• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
マレーシアの方は食べないでほしい・・・<日本国民の善意と日本政府の悪意は違うのだ!!>   沖縄食糧 マレーシアに米出荷 福島県産「こしひかり」年間約36トン・・・ゲスの極みだ!

マレーシアの方は食べないでほしい・・・<日本国民の善意と日本政府の悪意は違うのだ!!>   沖縄食糧 マレーシアに米出荷 福島県産「こしひかり」年間約36トン・・・ゲスの極みだ!

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
マレーシアの方は食べないでほしい・・・<日本国民の善意と日本政府の悪意は違うのだ!!>   沖縄食糧 マレーシアに米出荷 福島県産「こしひかり」年間約36トン・・・ゲスの極みだ!
マレーシアの方は食べないでほしい。

今月下旬以降にマレーシアの伊勢丹やイオン、日系スーパーなどで販売される。
年間約36トンの福島県産米を輸出予定。
販売する米はすべて2キロでパッケージに日本の桜をあしらっている。
	
 沖縄食糧(浦添市、竹内聡社長)は16日午前、琉球銀行本店で会見し、沖縄で精米した福島県産「こしひかり」をマレーシアに輸出すると発表した。既に12トンの米を出荷しており、今月下旬以降にマレーシアの伊勢丹やイオン、日系スーパーなどで販売される。

 現地での販売は、琉球銀行と業務提携を結ぶMHC(マレーシアハラルコーポレーション、東京)が担う。沖縄食糧は、年間約36トンの福島県産米を輸出する予定。同社の米輸出は昨年の香港に続き2カ国目。マレーシアへの米輸出はことし3月に琉球銀行が主催したMHCを招いた商談会で持ち上がり、同行が両社のマッチングを進めていた。
 販売する米はすべて2キロで、パッケージに日本の桜をあしらっている。会見で沖縄食糧の中村徹専務は「香港、マレーシアだけではなく、アジアへの販路拡大を今後も続けたい」と話した。【琉球新報電子版】

出典:沖縄食糧 マレーシアに米出荷 福島県産「こしひかり」年間約36トン - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

この裏は賢明な読者のみなさんならお気づきだろう~
金で買収している
なぜなら日本からの輸入禁止が世界の常識だからだ
台湾に対しても日本は買収工作を始めている
やはり!
【米国もフクシマなど14県の日本食品の輸入停止を継続】
詳細→
青森、岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、新潟、山梨、長野、静岡(14県)
	
【拡散希望】本当に食べても大丈夫?「世界が輸入禁止にしている食品」をチラシにしました(放射能メモ)》 》これだけの食材が海外から輸入禁止されています。
	
チェルノブイリ事故をよく知るロシア政府が輸入禁止にする日本の魚。新潟・山形の日本海側まで含まれている…川を伝って日本海側にも放射能が流れ込んでいると見ているわけだ。 (ホワイトフードさん調べ)
	
台湾に福島産の放射能入り毒菓子を「産地偽装」して売ったうえに「都合が悪いから輸入禁止を撤回しろ」と文句言う。

クズだなあw

日本製菓子の回収命令 福島・茨城県産の2種 日本は禁輸の撤回求め - 産経
	
「風の谷のナウシカ」の世界が現実化してきてる。日本人の罪は想像以上に大きいかも。

西欧では日本の食糧の大部分が、放射能汚染のため、輸入禁止処置の対称になっている。恐らく南米もアジアも同じ処置を取っているはずだ。これを日本のメディアは報道しない。
	
世界各国による輸入規制について 赤色:日本産食で輸入禁止した国。オレンジ、輸入される日本食に対して放射能検査を要求、自国で放射能検査を実施。
これが日本を取り巻く世界の現実なのだ!!
福島を忘れてはいけない・・・!
  今でも、こんな寝言をいう能天気な日本人が多いのは~すでに洗脳され魂を奪われた
  ゾンビばかりが日本にいると思えても不思議はない

  福島はまったく収束などに向かってなんかいない!!
  むしろ危険性は日々高まり、いまやチャイナシンドロームがどこまで
  進行しているのか??という事態なのだ

  さらには放射能汚染が日々全国に拡大し、すでに首都圏は住める場所ではないのが
  本当の現実・・・


広島や長崎は空中で原子炉が爆発したようなものだから、福島の比ではない・・・?
  こんなこと言う馬鹿がまだまだ多いのだからゾンビまで寝ぼけたのかと思ってしまう

  福島の空気中に放出された放射能の量こそが広島の比じゃない!!
  さらに広島や長崎は爆発あとは収束に向かったが、福島は今日でも
  放射能を放出し続けている

  どちらが深刻かと比較するのは本来、不謹慎なのだけど!!
  こういう馬鹿にはつける薬がない!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21