感じさせてくれる素晴らしい公演でした>>万有公演『赤糸で縫いとじられた物語』
	
赤糸で縫いとじられた物語、劇中歌が大層格好よかったのでCD化してくれたらいいなあ。ウテナの決闘ソング好きな人は喜びそうな雰囲気。
	
演劇実験室◎万有引力
『赤糸で縫いとじられた物語』

記録は永遠に記録のままだ。それが記憶になると時と共に薄れていったり都合のいいように書き換えられたりして思い出にかわる。
それはやがて赤糸で縫いとじられた物語になったりもする。
人は時に記憶にないしあわせな思い出を語りはじめる。
	
演劇実験室◎万有引力『赤い糸で縫い閉じられた物語』
役者さんの身体性が物凄くて、退廃的でゴシックな世界観に惹き付けられ続けていました。最後の台詞がとてもお洒落。深夜にやってる怖美しいアニメのOPとかEDみたいな暗転演出……!半端なかったです。
	
そういえば万有引力の『赤糸で縫いとじられた物語』の思い出内科の最後のくだりで、思い出を自身に注入しすぎた人物が一人で狂ったように冗談を言って笑っているところから、急に観客を見つめ返してセリフを述べ始めるところがあるけど、ああいうの好きだな(ある種の道化の身振りというか
	
赤糸で縫いとじられた物語
①10年後が写る写真屋さんの話。
あなたは10年後が分かるとしたら撮りますか?幸か不幸かどちらでも受け入れられるか。写真に写らない=死んでいる→残りの時間は分からない。10年後を知ってしまったら絶望または怠惰になるかもしれない。それでも知りたいですか?→
	
写真は真を写すものではなく偽を写すもの。美化された記憶を記録したもの。
神様の一瞬の瞬きを記録した宇宙。

②駒鳥の愛と嫉妬の話
鳥籠は独居房。飛行機は鳥の言葉で1番大きな鳥。
飼い主を愛する駒鳥と異性を好きになった飼い主。
	
飼い主と彼女の別れ。その前日、戦争で館に火をつけようとする。
飼い主は駒鳥に言葉を託し彼女の安否を確認する。彼女も駒鳥に言葉を託すが嘘が伝わる。彼女の焼死体を発見する。飼い主は駒鳥が嘘をつくとは思ってなかった。言葉を覚えるのと嘘を覚えるのは同時。
	
・思い出内科
自分の事が分からなくなってしまった患者が来る。この卵をゆで卵にするかスクランブルエッグにするか両方食べるか決められないそんな感じ。
そして1人の自分にする為の記憶を選ぶことになるが決められない。
看護婦が選んだ記憶を注射すると…
	
人形殺しの腹話術師の記憶。ある日人形がフランス人形に恋をして言うことを聞かなくなる。(術師の本音の現れだと思う)
そして術師はフランス人形を鋏で切り殺してしまう。その晩フランス人形が鋏を持って襲ってくる。それは術師の忘れられた闇の部分だった。
	
術師には妻がいた。でも目の前の妻に見覚えがない。妻は術師の事を旦那という。
どちらの記憶が正しいのか、どちらも偽の記憶なのか。10年後が写る写真機同様に、人は実際に起こらなかった事でも思い出に出来るのです。という記憶の美化の話。
	
・消しゴム
なんでも消せる消しゴム。もちろん人も。
その消しゴムを水夫が知り入手する。使い道は恋する土曜婦人の周りの男を消すために。念願叶って土曜婦人に招き入れられるも誤って土曜婦人を消してしまう。
	
水夫は自分を消そうとするも消しゴムは下半身しか消せず悲しみと共に生きていくしかなくなった。

嫌な事を消してもその穴に新しいものが入ってくる。消しても消しても。
擦り減って行くのは結局消しゴムだけ。都合のいい記憶だけには出来ない。
	
ラスト
この物語の作者と登場人物の少女が現れる。作者は少女を髪が長い少女に描いたが少女は髪を切ってしまった。更に作者自身も物語の中の住人に過ぎなかった。
人はいくつもの物語を縫いとじて生きていく登場人物の1人という作品でした。(私感)
	
この呟きも私の記憶の美化に依存するもので抜けがある。だいたいの流れしか書いてない。
今回の演劇は自分とは何か?光と影の受け入れ、人生は劇。の万有引力のテーマが詰め込まれてました。
	
私が好きな「思い出さないで下さい。思い出すには1度忘れなければならないのです。」の言葉と消しゴムの映画の一部の映像(たぶん)寺山さんの言葉も組み込まれてました。
	
万有引力さんの演劇はいつもですですが、入ったら既に役者が演じている。(本編ではなく)
終了も挨拶などはなく役者が捌けた後に残る舞台セットだけになる。
これは、あなたの劇は連続して続いてますよ。続きは自分で作って下さい。と言われていると思ってます。
	
だから観客の皆さん終わったのかどうか分からずキョトンとしてるイメージがあります。
私はしばらく役者が出ず終わりと気付いて自分の中で反芻出来た瞬間が劇の終わりだと思ってます。
愚者たちの機会学の劇はお持ち帰りください。の意味をひしひしと感じてます。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kangidan

芸術文化振興組織「文芸実験室」主宰。芸術助成金研究や、アーツコンサルティングの研究。現在2芸術系団体の監事。20位上の芸術系団体の各種申請協力、広報協力。高野山真言宗にて得度。某派入峯行準先達。岡山美作の古流神道の二十七代目宗家伝承。