• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本の山の幸を味わう!山菜料理の数々

サムネイル出典:

日本の山の幸を味わう!山菜料理の数々

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
Update date:2017年05月21日
日本の山の幸を味わう!山菜料理の数々
日本の大自然の恵みを楽しめる山の幸である山菜の数々を用いた料理のご紹介。

山菜(さんさい)とは

山菜(さんさい)とは、山野に自生し、食用にする植物の総称。通常栽培はされず、自生しているものを採取する。 山野に限らず、ハマボウフウやオカヒジキのように海浜に自生する食用植物も「山菜」に含む。
ノビルやヨモギなど、土手やあぜ道に自生している植物で食用になる場合もあるが、これらは普通山菜とは区別して野草と呼ばれる。

いわゆる野菜として栽培されているものは、長い歴史の中で栽培植物として品種改良を受けてきた。そのため味が良く、収穫量も多い。それに対して野生植物である山菜は、収穫量も多くなく、味にもやや苦みがあったり灰汁があったりと、やや難がある場合が多い。しかし、そこに独特の風味や変化が楽しめるという見方もある。また栽培種がさほど季節を問わないのに対して、野生植物にははっきりした季節の変化があり、それを採取するのが季節の楽しみという面もある。
地域によっても種に違いがあるため、地域の特異性も見いだしやすい。山里ではそれぞれに山菜料理を名物にしている店がある。もっとも近年では山菜も栽培される例が少なくなく、広く流通しているものもある。そのため、名物の山菜料理がある程度どこでも同じものを出している、という例が少なくないのも事実である。

出典:

	

山菜は乾燥させて乾物として保存される。
山菜は塩漬けにして保存されることも多い。かつては冬季の重要な食料の一つであった。
山菜には似た見かけの毒をもった植物がある場合がある。これらを見分けるには知識と経験が必要であり、素人がむやみに山菜を採って食べると食中毒の危険がある。

日本において、山菜水煮、山菜ミックスなどと称して、何種類かの山菜をカットして水煮し、パック詰めにした加工食品が広く流通している。これらの加工食品にはワラビ、ゼンマイ、ナメコ、キクラゲ、タケノコなどが主に使われ、すでに適当な大きさにカットされて加熱してあることから調理の手間がかからず、一年を通して安定的に供給されるため、外食産業でも幅広く使われている。これらを用いた料理は、よく山菜の名を冠して呼ぶ。例えば、山菜そば、山菜おこわ、山菜ピラフなどである。
	

山菜料理

天ぷら

山菜を味わう定番料理です。

味噌汁

ダシが楽しめ、量も食べやすいです。

おひたし

			

山菜サラダ

ややおひたしに近くなりますが、湯がいた山菜でサラダに。

炊き込みごはん

山のように山菜を入れて楽しめるごはんです。

山菜そば

昔から山菜好きにはたまらないメニューですよね。

山菜料理動画

	
	
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。