• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本人のファーストフードお茶漬け

日本人のファーストフードお茶漬け

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
日本人のファーストフードお茶漬け
米粒を残さず食べれて、水気で早く食べやすいので、日本人に古くから愛される和製ファーストフードとも言うべきお茶漬け特集です。

お茶漬け

広辞苑によれば、茶漬けとは「飯に熱い茶をかけたもの。茶漬飯」とある。ここで言う茶とは、煎茶(緑茶)やほうじ茶や番茶や抹茶の入った緑茶や抹茶など、いわゆる日本茶に分類される茶を指すことが普通だが、近年は烏龍茶をかける場合など、日本茶以外の茶をかけるアレンジも見られる。

必ずしも温度の高い茶に限定されているわけではなく、特に暑い時期などには、敢えて冷やした茶をかける例も見られる。さらに、昆布茶など「○○茶」と呼ばれこそすれ、チャノキを原料としない茶をかけるアレンジも見られる。

人気レシピの数々

梅茶漬け

日本人なら好きな味の定番お茶漬けです。

鯛茶漬け

贅沢茶漬けの極みですね。

鮭茶漬け

日本人の好きな魚の代表格の焼鮭を乗せたお茶漬け。

イクラ茶漬け

鮭が好きならイクラも、と。

マグロ茶漬け

お刺身が余った際にはぜひ。

トンカツ茶漬け

ちょっと珍しいお茶漬けです。あまり油ものを茶漬けにはしないので。

納豆茶漬け

珍しいですが、実はかなり歴史あるお茶漬けです。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。