• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
25歳で死刑になった山地悠紀夫とは

25歳で死刑になった山地悠紀夫とは

Author:
sicsic
Posted date:
25歳で死刑になった山地悠紀夫とは

山口母親殺害事件

山口母親殺害事件(やまぐちははおやさつがいじけん)は、後に大阪姉妹殺害事件を起こす事になる当時16歳の犯人が2000年7月29日、山口県山口市で当時50歳の母親の頭を金属バットで殴り殺害した事件である。

山地悠紀夫

事件の経緯

この事件の犯人となった少年の父親は様々な職を渡り歩いていたが、酒癖が悪くしばしば妻や少年に対し暴力を振るっていた。1995年1月に父親は肝硬変で死亡したが、その後は少年は母親と2人暮らしであった。少年は学校では目立たない存在で、友人も少なかった。小学生時代は、家庭科の教材費を支払うことが出来ず、それを理由に教師からは調理実習で作った料理を食べる資格がないと決め付けられ、作った料理をゴミ箱に捨てさせられたこともあった。中学校時代は少年は「悪魔」と呼ばれたこともあった。中学2年の頃から不登校気味となり、中学3年には3分の2近くを欠席し、修学旅行などの行事にも参加しなかった。
卒業後は高校へは進学せず(中卒)、しばらく就職先が見つからなかったが、知人の紹介で新聞販売店で働き始めた。だが母親には借金があり、取り立てに迫られたり、家賃や水道料金を滞納していた。生活保護も申し込んだが認可されなかった。6月になって少年は借金のことを知ったが、そのときには既にもうどうしようもないところまで来ていた。事件直前の7月27日と7月28日には仕事を初めて無断欠勤している。その際は同僚が迎えに行き28日の途中から出勤したが、夕方には「母親が借金している」と悩みながら同僚に話しかけていた。また母親には再婚話があり、同僚に対し「僕は邪魔者だから家を出る」とも話していた。
そんな中、2000年7月29日午後9時ごろ、少年と母親は口論となる。きっかけは少年が交際したいと考えていた女性の携帯電話に、母親が無言電話をかけたためであった。そのことを母親に少年は問いただしたが認めず、母親が少年に対し「出て行け」などと言ったことに腹を立て、借金の事も絡んで口論となり暴行を加えた。そして、頭に血が上った少年は金属バットで母親の頭と顔と胸などを殴り倒し母親を滅多打ちにし殺害した。大阪姉妹殺害事件では検事に対し母親殺害の際に射精した事を述べたが、これは「返り血を流すためシャワーを浴びたら、射精していたことに気づいた」ということであった。また、この事は母親殺害の際は調べに対し述べていない。7月31日午前1時頃、少年は「母親を殺した」と110番通報をする。山口署員は少年を殺人容疑で緊急逮捕した。
少年は自暴自棄で投げやりな態度が目立っていた。当初、少年は弁護士の選任を行うことを拒否していた。8月2日に県弁護士会から派遣された弁護士と接見した際にも「(弁護士は)必要ない。自分はどうなってもいい」という話をして接見室から出て行った。少年は8月21日に山口地検に「刑事処分相当」の意見書を付けられ山口家庭裁判所に送致され、山口少年鑑別所で調査を受けた。9月14日、山口家庭裁判所は「動機に酌量の余地があり、計画的な非行ではなく、家庭環境に大きく起因していることなどを考慮すべきだ」とし、「長期間の矯正教育を受けさせるのが適当であり、年齢的に見ても矯正は充分可能」として、中等少年院送致としたが、実際には充分な「長期間の矯正教育」は行なわたとはいえず、わずか3年2ヵ月で出所している。少年は9月14日の審判で「客観的に見て許されないことをしてしまった。母が抱えていたものをもっと説明してくれていれば、違う展開になったかもしれない」と語った。
2000年当時は西鉄バスジャック事件や大分一家6人殺傷事件など凶悪な少年事件がキレる17歳として話題になっており、その一環のなかで騒がれた。また、加害者・被害者の顔写真が流出しコミックマーケットでもばら撒かれた。だが、他の事件に比べ理由が「母親の借金で口論になった」というものであったため、当時はそれほど凶悪犯罪扱いはされなかった。

出典:山口母親殺害事件 - Wikipedia

	

大阪姉妹殺害事件

2005年11月17日午前3時40分頃、大阪市浪速区塩草のマンション4階のラウンジ従業員・A子さん(27歳)方で、室内の一部を焼く火災が発生し、A子さん、同居していた妹・C子さん(19歳)が血を流して倒れているのが発見された。
 2人は搬送先の病院でまもなく死亡、胸や顔などに多数の刺し傷があった。また500円玉貯金もなくなっており、当初、強盗殺人、またはストーカー殺人と見られた。

 2人の若い女性を殺害するというこの残酷な強盗殺人事件の容疑者として逮捕されたのは、住所不定・無職の山地悠紀夫(当時22歳)という男だった。鼻筋の通った、わりと整った顔だちだが、引かれ者の小唄なのか、再逮捕時の護送中にうすら笑いを浮かべる口元、そしてどこか暗さのある目つき。不気味さを感じさせる。山地こそ、5年前に母親を殺害したY少年である。

 山地は16日夜に現場のマンションと隣接する食品会社の壁にへばりついていたところをマンション住民に目撃されており、12月5日に建造物侵入容疑で逮捕、「寒さをしのごうとした」などと話していたが、同月中に犯行を自供した。 凶器のナイフ(刃渡り12cm)は供述どおり、マンションから約400m離れた神社の敷地内の、神輿や台車が収納されている2階建て倉庫で発見された。

 A子さんは会社経営に苦心する両親をサポートするため弟・妹の面倒をよく見て、また推薦で外語大に行けたのだが家庭の経済面を考慮して、それを断念する家族思いの女性であった。お金をためて、ブライダル関係の店を開きたいと考えていた。
 C子さんも友人が多く、働きながら介護へルパーを目指していた。年が明ければ成人式を迎える予定だった。事件前日には「お金がかかるから、成人式用の着物は要らないよ」と母親に話していたのだが、これが家族最後の会話となってしまった。2人の娘を失った遺族のショックは大きい。

 事件当日午前1時ごろ、店での勤務を終えたA子さんは、同40分頃に近くの別の店に勤める妹と待ち合わせて、自転車2台で一緒に店を出た。疲れて自宅に戻ったところを、山地に襲われた。

 山地は殺害した姉妹とは面識はなく、その動機について、「母親を殺したときの感覚が忘れられず、人の血を見たくなった」「誰でもいいから殺そうと思った」などと供述。世間を驚愕させた。

出典:山地悠紀夫事件

	

大阪姉妹殺害事件

			

少年のそれから

山地は2003年10月に岡山少年院を仮退院したあと、パチンコ店に住みこみで働いたが、友人を介して不正でパチスロの大当たりを出す「ゴト師」の元締めと知り合ってグループに加わり、そうした裏家業で生活をしていくようになった。
 ちなみに少年院の仮退院に関して、精神科の医師が更生に疑問を呈する意見を出したが、岡山県公安委員会はなぜか許可を出していた。

 2005年3月、そうした不正行為が発覚し、窃盗未遂容疑で逮捕され、起訴猶予となった。その後もゴト師を続けようとしたが、仲間から「仕事ができない」と見捨てられつつあり、「自分には向いていない」というようなことを言いはじめた。
 事件直前の11月11日から現場のマンション6階の知人宅に身を寄せていたが、14日にそこを出ていった。その後は凶器の発見された倉庫の1階で寝泊りしていた。

 事件前日の未明、姉妹の部屋だけが停電した。配電盤のそばにいる眼鏡をかけた男(山地)をA子さんが発見している。山地は姉妹の部屋を狙って電気を消していた。 
 ちなみに山地は事件前の3日間、マンションに現れ、「眼鏡をかけ、リュックを背負った若い男がうろついていた」と複数の住民に目撃されている。

 事件当日、山地はナイフ、ハンマーなどを持ち、現場のマンションに向かった。
 午前2時半ごろ、帰宅したA子さんの後を追い、部屋に押し込んで、部屋の奥まで引きずっていって、胸をナイフで刺し、強姦。10分後に帰ってきたC子さんの胸も刺し、陵辱した。
 山地はベランダに出て、タバコを吸った後、金品を奪い、証拠隠滅のためライターで火をつけ逃走した。事件の後、奪った小物入れを持ち歩き、ライターは黒いリュックに入れていた。

出典:山地悠紀夫事件

	

山地悠紀夫の発言

警察の調べに対し「母親を殺したときの感覚が忘れられず、人の血を見たくなった」「誰でもいいから殺そうと思った」と供述。

弁護士には「ふらっと買い物に行くように、ふらっと人を殺しに行ったのです」「生まれてこない方がよかった」と発言。

弁護人が差し入れたノートに「何のために生まれてきたのか、答えが見つからない。人を殺すため。もっとしっくりくる答えがあるのだろうか。ばく然と人を殺したい」と記す。

自分は、ここに収容されているような不良少年ではないと思います 岡山少年院にて

小学生時代、家庭科の教材費を支払えず、それを理由に教師から、調理実習で作った料理を食べる資格がないなどと決めつけられ、料理をゴミ箱に捨てさせられた。

出典:???????????ч※??STOP????В羆坂?篁吟??菴純??

	

裁判

加害者は住居侵入、強盗殺人、強盗強姦、銃砲刀剣類所持等取締法違反、建造物侵入、非現住建造物等放火の罪で起訴され、2006年5月1日に大阪地方裁判所で初公判が行われた。初公判で加害者の供述が検察により読まれたが、その内容は「刺す度に性的興奮が訪れた」という内容であった。
5月12日、第2回公判が開かれたが、被告人質問で加害者は「人を殺す事と物を壊す事は全く同じ事」と述べた。母親殺害との関連性についても質問されたが「自分では判断できない」と答えた。
6月9日から10月4日まで精神鑑定が実施されたが、10月23日に裁判長の並木正男は、アスペルガー障害を含む広汎性発達障害には罹患していないと判断し、検察側の「人格障害(非社会性人格障害、統合失調症質人格障害、性的サディズム)である」とする完全な責任能力を認める精神鑑定書を証拠として採用した。
10月27日の第10回公判では、法廷に2万2796人分の死刑を求める嘆願書が提出されたが、加害者は検察官に「どう思う」と問われても「何も」としか答えなかった。11月10日午後、弁護側の最終弁論公判の最後に裁判長から意見陳述を促されたが、これに対し加害者は「特に何もありません」とだけ述べ結審する。
2006年12月13日午前、大阪地裁(裁判長:並木正男)において、死刑判決が下された。死刑判決の瞬間も、加害者はまっすぐ前を見据えたまま微動だにしなかった。加害者は自分の存在について、弁護人が差し入れたノートに「何のために生まれてきたのか、答えが見つからない。人を殺すため。もっとしっくりくる答えがあるのだろうか。ばく然と人を殺したい」と記している。判決後「控訴する考えはない」と弁護人に話していたが、12月26日弁護人権限で控訴する。本人は接見中「生まれてこない方がよかった」などと話していたという。その後、2007年5月31日付で加害者本人が控訴を取り下げ、死刑判決が確定した。
2009年7月28日、大阪拘置所にて加害者である死刑囚の死刑が執行された。執行時の年齢は25歳であった。20代の死刑囚に対する執行は1979年に執行された正寿ちゃん誘拐殺人事件の死刑囚(死刑執行時29歳)以来30年ぶりであり、25歳での死刑執行は1972年に執行された少年ライフル魔事件の死刑囚以来37年ぶりであった。
また、死刑判決確定から2年という短期間での執行は、同日に執行された自殺サイト殺人事件の加害者同様に、他の死刑囚と比較して早期の執行である。

出典:大阪姉妹殺害事件 - Wikipedia

	

山地悠紀夫の最後の手紙

私の考えは、変わりはありません。上告・上訴は取り下げます。この意志は変えることがありません。判決が決定されて、あと何カ月、何年生きるのか私は知りませんが、私が今思うことはただ一つ、私は生まれてくるべきではなかったという事です。今回、前回の事件を起こす起こさないではなく、生そのものが、あるべきではなかった、と思っています。いろいろとご迷惑をおかけして申し訳ございません。さようなら

出典:???????????ч※??STOP????В羆坂?篁吟??菴純??

	

山地悠紀夫の最後の言葉

死刑でいいです・・・・・

出典:「死刑囚、最期の言葉」とその背景:DDN JAPAN

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic