• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【旦那画像あり】20歳で46歳のハゲ親父と結婚したモデル「菊池瑠々」が早くも2人目を妊娠!!【年の差婚】

【旦那画像あり】20歳で46歳のハゲ親父と結婚したモデル「菊池瑠々」が早くも2人目を妊娠!!【年の差婚】

Author:
RRRRRR
Posted date:
【旦那画像あり】20歳で46歳のハゲ親父と結婚したモデル「菊池瑠々」が早くも2人目を妊娠!!【年の差婚】

26歳年上の男性と結婚し話題になった菊池瑠々!

16歳でモデルデビューし、ファッション誌などで活躍し20歳のときに26歳年上の46歳の男性と結婚したモデルの菊池瑠々さんが、23歳にして早くも第二子を妊娠したと話題になっています。
50歳間近の親父が20代前半の嫁を毎日抱けるという、誰もが憧れる夜の夫婦生活にネット住民からは憧れの声とともに「そりゃ子どももポンポンできるわぁ」「うらやまけしからん」という声が広がっています。

菊池瑠々プロフィール

生年月日:1995年3月8日(23歳)
出身:千葉県生まれの中国国籍
身長:167cm
2012年、テレビ朝日ミュージックで3人組アイドルグループLove La Dollとして活動。 当時はリーという名称で活動。
2013年、Love La Dollを脱退。
2015年モデル活動開始

菊池瑠々さんの写真はこちら↓

菊池瑠々(23歳)さんの旦那(49歳/会社経営者)の写真はこちら↓

まるで親子!!両親と旦那の年齢差は?

私の両親と旦那はどっちが年上ですか?という質問があったのでお答えしますニコニコニコニコ

実はうちの母は流産体質でなかなか子供が出来づらかったんです。
そこで何度も何度も挑戦して、人工授精でやっと私が生まれたそうです!!
私を産んだのは32歳!なので今は54歳ニコニコ

そして、私の両親も年の差婚なのです笑
私達よりは近いけど、18歳差!!
なので、父は72歳です

結果、旦那45歳、母54歳、父72歳、私22歳です

出典:菊池瑠々さんのブログです。

	

菊池瑠々さんと旦那、ご両親の写真

旦那さんとお母さんの見た目が変わらない…。

娘と孫のように見える二人

			

二人の馴れ初めや親の反応など…。

Q.26歳差の馴れ初めは?
旦那とはお食事会(合コンじゃないよw)で出会いました!!
そこで連絡先を交換したんだけど、私はまだ19歳だったからただのハゲオヤジとしか思ってなかったの笑い泣き
でも、旦那は1ヶ月くらいずーとアタックしてくれてて
...食事も週2~3で言ってたんだけど、会う度にこの人すごくピュアかもって急に思い始めたんだよねハート
すごく素直でまっすぐで。きっと、今思うとハゲオヤジと思いながらどこか内面で惹かれるところがあったから食事にも行ってたんだなって思う。
そこから付き合うと同時に一緒に同棲することになったの!!
そこから10ヶ月くらいかな〜、妊娠が発覚してハート
そこから結婚しましたラブラブ

Q.年の差で、大好きで結婚したいけど親に反対されそう
もちろん私も初めはすごい反対されたし、付き合って同棲した時はわたしも初めて実家を出たから母親から心配で毎晩電話が来て「帰ってきなさい」って言われてたショボーン
でもね、結婚は自分の人生だからさ。親の人生ではないから、本当に彼は自分のことを大切にしてくれる素敵な人だったから自分の気持ちを突き通していいと思う!!
もちろん親の意見を聞くのも大事だけど、両親が年齢だけを気にしているのであればそのまま突き進めー!ウシシキラキラそれが自分の選んだ道だからね!

Q.年の差婚で不安はあった?
旦那は家族を大切にしてくれるし、色んなところに連れてってくれたり、いつでも私を支えてくれるとってもいい人ラブ
でもね、旦那の誕生日を迎えたりすると急に26歳差って現実に気づいちゃってアセアセ
やっぱり先にお逝きになっちゃうんだろうなって思うとすごい不安になる。(笑)考えすぎて泣いちゃうこともあるしショボーン
でも、それも含めてそれが私の選んだ道だから。
だから少しでも長く生きてもらうために栄養に気を使ったり、お酒も飲み過ぎないように気をつけてもらったり注意
不安は全然あるけど、それを悩んだってなにもならないから前向きに考えて自分ができることを探すようにしてる!!ポジティブにならなきゃ頑張っていけないもん

出典:菊池瑠々ブログ

	

Twitter上の反応はこちら↓

菊池瑠々26歳差の夫とのbaby誕生
アイドル? モデル? 誰だろ?
	
リーちゃ...いや菊池瑠々ちゃんやっぱり可愛いなぁ(≧∇≦)bフォロワーの皆さんもぜひフォローをお願い致します。
	
 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
RRR