• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
よく分かる【金融】シリーズ「クレジットカード」の審査方法について分かりやすく解説しました。 #基礎知識 #講座

よく分かる【金融】シリーズ「クレジットカード」の審査方法について分かりやすく解説しました。 #基礎知識 #講座

Posted date:
よく分かる【金融】シリーズ「クレジットカード」の審査方法について分かりやすく解説しました。 #基礎知識 #講座
もしも、初めてクレジットカードを使用するなら、まずは審査を受けて、クレジットカード会社からカードを発行してもらわねばなりません。仕事を失ったり、働けない状態が続くと、クレジットカードの申込みをしても、審査に通れないこともありますので、気をつけなければいけません。近年では、インターネットからの申込みを行って、クレジットカードの審査結果を持つという仕組みもよく使われています。以前と比べて、クレジットカードの申込み手続きも手軽になり、審査の結果も早く出るようになったといいます。クレジットカードの申込み時の審査について、まずはその概要をチェックしていくおくことが必要です。
そこで今回は「クレジットカード」の審査関係について解説します。

クレジットカードにおける審査と選択方法

申込時にどんな注意点があるかを理解しておくことで、トラブルの心配なく、クレジットカードの申込みをすることが可能です。あらかじめ、申込時に注意すべことや、審査の大まかな内容を確認することができれば、審査で戸惑うことはありません。

クレジットカード提携店も多くなり、色々な局面でクレジットカードが使えるようになりました。そのため、大抵の人がクレジットカードを持っています。クレジットカードを使えば、旅行先での買い物や、交通機関の利用なども、簡単な手続きで済ませることができるようになっています。

以前は、高い買い物の時だけクレジットカードを使うもので、お金持ちの人の持ち物でしたが、今では多くの人がクレジットカードを利用しています。申込みをして審査を受ける前に、各々のクレジットカード会社のプランに目を通していくことにより、自分のライフスタイルに適した、よりメリットの多いクレジットカードを選択することが大切です。

クレジットカードの審査基準が色々なのは、そのクレジットカードで提供されるサービスに独自色が強いためともいえます。自分に合ったクレジットカードを使うようにするといいでしょう。

クレジットカード審査のチェックポイント

どんなクレジットカードでも、必ず申込みには審査がつきものですが、審査で行っていることとは何でしょうか。属性審査とは、申込者の年齢、年収、家族構成、勤め先、持ち家の有無などの個々の内容を点数化して、数字で信用の度合いを出していきます。

安定した収入があり、一つの会社に長く勤めている人は、信用力が高いは見なされます。会社の規模や、その会社にどれだけの期間勤めているか、雇用の形は正社員か、臨時雇用なのかといった点も、クレジットカードの審査では大事なところです。

経済状況も必ずチェックされるポイントです。他の金融会社からの借入金を信用情報を取り扱う機関に問い合わせて確認します。ローンやキャッシングを今までどのくらい使っているかも調べられてしまいますし、借入金の返済を滞らせた記録があれば審査は厳しくなります。

間をおかずに立て続けにクレジットカードの申込み手続きをしていると、信用情報会社にそのデータが残っていて、審査で断られる原因になったりします。キャッシングの返済のために、他のキャッシングを使っているという可能性を考えられてしまうためです。どんな家に住んでいるかも、クレジットカードの審査の対象になります。

賃貸より、持ち家住まいのほうが評価が高くなります。審査を通過しやすくするには、一つの家に長く住んでいたほうが、信用の高い人だと思われがちです。独身で両親と同居している場合も、一人暮らしと比べて居場所を特定しやすいので、審査時にはプラスのポイントとなります。クレジットカードの審査が高くなる人は、高収入で、返済意欲をしっかり持っていて、逃げない人です。

クレジットカード審査の方法について

クレジットカードを新しくつくるためは、カード会社の審査をクリアしなければならない仕組みです。各クレジットカード会社ごとに、審査の内容は異なります。ある会社でOKでも、他の会社では審査に断られたりします。

クレジットカードの審査を受ける時には、申込み書類に名前や住所のほか、働いている会社の名前や、勤続年数、年収、持ち家の有無などがあります。当然ですが、年収や、勤続年数を偽ると、クレジットカードの審査に通ることができません。

数値的な項目がありますが、多少の水増しをすることで審査に通る場合もあり、ある程度の許容範囲もあるようです。年収が一定しない職業についているという人は、その年の年収よりも結果的に大きめに数字を書いてしまうこともあります。

ごまかしようがない情報、つまり勤続年数や、住居の挙牛年数などは正しく書いてください。新規の顧客に足してクレジットカードの審査を行う場合、年齢や、年収、勤務先などの情報を吟味して、審査の結果を出します。審査で重視するポイントや、最低限のラインなどはクレジットカード会社毎に違います。審査の基準を満たしていると見なされれば、クレジットカードが発行されます。

申込み書類が正しく記載されていないために審査を通らなかったということもありますので、書類は正しくつくりましょう。クレジットカード会社は、情報の内容に点数をつけて、合計点数が一定基準を超えているかを調べる、スコアリングという手法を使っています。

スコアリングされる項目は、申込み用紙に記入された各項目で、勤続年数や年収などを総合的に判断して、融資するかどうか決定されます。クレジットカードの審査では、スコアリング判定のほか、信用情報会社から紹介したローンの利用履歴や利用状況など、人の手を介した処理を経て、判断がされます。

ランキングサイトで上位のクレジットカードとは

クレジットカード選びの役に立つランキングサイトで、順位の高いカードとは、どんな共通点があるものなのでしょう。何をもっていいクレジットカードと見なすかは人それぞれであり、ランキング上位のカードでもいいカードとは言い切れません。

ランキングの高いクレジットカードでも、自分にとっては使いづらいカードである可能性もありますので、順位だけでカードを選ばないようにしましょう。ランキングの順位より、それぞれのクレジットカードがどんな特徴があるかをチェックしましょう。

サイトの順位だけでなく、最終的には自己判断でクレジットカードを選ぶことが大事です。クレジットカードを見比べる時には、順位よりも、ポイントの入り方や、年会費の金額、保険サービスなどかついているかで判断することもできます。

どんなサービスがあるクレジットカードが、自分にとって使いやすいものかが、ランキングサイトでわかります。年会費が無料で、かつポイント特典や割引サービスが行き届いているようなクレジットカードが、ランキングの上位にを占めています。

ポイントの還元率がいいクレジットカードは、使えば使うほど特になるため、好んで利用するという人が大勢います。一方、毎年年会費を支払わなければいけないようなクレジットカードでも、付帯サービスが行き届いていたり、旅行やカード紛失時の保険に入っているカードは好まれています。

家族カードやETCカードなどの付帯カードが作れて、カード明細の管理がしやすいというクレジットカードもあります。ランキング評価の高いクレジットカードを調べてみることで、自分が求めているサービスはどんなものかを見極めるといいでしょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」