• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本人に愛され続ける魚卵のうま過ぎグルメ

日本人に愛され続ける魚卵のうま過ぎグルメ

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
日本人に愛され続ける魚卵のうま過ぎグルメ
世界でもほぼ日本だけがこれほど好んで食べる魚卵の、おいし過ぎる料理の数々の紹介まとめです。

魚卵(ぎょらん)とは

魚卵(ぎょらん)は、字義どおりには魚介類の卵のこと。ただし日本語において、食品として「魚卵」と呼ぶ場合は産卵後の卵を指すことは稀で、メスが体内に持つ成熟した卵巣やそれをほぐしたものを指し、生物学的には内臓または卵細胞である。食品として扱われる場合は、魚介類のうち魚類の卵巣は真子(まこ)とも呼ばれる。

魚卵は蛋白質や、ビタミン、ミネラル他、DHAやEPAなどが豊富な食材である。 日本では嗜好品として、あるいは正月祝いの席などでよく見られる食材であるがキャビアを除き世界的にはあまり普及していない食品である。
ニシンの卵巣である数の子、鮭の卵巣をほぐしたイクラおよびほぐす前の卵巣である筋子、スケトウダラの卵巣のたらこ、とびうおの卵巣をほぐしたとびこなどが代表的。
ボラなどの卵巣を塩漬けし、塩抜き後、天日干しで乾燥させたカラスミなどはよく食される。

出典:魚卵 - Wikipedia

	
	

たらこ・辛子明太子

たらこ(鱈子)は、タラの卵巣(魚卵)、およびそれを加工した食品。広義にはマダラ(真鱈)も含むが、一般にたらこと呼ばれるものは、スケトウダラ(スケソウダラ)の卵巣を塩漬けにしたものを指すことが多い。日本国内の主な産地は北海道など。
塩漬けにしたもの(塩たらこ)をそのまま食べるほか、これを加熱して焼きたらことしたり、おにぎりの具材やお茶漬けの具、あるいはイカと和えて酒肴としたりなど、和食全般にわたり使用されるポピュラーな食材である。

たらこごはん

日本人はそのまま熱々ごはんに乗せて食べるのが大好きです。

たらこスパゲティ

日本の伝統の味がスパゲティともよく合います。
	

辛子明太子(からしめんたいこ)は、スケトウダラの卵巣(たらこ)を唐辛子などで漬け込んだもの。
今日では「明太子」を辛子明太子を指す言葉として用いる人が多く、さらには「めんたい」と略されて「めんたいスパゲティー」や「めんたいロック」など九州博多の代名詞としても用いられることもある。

副菜としてそのまま、もしくは好みにより軽く焼いて食卓に供する。また、酒肴やおにぎり、お茶漬けの具材としても好まれる。NTTドコモ「みんなの声」における「好きなごはんのお供ランキング」では、「辛子明太子」が一位であった。
ほぐした辛子明太子をマヨネーズと和えて「めんたいマヨネーズ」としたり、バターライスやスパゲッティに用いることもある。
	

イクラ

イクラ(ロシア語: икра, ikra イクラー)とはサケの魚卵。筋子の卵巣膜(卵を包む薄い膜)を取り除き、産卵前の熟した卵を1粒ずつに分けたものを特に指して呼ぶ。バラ子とも呼ばれる。一般的には加熱加工せず、塩漬けや醤油漬けにして食べる。
日本において、白鮭の卵が主流であるが、ロシアで使用されるのは樺太鱒(ピンクサーモン)の卵であり、これを原料としたものを、日本では特にマスコ、マスイクラとして区別する場合がある。

日本人にとても好まれる魚卵で、ごはんに乗せていくら丼や、お寿司のネタによく使われます。

もちろんイクラをそのまま食べてもおかず・おつまみとして絶品です。
	

数の子

数の子(かずのこ、鯑、鯡子)とは、ニシンの魚卵である。
基本的には、メスの腹から取り出した卵の塊を天日干しまたは塩漬けにしたものを食用とする。ニシンの卵の一粒一粒は非常に細かいが、無数の卵が相互に結着している為、全体としては長さ約10cm、幅約2cm前後の細長い塊となっている。

塩抜きしてそのままつまみのように食べたり、寿司ネタになったりします。

ニシンが昆布に卵を産みつけたものを「子持ち昆布」と呼び、こちらは珍味としてそのまま食用としたり、寿司ダネとしても利用されている。
	

キャビア

キャビア(英語: フランス語: caviar 英語: [ˈkæviaːr] フランス語: [kavjaʁ]、ロシア語: чёрная икра:チョールナヤ・イクラー)は、チョウザメの卵の塩漬け。オードブルなどで供される高級食材である。
一般的にはキャビアとはチョウザメの卵を指すが、ヨーロッパの多くの国では魚卵の総称としてキャビアと言うこともある。逆に、ロシアでは魚卵全体をイクラと呼び、キャビアは「チョールナヤ・イクラー」、すなわち「黒い魚卵」と呼ぶ。漢字表記は「鱣子」。

主な産地はロシアで特にカスピ海とアムール川が有名。またカスピ海はイランにも面しているためイラン産のキャビアもよく知られている。古くはヨーロッパ沿岸河川、北米大西洋沿岸でも商業的に生産されていた。
キャビアは世界各地で作られているが、チョウザメの種が同じでも餌としているプランクトンが異なるとキャビアの味にも違いが生じるため、カスピ海産のキャビアの価値は相対的に高い。
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。