• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
驚愕『ワキ毛女子』ブームが遂に到来か!? わき毛フェチ垂涎の官能的【画像】最新版まとめ

驚愕『ワキ毛女子』ブームが遂に到来か!? わき毛フェチ垂涎の官能的【画像】最新版まとめ

Posted date:
Update date:2018年09月05日
驚愕『ワキ毛女子』ブームが遂に到来か!? わき毛フェチ垂涎の官能的【画像】最新版まとめ
いま巷で意外な女性パーツ人気というのがニュースになり始めました。それが「ワキ毛」です。「ワキ毛女子」と称する女性の事が好きという男性が増えているとか。
意外な感じがしますが、そもそも「わきフェチ」自体は非常に多いことから、それの派生形と言えるかもしれません。
今回はそんな男性のための垂涎画像を厳選してお届けしたいと思います。

「ワキ毛女子」好きは多い!? 意外な人気

女性のワキ毛に色気を感じている男性が意外にも多いことを知り、驚いたというフィフィ。

女性のワキ毛、意外にも需要はあるんですよね。以前、私が“ワキ毛女子”にまつわるツイートをしたところ、結構反応があって。好きな男性は少なくないみたいですね。生々しくて良い、色気を感じるとか言って。ただし可愛い子に限る、というのが何とも悔しいところなんですけど(笑い)。

おそらく重要なのは“ギャップ”や“”なんですよね。

女性が追求する美しさと、男性が求める色気とが相反するものである限り、たとえば団地妻だったり、四畳半から匂い立ってくるような生暖かい色気なんてものは、今後ますます幻想となってしまうでしょうね。

出典:欧米で巻き起こる「ワキ毛女子」ブーム 男性が求める女性の「...

	
 思えば、1952年に上映されたイタリア映画『にがい米』の主演女優、シルバーナ・マンガーノワキの下で揺れる細長い毛は、当時の日本人に衝撃を与えた。邦画でも、日活の看板女優と呼ばれた筑波久子や、“和製マンガーノ”と呼ばれた松竹の泉京子、また、現役国立大生としてAVデビューした黒木香は、世の男性に一大センセーションを巻き起こした。時として異性を引き寄せ、ブームとなるワキ毛。

 医学的な話をすれば、ワキにあるアポクリン汗腺は体温調節のための汗ではなく、異性を誘う“匂い”を出すのが役目だという。

出典:【画像】ワキ毛動画を投稿する女性が増加中 ワキ毛の機能を...

	

日本の芸能界で「ワキ毛女子」の草分けと言えば、やはり「黒木香」さんだろう。

わき毛フェチ垂涎の官能的【画像】最新版まとめ

出典:/ameblo

			

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
◆Pride of the Japanese◆

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」