• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
破壊力抜群【小西真奈美】が魅せる美人女優の「癒し系」画像スペシャル #最新版 #かわいい #セクシー

破壊力抜群【小西真奈美】が魅せる美人女優の「癒し系」画像スペシャル #最新版 #かわいい #セクシー

Posted date:
Update date:2018年09月12日
破壊力抜群【小西真奈美】が魅せる美人女優の「癒し系」画像スペシャル #最新版 #かわいい #セクシー
ほんわかした癒しオーラが全開で、笑顔キュートすぎる美人女優として人気の「小西真奈美」さん。2018年には「全身緑」の姿でNHK朝ドラに登場して話題となったのも記憶に新しいところです。
長年第一戦で活躍する演技派名女優でありながら、そのヒーリングパワーは特筆するべき。
今回はそんな彼女の可愛すぎて美しすぎる最新版画像を厳選してお届けしたいと思います。

小西真奈美

本名	小西 真奈美

別名義	藤木 一恵
生年月日	1978年10月27日(39歳)
出生地	日本・鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)
身長	168 cm
血液型	AB型
職業	女優、歌手、ファッションモデル
ジャンル	映画、テレビドラマ、舞台
活動期間	1998年 -
事務所	エレメンツ

出典:小西真奈美 - Wikipedia

	

変幻自在の名女優として長年活躍中

98年、つかこうへい作品・舞台「寝盗られ宗介」でデビュー。以後、映画、舞台、TVドラマなどで活躍。02年、映画『阿弥陀堂だより』でブルーリボン賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞など、『のんちゃんのり弁』(09)で毎日映画コンクール女優主演賞、ヨコハマ映画祭主演女優賞など多数受賞。近年の主な映画出演作は、『振り子』(15)、『トマトのしずく』(17)など。

出典:映画「ミッドナイト・バス」公式サイト - 2018年1月より公開

	
映画『ミッドナイト・バス』予告編

小西真奈美が演じる厄年直前のフリーライターが、キャバクラへの潜入取材の仕事で「キャバ嬢」に挑戦する

小西真奈美が窪塚洋介扮する天才科学者に近づく謎の女を演じる

出典:YouTube

ココリコミラクルタイプ「猟奇的な彼女」
	
	
【ファブリーズ 布用】臭くなった息子

#ファブリーズ っ(≧∀≦)
可愛い娘っ😍と、面白い旦那さま😆
(息子は撮りそこねた〜💦)
毎回コント?かと思うくらいに笑いの絶えない現場っ
(๑˃̵ᴗ˂̵)
まだまだ色んなバージョン流れるのでお楽しみに〜🎶

#テレビ朝日#スミカスミレに#化け猫役^_^で登場しますっ🎶
お楽しみに〜(⌒▽⌒)

2018年には、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で見せた「全身緑」が話題に

半分、青い。今朝、初登場しましたよっ(//∇//)🍀👗
今後もお楽しみにっ(๑˃̵ᴗ˂̵)
見逃した方は土曜日のBSでぜひっ!
#朝ドラ
#半分青い
#小西真奈美
#グリーングリーングリーン
 小西は「半分、青い。」で、全身緑色の加藤恵子役で出演。長い黒髪がチャームポイントの小西が髪の毛まで緑色にした“キャラ変”が話題となっている。

出典:小西真奈美、うっかり朝ドラネタをポロリ… 「あさイチ」で大...

	

「歌手」としてもデヴュー。癒しボイスが人気に

17年9月、初めて全曲作詞・作曲を手掛けたオリジナルアルバム「I miss you」でiTunesのHIPHOPチャート1位を獲得。新たな活動の場を拡げている。

出典:映画「ミッドナイト・バス」公式サイト - 2018年1月より公開

	
小西真奈美
究極の癒し系ヴォイス、待望のメジャーデビュー!
女優・小西真奈美が本人名義としては初の歌手デビュー!
小西真奈美が歌う『トランキライザー』
	

#トランキライザーを歌った直後に、#KREVA先輩がカメラを持って登場!客席の皆さんと一緒にパシャリ😊
野音まで足を運んで下さった皆様、ありがとうございましたっ!
始まってから、緊張して手が震えちゃってた私には、あったかくて優しい声援、すごく嬉しかったです
(≧∇≦)
皆さんと一緒に、初めてのライブの夜を過ごせた事、ホントに感謝しています🌟
ありがとうございました〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ✨✨✨ 
またきっとお会いしましょうねっ💓

「癒し系」最新版 画像スペシャル

出典:YouTube

			

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」