• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
胸糞注意!クラブきっず事件の渡邉敏郎とは?

サムネイル出典:探偵ファイル

胸糞注意!クラブきっず事件の渡邉敏郎とは?

Author:
sicsic
Posted date:
胸糞注意!クラブきっず事件の渡邉敏郎とは?

サムネイル出典:探偵ファイル

クラブきっず事件(クラブきっずじけん)は、東京都羽村市の公立小学校で教諭として勤務していた男(逮捕当時33歳)が多数の児童を盗撮し、また個人的に収集していた死体の写真を「クラブきっず」と題する個人のサイト(閉鎖)で公開していた事件。

概要

男は東京都教育委員会に小学校教諭として採用され、2000年に小笠原村の小学校へ赴任するがこの頃より児童の着替えを盗撮するようになった。また、同時期に「クラブきっず」と題する個人サイトを開設し、主に交通事故や犯罪に巻き込まれて死亡した児童の写真を掲載していたが、その写真の多くは遺族が事故や事件の再発防止を願って開設していたサイトから盗用したもので、写真には児童の死を嘲笑・侮辱するような内容のコメントが数多く添えられていた。また、2004年12月26日のスマトラ島沖地震で津波が発生し多数の死傷者が出た際には現地へ赴き、死体を撮影してサイトに掲載していた。

2006年に入り、複数人の遺族に対して匿名で写真が掲載されたサイトの存在を知らせるメールが送り付けられ、問題が表面化。これとは別に、2000年11月に岩手県二戸市で発生した軽トラックが登校中の小学生の列に突っ込んで1名が死亡した事故の現場写真が岩手日報のニュースサイトから無断転載したものであることが外部から岩手日報社への通報で発覚している。

同年6月、名古屋市在住の遺族が開設していたサイトの写真を無断転載した著作権法違反容疑で愛知県警が男の事情聴取を行うと共に、自宅や勤務先である羽村市の小学校を家宅捜索。9月に同容疑で書類送検され、30日付で休職。これを受けて、12月に複数の遺族が共同で著作権法違反・侮辱(刑法231条)・児童ポルノ禁止法違反の各容疑で警視庁に告訴状及び告発状を提出し、警視庁少年育成課は2007年2月7日に男をこれらの容疑で逮捕。これを受けて東京都教育委員会は3月19日付で男を懲戒免職処分とした。また、男が「三度の飯より子供の死体」のハンドルネームで出入りしていた別のアングラサイトも事件の煽りを受ける形で閉鎖された。

取り調べでは、遺族に匿名でサイトの存在を知らせるメールを送り付けていたのが男の自作自演であったことが判明すると共に2005年、サイトの閲覧者に児童ポルノ画像を提供していたことも明らかになった。7月5日、東京地方裁判所は男に対し懲役2年6月・執行猶予5年の有罪判決を言い渡す。男の側は控訴せず、大型二種免許を取得してトラック運転手に転職した。ところが、2008年6月3日に世田谷区の小学校グラウンド内へ侵入して児童を盗撮していた所を保護者を識別するリボンを身に付けていないことを不審に思った職員に発見され、建造物侵入容疑で現行犯逮捕される。取り調べにより、執行猶予期間中にも関わらずこれ以外にも2度にわたり小学校へ侵入し、盗撮を繰り返していたことも発覚した。

12月15日、東京地方裁判所は執行猶予中の犯行であることを重く見て懲役10ヶ月の実刑判決を言い渡した。

出典:クラブきっず事件 - Yourpedia

	

「クラブきっず」の管理人こと東京都羽村市の小学校教諭 渡邉敏郎(33)

			

クラブきっず

遺族のサイトにある画像や、外国のグロHPにある画像、自分で撮った写真
(自分の小学校や、わざわざスマトラ沖へ子供遺体写真を撮りに行ったもの等)と、
遺族の感情を逆なでするようなコメントを組合し、作られたHP。
一部文章抜粋↓(気分を害するような表現も含まれていますので、嫌いな人は見ないでください)

この子が尿を出して訴えた、「絞殺の苦しさ・むごさ」のメッセージを真摯に受け取って心に刻み、このような
悲しい最期をとげる子どもを、少しでも減らすことで、亡くなったお子さまの尊い犠牲に報いたいと思います。
そういえばこの写真…
奥から、「A香ちゃんのご遺骨」、「A香ちゃんのご遺影」
「大好きだったポケモングッズ」、「A香ちゃん死亡時のお洋服」など、
貴重なものがたくさん写っていますが、もしかしたら、このお部屋で
か細い首を「ギューギュー」と絞められてしまったのかもしれませんね。
G憲くんが、手足や全身をバタつかせながら、必死に助かろうとする姿や
グッタリと力尽きて生温かいオシッコが流れ出てくる様子を、A香ちゃんの
ご遺影とピ●チュウたちが、優しいまなざしで見守っていたのでしょうね。
(あれ? 左下になんだか尿失禁のようなシミが・・・気のせいかな?)

出典:#探偵ファイル/スパイ日記

	

事情聴取

愛知県警が今年6月、著作権法違反容疑で教諭の自宅を捜索、8月には教諭から事情聴取されており、
羽村市教委もこの事実を把握していたが、HPが既に閉鎖されていたことなどから、「日常の勤務態度や指導に特段の問題は見られない」として、先月末まで小学校でそのまま勤務させていたという。

出典:#探偵ファイル/スパイ日記

	

渡邉敏郎

渡邉敏郎

			
この教諭、「報道特集」のインタビューに対して

「そういう(自分の性癖をウェブで表現した)形とも言える」「楽しい楽しくないというよりも高揚感というかトランス感と言うか…」
と、自分の性癖をウェブで表現していることを認めた上で、

「教職に就くときに、自分の性癖を満たすというところがあった?」
という問いに対しては、

「ゆっくり考えてみないとはっきりとは…」
と、口を濁すばかりだった。

この教諭、実は02年に大手コンピューターメーカーが主催する「単元プランコンテスト」で「優秀賞」を受賞している。この授業プランは、村にある店をデジカメなどで取材し、パワーポイントでまとめて発表する、というもの。当時この教諭は、ホームページと行事での撮影を担当し、ネット社会でのモラルについても教育する役割だったという。

この教諭、自分のスキルを、とんでもない方向に悪用していたようだ。

出典:子供の「遺体」「裸」「失禁」 教諭が楽しんだ不気味サイト -...

	
数々の奇行

・女子トイレに勝手に侵入
・カメラを常に持ち歩き、生徒を勝手に撮影
・屋上に女児を連れ出し太ももを触る(抵抗すると太ももをビンタ)
・オシッコなど子供の排泄物に異常な執着心
・児童死体専門ページ「クラブきっず!」を運営(すでに閉鎖)
・交通事故死した子供の生前の写真を勝手に使用
・交通事故死した子供の遺族に自分のページの存在を知らせるメールを送る
・離島赴任時撮影した水着姿の児童の写真をサイトに掲載
・親父は警察幹部で2000年に逮捕、有罪
・現在実家からは勘当されている

出典:?ϑԋ??t?@?n糕q?Y

	

渡邉敏郎の父親

渡邉敏郎の父親

渡辺泉郎元神奈川県警本部長は警察大学校長を最後に退職(1999年2月)。その後、NKK顧問に天下っていた。
2000年5月29日、横浜地裁で「犯人隠避」の罪により、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受ける(確定)。
注:渡辺泉郎の天下り先はNHKではなくNKK(現:JFE)である。

懲役2年6月

渡邉敏郎

			
東京都教育委員会は、裸の児童の写真をホームページに掲載したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕、そして起訴された羽村市立松林小教諭の渡辺敏郎被告(33) を、2007年3月19日日付で懲戒免職処分にした。渡辺被告は交通事故の犠牲者6人の生前の写真を、遺族が作ったホームページなどから無断転載し、遺族への侮辱とも取れる説明を付けていたとして、著作権法違反容疑でも再逮捕されている。


渡辺被告は昨年12月6日に遺族が感情を著しく害したとして、刑法違反(侮辱罪)、ならびに、猥褻な画像を掲載していたとして児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で告訴されている。渡辺被告は2007 年2月7日に児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで逮捕され、今月23日に初公判が開かれた。同容疑者は「クラブきっず」(2000年ごろ開設)というウェブサ イトを作成しており、ここに交通事故で子どもを亡くした遺族のウェブサイトから16枚ほどの写真を無断転載した上に、遺族の感情を傷つけるコメントを掲載していたとして、遺族が侮辱容疑の告訴状を昨年末に警視庁に提出している。彼は「クラブきっず」掲載の交通事故死の子どもの写真について立件するのは困難と判断した。
被告の元勤務地、小笠原小学校の金子和明社長は同校のHPは被告によって制作されていて問題になった「くらぶキッズ」サイトのレイアウトが似ているということで報道がでる前の昨年12月2日に閉鎖した。

性器が写っていないことから児童ポルノ罪などでは罪は償わない。しかし、渡辺被告がHPにアクセスしてきた兵庫県の男子高校生2人に対して、自ら撮影した5~12歳とみられる男児の写真などをメールで送ったとする、児童ポルノ違反(提供)容疑で逮捕に踏み切った。同ウェブ サイトとは別に、被告本人が撮影したと思われる児童ポルノの画像2枚を05年8月30日ごろ、兵庫県に住んでいる高校生2人に電子メールに添付して渡した疑いでの逮捕となった。 

児童買春・児童ポルノ禁止法が制定されたのは1999年。2004年の改正で、販売などの目的がなくても、児童のわいせつな画像を交換し合う行為も処罰の対象に加わ り、摘発件数が増えた。警察庁によると、昨年の同法違反のうち児童ポルノ関連の摘発件数は616件。うち、ネットがらみのものは250件と、前年の倍近く に増えている。小1女児誘拐殺人事件があった奈良県だけが、13歳未満の子どものポルノ画像の「所持」を条例で禁止している。警察庁情報技術犯罪対策課によると、ウェブメールを使うなどすると匿名性が高まり、容疑者の特定が難しくなる。ネット上では複製が容易なため、児童ポルノが大量に拡散する恐れもある。同課は「取り締まりだけでは必ずしも十分ではなく、源を断つ必要がある」と警告する。

出典:

	

有害児童ポルノをなくす努力

児童ポルノを含む違法・有害サイトの対策は、民間でも進みつつある。 昨年6月、警察の委託を受け、ネット上の違法・有害情報を受け付ける「インターネット・ホットラインセンター」ができた。今年4月までに受理した違法情報のうち、児童ポルノの公然陳列にあたると判断したものは1124件にのぼった。 違法と言えないものの、愛好者が隠語で「ここに炉(児童ポルノ)がある」などと情報交換している有害サイトも少なくないという。 しかし、情報が寄せられたサイトの約45%は海外のプロバイダーが使われていた。各国の対応が異なるため、捜査もプロバイダーへの削除要請も格段に難しくなる。センターは197件についてプロバイダーに削除依頼をしたが実際に削除されたのは7割程度。何度要請しても応じないケースや、仮にHPが削除されても開設者が再び立ち上げたり、別のプロバイダーで再開したりするケースも後を絶たない。 まさに「いたちごっこ」である。渡辺被告も、三つのプロバイダーと契約し、同内容のHPを同時に運営する「ミラーサイト」という手法を使って、一つが閉鎖されても他のプロバイダーを使って閲覧できるように するためだった。しかも、渡辺被告が契約していた都内のプロバイダーは「閉鎖しても、同じ人が再度開設することを制限してない」という。 同センターのアナリスト、富永高史さんは言う。「元データがあれば開設し直すのは簡単。まさにいたちごっこだ」 

出典:

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic