• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
森で20年間暮らしている男が面白すぎた。世界丸見え。これぞ、自由な生活。

サムネイル出典:

森で20年間暮らしている男が面白すぎた。世界丸見え。これぞ、自由な生活。

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
森で20年間暮らしている男が面白すぎた。世界丸見え。これぞ、自由な生活。

支配や束縛を嫌う男

社会に縛られたり、支配されることを嫌う男は森で暮らしていた。

森の中で、そこらへんに生えている雑草やキノコを食べて生活。
服は布切れのようなものをしている。

これぞ自由

男は、とりあえず食べられる雑草がわかるらしく
キノコが生えていたら貴重だからたくさん採る。
個人的に、キノコの裏が紫になっていたら食べてはだめ。とか
持論があるようです。

しかし、そのキノコを食べたあとにおなかが痛くなってしまった。

「ドクターのところへいく」

森にドクターが???

歩くこと20分くらい。
ドクターがいるところへつく。
男とドクターの容姿が似ていて親子かと思った。

身長が高い、色白、目がぱっちり
白髪頭で長髪、ひげも長い。(笑)

ドクターが言うには、生えている草と何かをあわせて
鍋で温めたものを薬といって男に渡した。

しかし、そのドクターも個人的に作ったものであるはずだから
本当に薬の役割を果たすのかすらわからない(笑)

森にもっと長く暮らす友人が。

海岸沿いに行くと、男よりもさらに長く森にすんでいるという人が。(笑)

その彼は、「いつものやるかい?」と言って
2人とも全裸に。(笑)
そして、海の中で遊んでいる。


何も語らなくても、裸で抱きしめあい、
言葉がなくても伝わるものがあるようだ。

カニを捕まえに行く

カニを食べるようで、水の中にいるカニを普通に捕獲していく男。

しかし、捕獲しているときに
自分の服が流されてしまった

「この森には俺のオリジナルクローゼットがあちこちにある」

なんか木の陰のような場所などに、
服を置いてある場所がある。(笑)

いつ服が流されても、なくなっても大丈夫なようになっているようですね。

自由を愛している生き方

何かに支配されたり、束縛をされるのがいやで
自由に生きることこそが幸せのようだ。

このように、自分で自給自足、
好きなように生きれる人はなかなかというか、
全然いないであろう・・・(笑)

まず日本ではこのような生き方をしている人が
いるのかすら謎である。

国を離れれれば、文化も生活も何もかもが違う。

日本は世界的に見てもかなり平和。
しかし、精神的には追い詰められやすい部分もある。
神経質であったり、仕事に対する姿勢も厳しい。

このように、自由に思うままに生きれる人はいないに等しい。

この男を見ていると
野性的だが、毎日仕事に行って、疲れて帰ってきて
税金を納めて生活を一生懸命して・・・という毎日よりも、
幸福度は高いのかもしれない。

個人的に好きなとこ

裸で友人とわかる会うシーン。

言葉じゃなく、心がもう通じているのがとても素敵に感じた。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

writer✏︎美容系/女性アイドル/エピソード. アイドル評論家に興味有り。 好きなことをして生きるには。