• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
お役立ちシリーズ【転職】巷にある「就職情報」を有効活用するための基礎知識を解説します。 #就活

お役立ちシリーズ【転職】巷にある「就職情報」を有効活用するための基礎知識を解説します。 #就活

Posted date:
お役立ちシリーズ【転職】巷にある「就職情報」を有効活用するための基礎知識を解説します。 #就活
経済情勢は、徐々に回復基調にあると言われていますが、にもかかわらず、倒産や、業務縮小によるリストラの話題は後を絶ちません。その反面、会社が人材を募集する求人数は増加傾向にあり、転職をしようとする人には良い影響を与えているようです。人員を増やしたいのに人が来ないという会社も増えてきて、就職情報サイトや、情報誌でも求人が多くなっているようです。人材獲得のために、色々な手段を講じる会社はたくさんあります。ハローワーク求人情報雑誌に求人票を出したり、人材紹介会社で条件に合う人を探したりといったやり方です。最近は求人を掲示する媒体も多く、どんな方法を使えば転職活動に有用な情報が見つかるのかも、難しくなってきています。
そこで今回は「転職活動」の役に立つ基礎知識解説致します。

就職情報を利用する時には

転職活動をスタートさせる時点で、どんな業種で働きたいかが明確になっている人は、求人票のチェックがしやすいでしょう。

ですが、つきたい仕事が未だ定まらないまま転職を志す人の場合、求人票の一つ一つに目を通すことになります。情報が膨大になりすぎて、確認しきれなくなってしまいます。

就職情報を扱っている会社の多くは、一般的な就職情報を扱っていますが、中には専門的な仕事に特化した就職情報を持っている会社もあります。

主な業種には、IT系、介護系、飲食系、外資系などがあり、それらの業種に狙い定めて転職活動をしている人が利用しています。必要な資格や、仕事の内容など、専門化サイトならではの詳細な分類分けがなされているところもあり、専門分野に特化している人にはとても使いやすいサイトです。

求人情報の媒体には様々なものがありますので、多くの情報を集めやすくなっていますが、手順が複雑になっているという言い方もできます。転職活動をスタートされるに当たっては、就職にかかわる情報について十分にチェックすることです。

転職活動の情報を収集する方法

どんな情報媒体や、就職支援サービスを利用して、求人情報を得るかは、転職動では大事なことです。求人情報を効率的に収集するのに役立つのがインターネットの求人サイトです。

働きながら転職活動を進めている人にとっては、常に閲覧できるネットの求人サイトは重宝します。気に入った求人を見つけたら、サイトからの応募も対応しています。

人材紹介会社を利用して転職活動をするという人もいます。人材紹介会社のいいところは非公開の求人情報からのマッチングもしてもらえるところです。転職活動支援のプロから、専門的な意見をもらえるという利点もあります。
無料で利用できますので、積極的に使っていくといいのではないでしょうか。

転職フェアは、一つの場所に求人を出した企業が集まるイベントです。各ブースを回って、企業の採用担当者と直接言葉を交わしたり、質問をすることができます。

転職活動中は新聞求人広告もチェックしておきましょう。とくにUターンIターン転職を希望している人は地方紙にも目を通すことが大切です。

転職活動中は、転職情報誌をチェックするのもいい方法です。地域別、業種、職種などで分類されていますので、興味のあるところだけを確認できます。同一業種の中で条件のいいものを探すことも、求人情報視ならしやすいようです。

ハローワークは、転職活動中の強い味方です。仕事をしながら転職をしたいという人でも、ハローワークを使うことが可能です。様々なツールを活用することで、転職活動を効率的に進めていきたいものです。

転職活動を開始するときは

何ヶ月くらいかけて転職活動をするつもりなのかは、事前にイメージしておくといいでしょう。転職活動の流れを応募から書類選考面接内定入社という順番で考えると、通常は全部で3~4か月はかかるのではないでしょうか。

それぞれの段階を、1週間刻みでこなしていくと考えるとわかりやすいでしょう。けれども、どのようなタイムスパンで進むかは、会社ごとに差があります。

転職活動をする時には、イメージしていたよりもずっと話が早く進んでしまうことがあります。採用が決まったら、即日でも仕事をしてほしいという会社もあります。

転職活動をする時に、半年後から働き始めるつもりでスケジュールを組んでいたけれど、会社のほうは3カ月後から来てほしいと考えてることもあるわけです。
多少は入社日の相談にはのってくれますが、基本的には3~4か月後には入社できる状態で活動するものとして転職活動の計画を立てましょう。

転職活動をスタートさせる時には、キャリアの棚卸し作業が必須になります。勤めていた会社で、どんな仕事を担当し、どんな技術を会得し、何ができるようになったのかを一つ一つ書き出していきます。自分以外の人から、アドバイスを受けることも大事です。

転職活動中は、ある程度の費用も必要です。何か必要になった時や、移動料金などに困らないよう、予算は確保しておきましょう。

まとめ:転職を希望する人たちの就職活動

食べていくためには、何らかの形で仕事をしてお金を得る必要があります。働く時には、自分のスキルを活用できるものがいいという人は多いようです。

世の中には、たくさんの会社が存在し、いろいろな仕事があります。転職を目指して就職活動を行う時には、どんな仕事をしたいかを明らかにするところからスタートする必要があります。給与や、仕事の中身について自分の希望を明確にした上で、求人サイトや、求人情報を見て、希望に近い内容の求人がないかを調べるようにします。

仕事を選ぶ場合には、給料や勤務時間も大事ですが、保険や休日日数についても確認することが、転職活動では重要になります。希望どおりの内容で求人が見つかることはまずありませんが、それでも、ある程度は希望を決めておくことが大事です。時間をかけてでも、求人の内容を吟味するという方法もありますが、時には条件を再度見直すことも重要になってきます。

仕事に対する条件に近い要求をかなえられる場所というのはあるものです。転職活動をして仕事を探したいという人は、ハローワークに足を運んだり、ネットで閲覧できる求人サイトを利用して、求人情報をチェックすることができます。

待遇や、働き方などで求人内容を抽出したいという場合は、検索システムを使って、自分の必要としている求人情報だけをピックアップします。

早い段階で次の就職先が決まれば、お祝い金が出るといったようなシステムがあるところも存在しています。就職サイトを転職に活用する人は、ますます増加しています。これからも就職サイトは規模を拡大していくことでしょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

国際ボディガード歴20年。世界を飛び回るSharetubeトップキュレーターの一人。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」