• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学まとめ】40分で終了した戦争がある

【雑学まとめ】40分で終了した戦争がある

Author:
MATANMATAN
Posted date:
【雑学まとめ】40分で終了した戦争がある

調べてみました

その戦争は、イギリス・ザンジバル戦争

その名の通り、イギリスとザンジバルという国が戦争しました。
歴史上最も短い戦争はわずか40分で終了した

出典:面白い雑学!歴史上最も短い戦争はわずか40分で終了した!? ...

	
その歴史的なスピードで終了した戦争は、1896年に起きたイギリス・ザンジバル戦争といいます!

出典:戦争の雑学、歴史上最も短い戦争はわずか40分で終了した | 雑...

	
40分で終戦した戦争は1896年8月27日イギリス・ザンジバル戦争。

出典:【 雑学 】 - 歴史上わずか40分で終了した戦争があった?...

ザンジバルはアフリカ東海岸のインド洋上にある国。
イギリス軍の攻撃開始から、わずか40分でカタがついているのです。これでも一応「戦争」扱いになっているため、ギネスブックに「史上最短の戦争」として登録されたのでした。

出典:【歴史】世界一短い戦争はたったの40分! 最長で2000年以上続...

	
イギリス・ザンジバル戦争。1896年8月27日9時に戦争が開始され、40分後に終了した。

出典:世界一の一覧 - Wikipedia

	

圧倒的な戦力差があった

イギリスの軍艦5隻内3隻は、最新式巡洋艦に対しザンジバルは、わずか1隻の「グラスゴー」だけだった。しかも、その1隻は老朽化した貨物船を改造したものである。
開戦後、イギリス軍の砲弾2発でグラスゴーを沈めたのち、ザンジバル側の宮殿を崩壊、40分後にはイギリス側の砲撃は終了し、結果イギリスの勝利で戦争は終了

出典:歴史上最も早く終わった戦争とは

	
イギリス海軍はガルバッシュ軍を攻撃するのです。勝ち目がないと判断したガルバッシュ軍!すぐにドイツの領事館へと非難するのです。

出典:たった45分で終了した戦争がある!

	
最後通牒の猶予時刻を過ぎた1896年8月27日午前9時丁度に砲撃命令が下り、EAT午前9時2分から宮殿を標的としたイギリスの集中砲撃が始まった。グラスゴーは途端に沈没、スルターン宮殿は崩壊、犠牲者の数は拡大し、バルガシュは避難所と考えていたドイツの領事館へ早々と撤退した。砲撃は開始時刻の9時から40分後に終了した。

出典:【今日のトリビア】40分間で終わった戦争がある - 蒼のモノリス

	
グラスゴーは途端に沈没、スルターン宮殿は崩壊、犠牲者の数は拡大し、バルガシュは避難所と考えていたドイツの領事館へ早々と撤退した。

出典:歴史上一番短い戦争 | 雑学記

	

twitterでは

【ねぇ、知ってる?】
歴史上最も短い戦争は、1896年に起こったイギリス・ザンジバル戦争で、その時間はわずか40分だった。
	
・イギリス・ザンジバル戦争 世界史上最も短い戦争。1896年8月27日9時に戦争が開始され、40分後に終了した
	
~(=^‥^)ノ☆ おはよぉニャ!1896年の今日、イギリス・ザンジバル戦争。イギリスがザンジバル・スルタン国をわずか40分の戦争で破る。世界最短の戦争(^_^;)
	
イギリスザンジバル戦争という戦争があってだな
なんと40分で終戦したそうだ
	
歴史上最も長く続いた戦争は335年戦争というもので、オランダとシリー諸島で1651~1986年の335年間続いた戦争 被害者は全く出さず一度も銃声が鳴らなかった戦争でもある
歴史上最も早く終わった戦争はイギリスザンジバル戦争というもので1896年にわずか45分で終わったという
	
>イギリス=ザンジバル戦争
>歴史上世界で最も短い戦争とされる。ほぼ丸腰でイギリスに挑んだ原住民は、次々と銃殺され、わずか40分(9:00~9:40)で戦争は終結した。

こんなん草生えるに決まってる
	
40分で終わると思います
(イギリスザンジバル戦争)
	
1896年8月27日、イギリス・ザンジバル戦争が勃発する。保護国であったザンジバルのクーデターに対し英国海軍は5隻の軍艦で午前9時に砲撃を開始、40分後にはスルタンの宮殿が倒壊した。
戦闘自体が40分しか継続しなかったため「史上最短の戦争」としてギネスに記録されている。
	
イギリス・ザンジバル戦争って知ってるか? 1896年8月終わりにイギリスとザンジバル・スルタン国間で起こった戦争だ。 戦争自体が僅か40分間しか継続しなかった、歴史上一番短い戦争としてギネスに記録されてるんだ。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。