• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学まとめ】セブンイレブンはもともと氷屋だった
殿堂

【雑学まとめ】セブンイレブンはもともと氷屋だった

Author:
MATANMATAN
Posted date:
【雑学まとめ】セブンイレブンはもともと氷屋だった

はじめに

セブンイレブンといえば

アメリカ合衆国発祥のコンビニエンスストア。

日本におけるコンビニエンスストア最大手であり、チェーンストアとしても世界最大の店舗数を展開している企業。
セブンイレブンはアメリカ発祥のコンビニエンスストア。
日本では株式会社セブン&アイ・ホールディングスの子会社・式会社セブン-イレブン・ジャパンが運営している。 

出典:セブンイレブンの由来 - タネタン:あらゆる元ネタ・由来をま...

	
社会の変化に合わせた「近くて便利」を提供し暮らしを支える拠点に

出典:コンビニエンスストア | グループ会社 | セブン&アイ・ホー...

日本では少子高齢化や働く女性の増加、単身世帯の増加などにより、お客様のライフスタイルは大きく変化しています。セブン‐イレブンでは、お客様それぞれのニーズに応えられる「近くて便利」を追求し、今まで以上に暮らしになくてはならない生活インフラを目指します。

そんなセブンイレブンは創業当初は氷屋だったというが、真相は?

調べてみた

昔のセブンイレブンは「氷屋」さんだったんです。

出典:セブンイレブンは昔は何屋さん?: 朝4時起きのコンビニスー...

	

コンビニエンスストアの生い立ち

1927年、アメリカ・テキサス州のオーククリフという町の小さな氷小売販売店までさかのぼります。
セブンイレブンの始まりは、1927年、テキサス州・サウスランドの氷製造会社で働いていた「アンクル・ジョニー」と呼ばれた男、ジェファーソン・グリーン氏が始めた小さな店だった。

出典:セブンイレブン誕生90周年、小さな氷屋さんがこうして世界に...

ジョニーは氷を販売する小売店で、ミルクとパン、卵を扱う業態を始めた。そして、それらの商品は、他の生鮮食品店が店を開けていない、夜と日曜日に特に売れたという。
順調に事業展開を続けた氷屋さんは、いつしか大企業へと成長していました。

出典:コンビニに歴史あり(1)セブン-イレブンのルーツは氷屋さん...

	
「氷もありがたいんだけど、卵や牛乳、パンなんかも売ってくれたら、もっと便利になるんだけどなあ」コンビニの歴史は1927年、この一言で始まった。

出典:コンビニは革新者だった:日経ビジネスDigital

場所は米テキサス。長時間営業で地域の支持を集めていた「街の氷屋さん」に対して、客が何気なく漏らした言葉だった。

twitterでは

セブンイレブンは……   もともと「サウスアイランドアイス」という名の氷屋さんだった。     
	
セブンイレブンの元祖は氷屋さん
ちなみに第1号店で初めて売れたものはサングラス
	
セブンイレブン、元々は氷屋さんだったんだ…。
	
冷蔵庫が普及してまだ少し、人類はずっと獲物や農作物を長期保存加工し生きてきたわけで、それを追体験できると高齢者の漠然とした不安も少しは安心に繋がるのでは。セブンイレブンも元は氷屋だったそうで、割と最近の話だなぁ
	
今は物凄い人気を誇るセブンイレブンですが、昔は氷屋さんだったそうです!私も初めて知った時はびっくりしました!
	

補足

なぜ氷屋がそんなに人気だった?

当時のアメリカでは、電気冷蔵庫がまだ普及していなかったため、周辺住民にとって保存用氷は、なくてはならない存在であった。 

出典:セブン-イレブン (米国) - Wikipedia

1927年に、サウスランド・アイスカンパニーとして創立。
まだ、家庭用冷蔵庫が一般的でなく、生鮮品を冷やすためにブロック状の氷が売られていた

出典:セブンイレブン誕生90周年、小さな氷屋さんがこうして世界に...

	
当時、まだ各家庭に電気冷蔵庫が普及していなかったため、冷蔵庫用角氷は生活に欠かせない必需品でした。

出典:セブン-イレブンの歴史|セブン‐イレブン~近くて便利~

同年に設立されたサウスランド・アイス社(現 7-Eleven,Inc.)の、氷小売販売店を任されていたジョン・ジェファーソン・グリーン氏は、常にお客さまへのサービス向上に関心を持ち、夏の時期には週7日・毎日16時間の営業をつづけ地域の人から喜ばれていました。
当時はまだ電気冷蔵庫が普及しておらず、氷は必需品だったのです。この氷屋さんはサービス精神が旺盛で、お客さんのために毎日16時間お店を営業しました。

出典:コンビニに歴史あり(1)セブン-イレブンのルーツは氷屋さん...

氷屋さんは地元の人々に愛され、次第に人気店となってゆきました。
1927年アメリカはテキサス州の中にあるダラス。この時代には食料品の保存は今のような便利な冷蔵庫はなく、氷が使われていたんですね。

出典:セブンイレブンは昔は何屋さん?: 朝4時起きのコンビニスー...

日本の昔の時代にも「氷室」というものを使って食糧を保存していたのと同じです。

セブンイレブンの名前の由来は?

 名称の由来は、アメリカ本土では当初、トーテムストアという名前だったが、1946年に朝7:00から夜11:00(23:00)までの営業時間にちなんで店名を「7-Eleven」に変更したことによる。

出典:セブン-イレブン - Wikipedia

	
昔は午前7時から午後11時までの営業だったから、セブンイレブンなんだ。

出典:セブンイレブンの名前の由来〜セブンイレブンの名前の由来を...

	
営業時間が朝7時から夜の11時までだったことが由来となっている。 

出典:セブンイレブンの由来 - タネタン:あらゆる元ネタ・由来をま...

1927年にアメリカのテキサス州ダラスで氷屋としてスタート。 卵や牛乳など日配品も取り扱うコンビニエンスストアとしてチェーン店し、1946年に「7-ELEVEN」に店名を変更。
開店時間(朝7時:セブン)と、閉店時間(夜11時:イレブン)とを組み合わせた造語です。

出典:『セブン-イレブン』の社名戦略/由来/意味 - 特許一年生

なお日本の「セブン-イレブン」第1号店は1974年東京都江東区豊洲に設立されました。
オープンから約20年後の1946年、「朝の7時から夜の11時まで毎日営業」のチェーン店として「セブン-イレブン」と社名を変更しました。

出典:コンビニに歴史あり(1)セブン-イレブンのルーツは氷屋さん...

	

最後だけ小文字の「n」だが、理由は不明

まであと4日/
セブン‐イレブンのロゴをよく見ると、 “n”だけ小文字だということにみんな気づいてくれていたかな?
	
ロゴをデザインした担当者がすでにいないため、なぜ小文字なのかは分からないんだそう。

出典:セブンイレブンの名前の由来〜セブンイレブンの名前の由来を...

	
実際のところロゴの作成から時間が経ち過ぎているためセブン-イレブン側もよく分からないとしている。

出典:セブン-イレブン - Wikipedia

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。