• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
NEWS手越祐也「第二の未成年女性飲酒」発覚!

NEWS手越祐也「第二の未成年女性飲酒」発覚!

Author:
じいじい
Posted date:
NEWS手越祐也「第二の未成年女性飲酒」発覚!

NEWS手越「第二の未成年女性飲酒」泥酔バスツアーを女性が告白

今年6月13日、「週刊文春デジタル」が公開した動画「NEWS手越と未成年女性の『飲酒パーティー』動画」は、YouTubeで視聴回数250万回を超えるなど大きな反響を呼んだが、かつて、NEWSの手越祐也が未成年女性らとともに一日中酒を飲むという大掛かりなバスツアーを主催していたことがわかった。参加者の一人である20代OLのA子さんが告白した。

出典:手越祐也主催のバスツアーが判明 19歳含む女性らと1日中飲酒...

	
	
 
バスツアーに参加したA子さん ©文藝春秋

「手越君とは顔見知りだという女の子が何人もいました。なかには『手越君と関係を持ったことがある』とか『キスした』などと、自慢気に話している子もいました。驚いたのは、まだ19歳の未成年の女の子が、私の知る限り最低でも2人いたことです。その子たちは特に年齢を隠す様子はなく、女性たち同士の自己紹介で『年は19です』と、堂々と言っていました」(A子さん)

 その日、手越は知人女性ら約30人を集めてサッカー観戦をした後、全員で大型バスで奥多摩に移動し、夕方までバーベキューをしながら酒盛りをしたという。

 6月公開の動画では、未成年女性を含む複数人でカラオケパーティーに興じ、手越は先輩グループ「嵐」を揶揄する替え歌を披露していた。当時、ジャニーズ事務所は新たに判明した未成年飲酒について、「現時点での調査において、ご指摘のような事実関係は確認されておりません」と回答。手越については“お咎めナシ”だった。

 今年、「週刊文春」が6月14日号で報じた「NEWS小山慶一郎・加藤シゲアキが未成年女子に『飲み干せ!』音声」を受け、小山は謹慎処分、加藤も出演番組で謝罪するに至ったのは記憶に新しいが、手越は“レッドカード”を免れ、6月中旬、ロシア現地入りし、日本テレビ系のロシアW杯メインキャスターを務めたのだった。

 新たに発覚した未成年女性との飲酒など、ジャニーズ事務所に事実確認を求めたが、期限までに回答はなかった。

 泥酔バスツアーの詳細は、「週刊文春デジタル」にオリジナルスクープとして掲載。また、同チャンネルではバスの中ではしゃぐ手越の音声も収めた、A子さんの告白動画を公開している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

出典:手越祐也主催のバスツアーが判明 19歳含む女性らと1日中飲酒...

	

Twitterの反応

バスツアーってことは女の子いっぱいおんねんやろ?
まおそんなん行けへんわ
手越がほかの女の子と喋ってるの見るだけで嫉妬して死んでまいそう(笑)←
	
 
ええ未成年飲酒ツアー参加したかったよお?手越くん?酒ならたくさん飲むよー??
	
 
過去のスキャンダルを悪びれずネタとして話すのは駄目でしょ。手越くんに限らずNEWSって昔からそういうとこあるよね。そこは本当に嫌い。
	
 
手越ってなんでこんなに自由にされてて、いつもなにも処分がないの? 何回も載ってるのに。
	
 
悲しみの感情もなければ怒りの感情もない。なんかほんとに、無って感じ(笑)呆れてるってことなのか?もうよくわからんけどとりあえず手越クズ(笑)
	
 
手越と小山の商品価値どんどん下がる一方だね
自分を商品だって認識してない怖さだね
	
 
馬鹿だなーーーー手越!!!もーほんとそういうとこ!!!!!👊👊👊
	
 
手越の文春、唯一良かったのは文春コメントの「手越くんはとにかく人たらし。TV関係者で手越くんを悪くいう人はいない。悪くいうのは手越くんに抱かれた女か抱かれなかった女」という部分(´-ω-)ウム
	
 
手越って本当に小太郎のまんまだと思うんだよね。自分の弱さとかを隠すために、取り繕うために女の子を周りに置いて必要とされる自分を創り出してる気がする。ただ寂しいだけ。心から信頼できて手越の弱さを包んであげられる女性や親友がいないだけ。な気がする。
	
 
文春多分もっとヤバいの持ってると思うよ
だから今回お咎め無い場合はヤバいんじゃない?
どういう事かって、手越潰しで面白がってやってる気もするから手越が干されるまで無限ループ
今回のでお咎め無ければ次回はもっとヤバい爆弾落としてくるだろうね
	
 
以前もスキャンダルや不祥事が続いている手越裕也だが
ジャニーズ事務所やテレビ局は、稼ぎ頭である手越祐也たちをクビにすることは避けたい流れ。

今後どうなるのかに注目が集まります。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
じい

Sharetuber