• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
欅坂、新曲アンビバレント。誰もが認める存在、平手友梨奈が7作連続センターに!

サムネイル出典:

欅坂、新曲アンビバレント。誰もが認める存在、平手友梨奈が7作連続センターに!

Author:
soisenarusoisenaru
Posted date:
欅坂、新曲アンビバレント。誰もが認める存在、平手友梨奈が7作連続センターに!

この夏のシングル曲がついにMV公開

	
平手友梨奈が7作連続センター。

現在の欅坂では、平手友梨奈以外に
シングル曲センターをした者はいない。

平手友梨奈は紅白などでの体調不良などで
活動を休止していましたが
この夏、歌番組でカラスを割れ!が披露されたときに
復活をしました。

このころ、平手友梨奈が休止中には
ガラスを割れではゆいちゃんずのWセンター
エキセントリックでははぶがセンター
不協和音では、菅井がセンターなどでパフォーマンスをしたりしていました。

はぶの表現力が十分に発揮されたり、
ゆいちゃんずのやる気のあるパフォーマンス、
そして、センターになりたいという強い意志。
菅井の不協和音での「僕は嫌だ」というセリフでは
多くの視聴者に鳥肌者を与えた。

もう平手以外のセンターが見たいという声も覆る

平手友梨奈のセンターよりも、違う人のセンターもそろそろ見たい。
という声も少なくはなかったのだが
実際、今回のアンビバレントのMVが公開されたら

やっぱり平手以外のセンターは考えられない。と
表現力でその意見たちすらも覆している。

MVを見ればわかる、平手友梨奈のすごさ。
しかし、他メンバーも表現力も顔つきもかなり成長している。

フロントには鈴本や渡辺理佐などの曲に似合うメンバーが。

今まで3列目に行ったこともなかった渡辺梨加。
渡辺梨加はダンスが苦手でガラスを割れの時にも、
迫力はあまり感じられなかったことから
ビジュアルメンではあるものの、
後列にいっているのを見ると
欅坂でもパフォーマンスメンを考慮しての曲に合わせた
メンバーのポジションになっているようにも感じる。
はぶも1列目に抜擢されいることからも、そう考察することができる。

この曲には志田が必要。という意見もあり、
かっこよく存在感もあり、こういった曲でみせることができる志田が
この曲にいたらどのようなパフォーマンスになっていたのかが気になる。

志田は休養中で、
このまま欅坂を卒業するかもしれない状況とも思えるが
ファンとしては復活を待ちたいところだ。

長濱ねるは、今作も二列目のセンター。

秋にはどのような曲になるかわからないが、
初期のころにもあった「世界には愛しかない」など
アイドルソングを出すのか
「二人セゾン」のようにまさにアーティストのような曲なのか、

また毎回違う路線でくるように新しい感じでくるのか・・・まったく読めない。

アイドル系のソングを次に出して
渡辺梨加
長濱ねる
守屋茜

などのビジュアルメンを全面的に出してくるのも考えられる。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
soisenaru

writer✏︎美容系/女性アイドル/エピソード. アイドル評論家に興味有り。 好きなことをして生きるには。