• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【肥満男性】には「内臓脂肪」を減らすダイエットをオススメします。その効果的な方法とは!? #筋トレ #アンチエイジング

サムネイル出典:

【肥満男性】には「内臓脂肪」を減らすダイエットをオススメします。その効果的な方法とは!? #筋トレ #アンチエイジング

Posted date:
【肥満男性】には「内臓脂肪」を減らすダイエットをオススメします。その効果的な方法とは!? #筋トレ #アンチエイジング
内臓脂肪の増えたことにより、健康が気になっている男性は少なくないことでしょう。内臓脂肪を増えるに任せていると、動脈硬化や心筋梗塞など深刻な症状の原因になることがありますで、改善を目指しましょう。男性は女性よりもテストステロンの分泌量が多いため、内臓脂肪を減らすダイエットのメインとなるのは、筋力トレーニングです。筋トレを実践することで筋肉を鍛え上げれば、脂肪を燃焼させるために役に立つホルモンがたくさん分泌されるようになります。
今回はダイエット希望の男性に向けた対策講座です。

男性におすすめの内臓脂肪を減らすダイエット

脂肪を燃やすホルモンの量を増やし、内臓脂肪が燃焼しやすくするため、筋トレがおすすめです。もともと男性は、女性より男性ホルモンの分泌が盛んですから、筋トレで内臓脂肪の消費を促進するのは効果的な方法です。

内臓脂肪が気になる人は、ぜひとも筋トレを実践してみることをおすすめします。

内臓脂肪が燃えやすい体質になるためには、筋トレをして、体内のテストステロンと、成長ホルモンをふやすことです。成長ホルモンは、アンチエイジングにも役立ち、また脂肪を分解して代謝することに役立ちます。

テストステロンも体をより強くすることに必要であり、また分泌量が増えるほど内臓脂肪を減らすことができます。体に筋肉をつけることで新陳代謝の高い体質になりますので、ホルモンコントロールと同じくらい重要な役割を持っています。

筋肉を増やすことで、1日に消費するカロリー量が多くなり、内臓脂肪ダイエットができるようになります。

内臓脂肪を減らすダイエットの運動

最近では、生活習慣病の予防のために、内臓脂肪を健康診断でチェックするようになっています。内臓脂肪の数値が異常であっても、ほとんどの場合が自覚症状が無いので、健康診断で指摘されてはじめて驚く人がほとんどです。

内臓脂肪が多い状態は、今すぐに不便を生じるものではないですが、先々のリスクを減らすためのことはしたいものです。内臓脂肪はメタボリックシンドロームの原因となります。

生活習慣病の原因になる高血圧や、血中脂質は、皮下脂肪よりも内臓寄りのポジションにある内臓脂肪の多さに影響します。皮下脂肪と内臓脂肪、どちらがより体にとってよくないものかといえば、言うまでもなく内臓脂肪であるといえます。

皮下脂肪より増えやすい内臓脂肪ですが、減らすことも比較的容易ですので、内臓脂肪の増加が健診で指摘されたら、減らすための取り組みを行いましょう。

ダイエットの運動の方法をしっかりと行えば、気になる内臓脂肪は減らすことが容易になります。定期的に、有酸素運動をする習慣をつけることで、内臓脂肪は減っていきます。

ジョギングウォーキングなどの有酸素運動を行うことで、効率良くカロリーを消費することができます。

有酸素運動はまとまった時間の運動が続けられますので、より脂肪燃焼に役立ちます。血管の近くにある内蔵脂肪は、ジョギングなどで体が運動用のエネルギーを必要としている時に、速やかに燃焼されていきます。

内臓脂肪を減らす食事で効率的にダイエットする方法

使い切れないカロリーを日々の食事で摂取していると、余剰のカロリーは内臓脂肪として蓄積されやすくなっています。日頃から、食事で摂取しているカロリー量が多すぎると、内臓脂肪が多くなりがちですので、まずその点をチェックします。

日々の食生活を見直して、ダイエットに取り組むことによって、蓄積された内臓脂肪を減らすことができるといいます。ダイエットにいい食事に変える場合は、食材には野菜や魚介類を多く使い、動物性の食材が多くなりすぎないようにします。

基本は、動物性脂肪を食べ過ぎないことですが、かといって肉を何も食べずに、肉から得られる栄養素をシャットダウンする必要はありません。生命活動を保つために必要な栄養をきちんととりながら、摂取カロリー量が多くなりすぎないようにすることが大切です。

食事では、食物繊維の多いものを意識して摂取するようにしましょう。お通じがよくなり、内臓脂肪がつきすぎないようにできます。腸内に残っている老廃物の排出を促し、内臓脂肪の代謝効率を上げることから、食物繊維はダイエットの強い味方だと言われています。

食事は、時間をかけてゆっくりと食べましょう。満腹になるまで早食いをしていると、思った以上に食べ過ぎてしまいますし、体によくありません。いきなり食べる量を減らすと、体にも負担がかかります。時間をかけて、落ち着いて食事をすることが、結果的に大食いにもならずに済み、ダイエットに効果的です。

ダイエットのためには、栄養バランスのいい、カロリーの低めの食事をすることや、適度な有酸素運動を習慣づけて、日々実行することです。内臓脂肪が多くならないよう、有酸素運動で消費カロリーを増やし、食事の見直しで摂取カロリーを制限し、栄養バランスを整えましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」