• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<必読> 「隠された731部隊の秘密」  あの忌まわしき731部隊(中国で戦時中生物兵器を開発した)が今日の日本医療の原点・・・そして、あの小保方事件でSTAP細胞をアメリカに売り渡した理研の前身

<必読> 「隠された731部隊の秘密」  あの忌まわしき731部隊(中国で戦時中生物兵器を開発した)が今日の日本医療の原点・・・そして、あの小保方事件でSTAP細胞をアメリカに売り渡した理研の前身

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<必読> 「隠された731部隊の秘密」  あの忌まわしき731部隊(中国で戦時中生物兵器を開発した)が今日の日本医療の原点・・・そして、あの小保方事件でSTAP細胞をアメリカに売り渡した理研の前身

日本の医療の原点 731部隊の関係者のその後の職業・役職 及び厚労省との関係 フクシマと731部隊

731部隊のその後を見ると 日本の医療とはなにか見えてくる。予研(国立予防衛生研究所)とミドリ十字のいかがわしさ。そして大学・製薬会社のいかがわしさ。

出典:http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/90e97c98c41ef8b57b4a0158066a0caa

	

ミドリ十字と薬害エイズ ⇒ミドリ十字解体後 社員は武田薬品に戻った。

731部隊は3000人もの医師たちが関わって 中国で細菌戦と人体実験をしていた。妊産婦 子どもも例外ではなかった。(武田薬品からの出向が多かった)

終戦時に特別列車で日本に帰った石井四郎ら幹部は、実験資料を金沢市に保管、千葉の石井の実家にも分散して隠し持っていた。戦後、石井は連合国軍による戦犯追及を恐れ、病死を装い、千葉で偽の葬式まで行い行方をくらます。

1947年1月、東京裁判ソ連側検事のヴァシリエフ少将が石井らの身柄の引渡しを要求。同年2月10日に、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)内のアメリカ政府の関係者は本国政府に対して「石井達をソ連に尋問させて良いか」と電文を出す。同年3月20日、それに対しアメリカ政府は「アメリカ人の専門家に石井達を尋問させる。重要な情報をソ連側に渡してはならない」と回答。

石井は再度のGHQ内のアメリカ人による尋問に対し、「人体実験の資料はなくなった」と主張。さらに、アメリカの担当者ノーバート・フェル博士に文書での戦犯免責を求めると共に、「私を研究者として雇わないか」と持ちかけた。近年アメリカで公開された資料によると神奈川県鎌倉での交渉で731部隊関係者側が戦犯免責等9か条の要求をしていたことが判明。「日本人研究者は戦犯の訴追から絶対的な保護を受けることになる」、「報告はロシア人には全く秘密にされアメリカ人にのみ提供される」等と書かれており、731部隊の幹部たちは戦犯免責と引き換えに人体実験の資料をアメリカに引き渡した。(広島・長崎の研究に協力することも条件のひとつだった)

出典:http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/90e97c98c41ef8b57b4a0158066a0caa

	

福島と731部隊

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。原爆投下後に行われた日米合同調査団への参加には、元731部隊で病理解剖が専門の石川太刀雄丸が、米軍による限界な統治下の中、1945年12月に原爆被害を詳述しています。

出典:http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/90e97c98c41ef8b57b4a0158066a0caa

	

731部隊関係者のその後および厚労省との関係

三千人以上を生きたまま人体実験して殺した731部隊が免罪され、厚生省や医学界の頂点に収まった

 731部隊元隊員証言

 戦時中に中国大陸で、捕虜などに人体実験を重ねた
旧日本陸軍731部隊の衛生兵だった三重県尾鷲市の
大川福松さん(88)が8日、
大阪市で開かれた国際シンポジウム「戦争と医の倫理」に出席、
「毎日2~3体、生きた人を解剖した」と証言した。
当時の体験を人前で明かしたのは初めてで、
「不正なことは、社会に、はっきり示さなあかんと思うようになったから」と語った。

 大川さんは早稲田大で細菌学を学び、1941年に召集。
44年8月から旧満州(現中国東北部)にあった
関東軍防疫給水部本部(通称731部隊)の「ロ号棟」で、
衛生伍長をしていたという。
所属した班は、ペストやコレラ、梅毒などの病原体を人体に注射して
感染の状態を調べたり、人為的に凍傷を作ったりしていた。
最初は「大変な所に来た」と思ったが、次第に感覚がまひし、
「そのうち、毎日2~3体解剖しないと仕事が終わらん気になっていった。
多い時は1日5体を解剖した。実験の対象は名前ではなく、
番号で呼ばれていた」
と証言した。

 子持ちの慰安婦を解剖したこともあった。
「子どもが泣いている前で母親が死んでいった。
子どもはどうするのかと思っていると、凍傷(の実験台になった)。
それをざんごうに放り込んで埋める。
本当に悲惨なことがたくさんあった」
 戦後は「国から口止めされていたから」と沈黙を続けていた。
シンポの開催を新聞で知り、
「当時の仲間に会えるかも」という思いもあって出席したという。

    (2007年4月9日 読売新聞)

出典:http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11498664616.html

	
森村誠一ノンフィクション
【新版】 悪魔の飽食 - 日本細菌戦部隊の恐怖の実像!  より抜粋

三千人以上におよぶ「丸太」
(=捕らえられた多くの中国人・朝鮮人・ロシア人ら)
を生きたまま生体実験材料として殺し、
非人道的な細菌戦の研究開発およびその実行をした第731部隊。

実験順番の回ってきた「丸太」にはペスト、コレラ、チフス、
赤痢、梅毒スピロヘータ、などの生菌が注射され、
あるいは飲み物、まんじゅうなどに混入して与えられ、
あるいは人為的に移植された。
凍傷実験や銃殺実験、ガス壊疽実験もあった。

「丸太」には、およそ人間の考えつくありとあらゆる物質が注入された。

・・・この中には医学的にすでに判明している無意味な実験も
含まれていたという。

また、「丸太」を逆さ吊りにした場合、何時間何分で死に至り、
体の部分はどのように変化するのかがテストされた。
「丸太」を大きな遠心分離器に入れ、高速で回転させる実験は、
「丸太」が死ぬまで繰り返しおこなわれた。

強力な冷凍庫の中に、両手両足に手錠足枷をかけられたまま
パンツ一枚の裸体で放りこまれて・・・
全身の皮膚が青黒い凍傷におおわれ、組織を壊死(えし)されながら
悶絶していく「丸太」の一部始終を
16ミリ撮影機で撮影していくのである。

真空室に「丸太」を入れ、少しずつ真空にしていくのである。
・・・眼球はとび出し、顔面は異様に膨れ上がり
ビーチボールぐらいの大きさとなる。
全身の血管がみみずのように隆起し・・・

解剖室に一人の中国人少年が連れ込まれた。
隊員らの話によると少年は「丸太」ではなく、
どこからか誘拐してきたのではないか
ということであったが、正確なことはわからない。
「解剖したのは、健康な少年男子の臓器が欲しかったためと
あとでわかった。
少年はそれだけのために生きたまま腑分けされたんや・・・・・・」
眠っている少年の体内から・・・各種の臓器が取り出され・・・
計量器に載せられた各臓器は、まだ蠕動を続けているために
計量器の針がふれ、隊員は目盛りを読みとるのに苦労した。
「おい、まだ生きとるやないか」・・・人間の生き造りであった。
・・・頭皮が切り落とされたあと、鋸(のこぎり)がいれられ
頭蓋骨が三角形に剥ぎ取られた。
・・・豆腐でも取り出すように少年の脳を取り出した。

ホルマリン液を入れたガラス容器が棚にずらりと展示されていた。
ホルマリン液の中には人間の生首が浮いていた。
切断された首がカッと目を開いたまま、あるいは閉じて、
頭髪を藻のようにゆらめかせながらガラス容器の中にたゆとうていた。
顔面をザクロのように咲かれて割られた生首がある。
刀剣で頭頂部から耳の後ろまで断ち割られた生首がある。
あるいは鋸(のこぎり)で切断され、脳を露出させ・・・

・・・大腿部から切断された人間の足があった。
首、四肢を捥がれただるまの胴体だけのものもあった。
膵臓や腸が液体の中にとぐろを巻いている。
女性の子宮や胎児もあった。
およそ人間のありとあらゆる部分(パーツ)が
大小の容器の中に浮いていた。

標本の数は大小一千個を超えたという。

特別班員の多くは田舎からポッと出の若者たちで、
純朴な小心者もいた。
そのため『度胸をつけるための特別訓練』を受けた。
特別訓練とは「丸太」を六角棒でなぐり殺すことだ。

「石井部隊長は徹底したエリート意識の持ち主だった・・・・・・
唯我独尊の選民意識と、当時の日本人が持っていた
『アジア諸民族の中では日本人が一番えらいんだ、優秀なんだ』という
排外的な民族意識が結びついた・・・・・
731部隊の残虐行為の根っ子には度はずれた選民意識がある」と
元隊員の一人はいう。

出典:http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11498664616.html

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21