• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学まとめ】金やプラチナは宇宙で作られた物質である

【雑学まとめ】金やプラチナは宇宙で作られた物質である

Author:
MATANMATAN
Posted date:
【雑学まとめ】金やプラチナは宇宙で作られた物質である

はじめに

金とは

常温常圧下の単体では人類が古くから知る固体金属である。

柔らかく、可鍛性があり、重く、光沢のある黄色(金色)をしており、展性と延性に富み、非常に薄くのばすことができる。
イオン化傾向は全金属中で最小であり反応性が低い。

プラチナとは

白金が正しいが、現代日本の日常語においてはプラチナと呼ばれることも多い。
化学的に非常に安定であるため、装飾品に多く利用される一方、触媒としても自動車の排気ガスの浄化をはじめ多方面で使用されている。
酸に対して強い耐食性を示し、金と同じく王水以外には溶けないことで知られている。

金とプラチナは宇宙で作られたそうだが、本当か

調べてみた

金やプラチナは地球の気圧や温度では生成できない

出典:Amebaニュース

	
地球で比較的たくさん取れる金やプラチナですが、実際のところ、地球上の気圧や温度では、このような高密度の物質ができることは考えられないとされています。

出典:金は地球外生成物?

	
今日地球にある金とプラチナは、すべて外宇宙から来たものだそうです。

出典:地球の金とプラチナは、2億年続いた隕石群が届けたものだった...

金とプラチナがやってきたのは40億年前。巨大隕石のシャワーが地球を襲いました。その隕石の中に大量の金とプラチナが含まれていました。
金に代表される貴金属は、およそ39億年前に地球へ襲来した大量の隕石群がもたらした可能性がある。

出典:地球の金は隕石群が運んだ? | ナショナルジオグラフィック日...

	
隕石のシャワーは2億年も続き、それによって隕石に含まれていた金とプラチナが地球上に定着したのです。

出典:「宇宙からもたらされた鉱物」| コラム | COCORiLA(ココリラ)

	
地球に定着した金とプラチナは、地球のプレート移動によってマントルの中に攪拌し、再び陸地に鉱床としてあらわれました

出典: 金やプラチナは「隕石」が宇宙から運んできたものらしい! -...

	

twitterでは

金とプラチナは宇宙で作られている!?!?
	
金やプラチナは中性子星や銀河の衝突で作られるって話はたのしいよね。六畳間のこの部屋もこの世界の片隅も大宇宙世界の上に成り立ってるわけだ。
	
多くの人々にとって最も驚きだったのは、宇宙に存在する金、プラチナ、ウラン、水銀などの重い元素の大半がどこで生成されたかを、今回の観測データがついに明らかにしたことだ。
	
金、プラチナ、ウラン、水銀などの重い元素の大半が生成された場所が、宇宙には存在する。 月の地底には50キロにおよぶ空洞がある。
おもしろい。
	
重力波観測が
宇宙ひもの存在証明に有力であり、さらに、金やプラチナなどの恒星では作られない重い元素が作られるメカニズムを調べる一助となるってのは
かなりワクワクさせられる
	
 

補足

宇宙のどこで作られているの?

金やプラチナが産声を上げたのは、なんと今の宇宙で最も激しい現象といわれる中性子星どうしの衝突のときだというのです。

出典:金は地球外生成物?

この面白い仮説を打ち立てたのは、レイセスター大学のステファン・ロスワグ博士です。

中性子星

質量の大きな恒星が進化した最晩年の天体の一種である。
金やプラチナが産声を上げたのは、なんと今の宇宙で最も激しい現象といわれる中性子星どうしの衝突のときだというのです。

出典:金は地球外生成物?

この面白い仮説を打ち立てたのは、レイセスター大学のステファン・ロスワグ博士です。
中心密度が1cm3あたり1兆kgという超高密度な星です。角砂糖1個くらいの大きさで1兆kgなんてとても想像がつきませんね。

出典:クォークから中性子星の構造解明へ道筋 | 60秒でわかるプレス...

	
中性子星の合体により、金やプラチナなどの重元素が大量に作られたことが分かった

出典:金やプラチナ大量生成 中性子星合体の重力波観測で

	
米LIGOチームと欧VIRGOチームは、地球から約1億3000万光年離れた場所から届いた重力波を検出

出典:金やプラチナ、やはり中性子星の衝突からできていた - 光の偏りからも解明 - エキサイトニュース(1/2)

明るさの分析を行い、中性子星の合体が金やプラチナなどの重元素を生成していることを示唆する結果を得た。
1億3000万光年離れた宇宙で、2つの中性子星が合体し、
金やプラチナなどの重元素が、大量に作られた。

   内容...
	
【無料公開】宇宙空間、金やプラチナはどこで生まれたのか? 東北大、光の振動方向の偏り観測で「中性子星合体論」示す
	
三菱電機 from ME:DSPACE 「得体のしれないものを見た!」—重力波+光が初めて捉えた金・プラチナ誕生現場 
	

中性子って何だっけ?

中性子とは

原子核を構成する粒子のうち、無電荷の粒子の事で、バリオンの1種である
原子核を構成する中性の粒子。ニュートロンともいう。質量は 939.6MeVで,陽子の質量にほぼ等しく,電子の質量の約 1840倍である。

出典:中性子(ちゅうせいし)とは - コトバンク

	
原子核には陽子と中性子が詰まっています。陽子の数は、原子核の周りを回っている電子の数と同じです。

出典:第62号・陽子と中性子

もう一つの中性子とは何でしょう。これは、大きさや重さは陽子とほぼ同じなのですが、電荷を持っていない粒子です。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。