• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「時効寸前で逮捕!」松山ホステス殺害事件を起こした福田和子とは

「時効寸前で逮捕!」松山ホステス殺害事件を起こした福田和子とは

Author:
sicsic
Posted date:
「時効寸前で逮捕!」松山ホステス殺害事件を起こした福田和子とは
松山市で友人のホステスを殺害した福田和子(かずこ)は、この後整形手術で顔を変え、日本各地を転々としながら警察の捜査をかわした。逃走期間は約15年間に及ぶが、時効寸前に市民からの通報で逮捕される。 

松山ホステス殺害事件 概要

1982年8月19日に愛媛県松山市のマンションでホステス(当時31歳)が元同僚のホステスであった福田和子に殺害され、福田和子とその夫がマンションから家財道具を運び去って逃亡。家財一式が奪われたうえに、遺体が松山市内の山中に遺棄された強盗殺人及び死体遺棄事件である。 もともとは被害者に会うために松山に向かったのではなく知人に会うためであったが不在であった。
この事件で注目されたのが、犯人の福田和子が整形手術を受けたうえで当時の殺人罪の公訴時効である15年(延長を経て、現在は無期限)直前まで逮捕されず逃亡したことであり、マスコミ報道を見た市民による通報で逮捕されると言う劇的な幕切れを迎えたことであった。
事件当時、和子には夫と4人の子がいた。
殺害後、夫は和子に自首を勧めたが拒み、夫も死体遺棄の共犯で逮捕された。 被害者宅の家財道具は一式、和子が松山市内に借りたアパートに運び込んでいる多くの目撃証言があり、松山東警察署は強殺事件として捜査を開始した。
犯行4日後、和子は松山駅から急行列車と宇高連絡船で本州に逃亡、大阪経由で金沢市に15年にも及ぶ当て所ない逃亡生活を始める。逃走資金は60万円ほどであった。
和子は早速、金沢市内で求職するも30歳という年齢から飲食店関係に採用されなかったが、不採用であったスナックに飲みに行き情の深い経営者に採用された。 採用2日後、整形手術を受けるため上京した後、店に戻り、そこで市内の和菓子屋の店主と知り合い交際し内縁関係となる。 3代続く老舗和菓子屋を切り盛りし、店の売り上げも相当に伸びたという、また親戚と偽り実子を呼び寄せ店で働かせている。
3年後、指名手配書が全国に貼られ、和菓子屋の家族も和子の素性を疑い始め通報、店の知人の通夜の手伝い中に金沢中警察署員が斎場に急行したが、それを察知した和子は自転車で逃走し、名古屋市に向かう。市内のラブホテルで住み込みの客室係として採用される。しかし、たまたま名古屋の緑警察署に運転免許の更新に行った同僚が指名手配写真を見て、和子に自首を勧めたため逃亡、市内の別のラブホテルの面接を受けたが、その際、顔写真と、雇用契約の拇印をとられたため1988年5月13日名古屋市から離れ福井市に現れ、求職し住み込みでホステスをする。 1992年大阪市内の売春宿に移るが、すぐに辞める。 松山東警察署は、公訴時効が迫ってきていることに焦り始め、手配写真入りのテレフォンカードの配布、肉声の公開、懸賞金100万円という近代警察史上前例のない捜査手法を採用した。

出典:松山ホステス殺害事件 - Wikipedia

	

福田和子15年間の逃亡生活

時効までの15年近く日本各地を転々としていた福田だが、潜伏生活の中で最も大胆だったのは石川県根上町の和菓子屋の後妻(婚姻せず。事実上の内縁関係)の座に納まっていたことである。

金沢市のスナックで働いていた福田はその店の客だった和菓子屋の主人に見初められて同棲するようになり、店も手伝うようになる。福田は非常によく働き接客も得意だったことから店は忽ち評判となり、新しく改装するほどの繁盛店となった。和菓子屋の主人は福田を大層気に入り、正式に結婚を申し込むが、福田は正体の判明を懼れ結婚を渋る。

余りに結婚を渋る福田の態度に不審を抱いた親戚が警察に通報、警察は福田の逮捕に向かう。しかし当日、近所の葬式の手伝いに出掛けていた福田は警察の行動を素早く察知、咄嗟の判断で近くにあった自転車に乗り逃走。逮捕は失敗する。このとき警察は福田が整形手術を行っていた事実を初めて知り、当時の週刊誌でも取り上げられた。

その後も捜査網を巧みに潜り抜け逃亡を続けるが、1997年福井市内に潜伏中、行きつけのおでん屋のママと常連客の通報が切掛けとなり、逮捕。逮捕成功に繋がった情報の提供者に懸賞金が支払われた。

懸賞金は慈善団体に寄付が為され、また逮捕現場となったおでん屋は区画整理により取り壊され現存していない。

出典:カミカゼニュース : 福田和子(逃亡15年時効寸前に逮捕)

	

福田和子(逃亡15年時効寸前に逮捕)

福井署は1997年7月29日、昭和57年8月、愛媛県松山市内のマンションで同僚のホステスを殺害したとして、愛媛県警から殺人容疑で指名手配されていた松山市生まれ、住所不定、元ホステス、福田和子容疑者(49)を福井市内の飲食店で発見、逮捕した。

 同容疑者は指名手配直後、顔を整形、偽名を使って15年近くにわたり逃亡生活を続けていた。8月19日午前0時の時効成立まであと21日だった。

 同署によると、今月24日「福井市内の飲食店に出入りしている女性客が手配中の福田容疑者に似ている」と、同店の男性客(59)から届けがあった。29日午後2時ごろ、同じ飲食店にいるとの情報があり、同日夕、店から出てきた福田容疑者に任意同行を求めた。

 事情聴取に対し、福田容疑者は当初「ナカムラユキコ」と名乗り、指紋採取を拒否。否認していたが、手配指紋が一致し、容疑事実を認めたため、同6時40分逮捕した。

 任意同行時には酒を飲んでいた。抵抗はせず、オレンジ色の上着、白のタイトスカートに、小物入れのバッグを所持。金、銀二本のネックレスを着け、赤茶色に染めた頭には白いバンダナを巻いていた。手配写真より少しやせていたが、疲れた様子はなかったという。

 調べによると、福田容疑者は57年8月19日午後、松山市のホステス、安岡厚子さん=当時(31)=のマンションで安岡さんを絞殺した疑い。遺体は翌日、同市郊外の山中に埋めたとされるが、死体遺棄容疑は既に時効が成立している。

 愛媛県警は犯行後に安岡さんの家財道具や預金通帳を奪い、大阪市内で現金59万円を下ろしていることから、強盗殺人容疑に切り替え追及する方針。30日早朝にも福井署から松山東署に身柄を移し、本格的に調べる。

 福田容疑者は、金沢市のスナックでホステスとして働き、60年9月ごろ、知り合った和菓子店主と同居。63年2月から、名古屋市内のラブホテルに住み込みで働き、同5月に「下呂温泉に行く」と言い残したのを最後に足取りが途絶えた。

 国内の犯罪捜査では、初の「懸賞金」100万円が愛媛県警察協会によって掛けられ、同容疑者をモデルにした小説が出版されるなど、逃走劇は全国的な話題となった。

出典:福井県の速報、総合ニュースサイト | 福井新聞ONLINE | 福井...

	

松山ホステス殺害事件【福田和子】

			

福田和子の生い立ち

1948年(昭和23年)、愛媛県松山市に生まれる。
幼くして両親が離婚し、母親に引き取られ愛媛県川之江市(現四国中央市)に移る。母親は自宅で売春宿を経営していた。その後母は漁師と再婚し来島に移るが島の排他性に耐え切れず母子で今治市に移る。愛媛県内の高校に入学するものの交際中の同級生が事故死し、自暴自棄になり3年生の1学期に退学。
18歳のときに同棲していた男性と高松市の国税局長の家に強盗に入った罪で松山刑務所に服役中の1966年(当時18歳)、第1次松山抗争で逮捕された郷田会の関係者が看守を買収し、女性受刑者を強姦するという松山刑務所事件が起き、福田はこの事件で被害者となった。さらに、福田は移監された高松刑務所でも同様の被害に遭っているが、いずれも被害届を出すことが認められなかったため、公訴時効により事件の責任追及は行われなかった。

出典:

	

刑務所に収監された頃の手紙

私の弱さのせいで男性にたよったこともありますし
お酒も強くなりました。
逃亡中にもかかわらず
ぜいたくな生活もしたこともあります。
でも表面だけしかみられてないことが
とても悲しいのです。
どんな高級品を身につけても
心の渇きや叫びがいやされるものではありません。
私は一人っ子で育ったのですが
ははは商売に力が入っていて欲しいものは不自由なく
買ってもらえたけれど心は空虚でした。
だからね。結婚したらたくさんの子供を生んで
にぎやかな家庭を夢見ていたのですが
どこかで歯車が来るってしまって
こんな数奇な人生を送ってしまった。
何もかもなくしてしまったし
真実の愛もみつけられなかった。

出典:解禁!暴露ナイト|松山ホステス殺害事件!故・福田和子・直...

	
これが私の調書にかかれているもので
私の言い分なんだけれど
検察側からは私がもう以前から売れっ子の○○さんに
売れないホステスの私がしっと心を起して計画をして
お金や家具をうばう決心をしていたといわれている所なのよ。
本当にため息がでます。
私はとても売れないホステスで○ちゃんに
嫉妬していたように疑われるし
調書でもいかにもそのように書かれている。
何故私をそんなに売れないホステスに
仕立てなければいけないのかとても疑問です。
又マスコミや本などでもそのように
書かれているでしょう。
○○○のマスターもママも
私がナンバースリーだったことは
わかっているはずなのに~。
こうして周りの人達の嘘が
少しずつ積みあがって私は魔女になる(笑)

出典:解禁!暴露ナイト|松山ホステス殺害事件!故・福田和子・直...

	

松山刑務所事件

この事件は、第1次松山抗争で大量に逮捕された暴力団関係者が、刑務所の看守を買収した事件である。この汚職事件は1人の看守が、入所前から顔見知りであった本郷組関係の被告人に頼まれ、不正に手紙を投函し礼金を受け取った事がきっかけで起こった。この行動により施設の職員は軽くあしらえる人ばかりだと判断した囚人たちは、刑務官を脅迫、暴行する事態となった。
組員らは所内の鍵を使用し拘置所内を自由に歩き回る事が可能となり、飲酒、喫煙、花札賭博、領置金の脅し取り、女性囚人の強姦を行い、さらに看守も組員の仲介で女性囚人と関係を持つなど、拘置所はまさしく暴力団による無法地帯と化してしまった。この事件では、出所後の1982年に松山ホステス殺害事件を起こすことになる福田和子が強盗罪で服役中に強姦被害者となっている。
この問題は国会にも取り上げられ、1966年6月と7月、副看守長2人が自殺し、これでこの事件は一応の終息を見ている。

出典:松山刑務所事件 - Yourpedia

	

福田和子受刑者、3月に病院で死亡

【2005年8月26日】 強盗殺人罪で無期懲役の判決を受け服役中だった福田和子(ふくだ かずこ)受刑者が、2005年3月に和歌山市内の病院で死亡していたことがわかった。8月26日、複数の報道機関が伝えた。福田受刑者は、1982年のホステス殺害・死体遺棄事件で指名手配を受けたが、その後15年に渡り逃亡し時効成立直前に逮捕された。
報道を総合すると、福田受刑者は2005年2月、収監先の和歌山刑務所で倒れ、和歌山市内の病院に搬送され緊急手術を受けたが、意識は戻らず、3月10日に脳梗塞(のうこうそく)で死亡したという。57歳だった。

出典:福田和子受刑者、3月に病院で死亡 - ウィキニュース

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic