• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「レーシック」は怖いという人にオススメの【視力回復】方法をまとめてみました #オルソケラトロジー

「レーシック」は怖いという人にオススメの【視力回復】方法をまとめてみました #オルソケラトロジー

Posted date:
「レーシック」は怖いという人にオススメの【視力回復】方法をまとめてみました #オルソケラトロジー
視力を回復させるにはいろいろな方法があり、多くの人が視力の回復を試みているようです。眼鏡やコンタクトをつけていないと、日常生活に支障が生じるという人もいます。低い視力では日々の生活に不便が出ることもありますので、視力回復に取り組んでいるという人も大勢います。スポーツをしている人や、自動車の運動をする時に、遠くのものが見えないと支障があるので、視力の回復は大きな問題です。しかし、安易に「レーシック」はリスクもあり怖い...という人が多いと思います。
そこで今回は「レーシック」に頼らない視力回復方法をご提案してみたいと思います。

視力を回復したい人は増える一方

視力低下については、眼鏡をかければ、ある程度は下がった視力を補うことができますが、例えばハードな運動をする場合などでは、眼鏡をつけていると都合が悪いこともあります。

とはいえ、レーシックによる視力回復手術はリスクがあります。
そういった場合、誰でも手軽にできる視力回復法など、視力を自力で回復したい人ができることは、いくつか選択肢があります。様々な視力を回復させるための方法がありますが、それだけ需要があることが分かります。

パソコンや、ゲームなど液晶画面を見る時間が延びていることが、視力が下がる人が増えている要因だといいます。視力が下がって、周囲のものが見えづらくなると、日々の生活にも問題が起きるようになって、苦痛に感じることもふえます。

目が悪くなってしまうと、生活において不便になるだけでなく、車の運転免許が更新できなくなったり、スポーツ選手やパイロットなど職業によっては仕事ができなくなるケースもあります。

目が悪くなる要因は色々あって、暗い場所で本を読んだり、輝度の強いディスプレイ画面を見続けるなどは要注意です。将来的にも、下がってしまった視力を回復させるために、色々なことを試してみたいという人は、まだまだ増加するでしょう。

視力回復に効果のあるトレーニング方法とは

視力回復と言うと、まず「レーシック」などのリスクのある手術を思い浮かべる人が多いと思います。実は近年では、トレーニングをして、視力の回復を促すというやり方もあります。

視力が低下する理由は様々なものがありますが、その中の一つに、視神経や目の筋肉の衰えがあります。その場合、弱っている目のまわりの筋肉や視神経を鍛える事で、視力を回復する事ができるのです。目の瞳孔部分にものがきちんと映り、水晶体で象を結ぶように調整することが、人の目でものを見るには必要です。

首や肩の筋肉が強ばると動かしづらくなるように、瞳孔を大きくしたり、小さくしたりする部分の筋肉が強ばると、ピント調節がしづらくなります。目を酷使して筋肉疲労が起こってくると、目のまわりの筋肉の新陳代謝が低下する為に、目の焦点が合わなくなってきてしまいます。

眼球で捉えたものが、水晶体の部分でしっかりと像になるためには、毛様体筋が瞳孔の大きさを適正な調節できるようにすることです。視力回復手段として、毛様体筋のまわりを強化することは、十分に効果が期待できるものであるということができます。

毛様体筋を鍛える具体的な方法は、遠近トレーニングといって、遠くにあるものと近くにあるものを、順番に見ることで鍛える事がきます。目を酷使することが多い人には、視力回復だけでなく眼球疲労対策にいいといわれている遠近トレーニングが向いています。

視力を回復させるためのトレーニング自体は、自宅にいる時でも、日中の休憩時間でも可能ですので、視力が下がってきているという人にはいい方法です。

コンタクトレンズを使用した視力回復の方法もあります

視力回復の為に多くのスポーツ選手や芸能人もやっている有名な方法があります。

先ほども少し書きましたが、「レーシック手術」に、少なからず関心を抱いている方もいると思います。レーシック手術の知名度は最近は高まっていますが、手術ということから、警戒心を抱いてるという人は多いようです。レーシックによる視力回復の方法は、かなり安全になったとはいえ、やはり手術ですから、全く失敗がないとは言い切れないのも事実です。
メスを目に使うレーシックを、生理的に苦手だと思う人はいるものです。

視力を回復する手段としてレーシック以外の方法を探すのであれば、コンタクトレンズを使うオルソケラトロジーが適しています。
既にご紹介した「遠近トレーニング」と併せて、オススメの方法の一つです。

コンタクトレンズを寝ている間に装着する事によって、目の角膜を矯正する方法だそうです。
寝ながら視力を回復する事ができる方法なので、手術が怖い人でも、この方法なら出来そうです。

人間の角膜は柔軟度が高く、専用のコンタクトをつけることで、角膜の状態を変えることができるされています。水晶体に問題があって視力が低下していた人が、オルソケラトロジーで目の屈折率を変えることが可能だとされています。

視力回復の為に使用するコンタクトは、酸素透過性が高いレンズなので、寝ている間につけても問題なく使用できるようになっています。

このコンタクトで視力回復ができるのは、寝ているうちにコンタクトをつけて角膜の形を変えるためです。

このように最近は、レーシック手術だけでなく、筋トレによる視力回復や、コンタクトレンズでの角膜矯正など、下がった視力を回復するための手段は、色々なものが存在しますので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
◆Pride of the Japanese◆

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」