• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
おいし過ぎ!庶民の味方の小魚のイワシ(鰯)

おいし過ぎ!庶民の味方の小魚のイワシ(鰯)

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
Update date:2019年03月09日
おいし過ぎ!庶民の味方の小魚のイワシ(鰯)
昔から安価で庶民の食卓の味方で家庭の魚料理の食材として重宝されてきて、おいしい多様なメニューに化けるイワシのご紹介まとめです。

イワシ(鰯)とは

イワシ(鰯・鰛・鰮)は、狭義には魚類ニシン目ニシン亜目の複数種の小魚の総称である。
日本で「イワシ」といえば、ニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシ計3種を指し、世界的な話題ではこれらの近縁種を指す。ただし、他にも名前に「イワシ」とついた魚は数多い。古くは女房語で「むらさき」とも呼ばれる。
日本を含む世界各地で漁獲され、食用や飼料・肥料などに利用される。
「イワシ」の語源については各説ある。陸に揚げるとすぐに弱って腐りやすい魚であることから「よわし」から変化したとの説(漢字の「鰯」がこれに由来したとする)のほか、「賎し」や貴族の食べ物ではない卑しい魚という意味で「いやし」に由来するとの説など諸説ある。
イワシを意味する漢字の「鰯」は国字であるが、中国で使用されることもある。中国語でイワシはおもに「鰮魚」もしくは英語の sardine を音訳した「沙丁魚」「撒丁魚」などと表記される。その他、ロシア語のイヴァシー (иваси) も日本語からの借用である。
食用以外にも魚油の採取、養殖魚や家畜の飼料、肥料などの用途がある。

出典:イワシ - Wikipedia

	
イワシは、海に隣接する領域をもつほとんどの文化において主要な蛋白源の一つである。日本では刺身、塩焼き、フライ、天ぷら、酢の物、煮付けなどにして食用とする。稚魚や幼魚はちりめんじゃこ(しらす干し)、釜あげ(釜あげしらす)や煮干しの材料になる。欧米でも塩焼き、酢漬け、油漬け、缶詰(アンチョビ)などで食用にされる。水揚げ後は傷みやすいので、干物各種・缶詰・つみれなどの加工品として流通することが多い。

おいし過ぎ!イワシ料理レシピの数々

刺身

ピカピカに光る新鮮なイワシのお刺身はこたえられない旨さです。

いわしカルパッチョ

新鮮なイワシが入手できた時だけの贅沢品ですね(足が速いので)。
26日 火曜日 11時オープン22時まで通し営業致します

●寒鰤そば 15食
●濃厚鰤つけそば 20食
●煮干し油そば 20食

イワシそば
イワシ丼
ぶり丼【鰤焼き霜造り】
チャーシュー丼

⚠️明日 水曜日はお休みです

本日も宜しくお願い致します?
	
イチゴ狩り?
イワシの刺身 ながらみのかき揚げ
九十九里ハーブガーデンの
ブルーベリーチーズパイ♪♪♪
いい1日だったなぁ〜〜????
	

おいしいイワシ料理動画ギャラリー

	
	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。