• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「体の中を見たかった。。。」佐世保女子高生殺害事件とは

サムネイル出典:

「体の中を見たかった。。。」佐世保女子高生殺害事件とは

Author:
sicsic
Posted date:
「体の中を見たかった。。。」佐世保女子高生殺害事件とは

佐世保女子高生殺害事件

佐世保女子高生殺害事件(させぼじょしこうせいさつがいじけん)は、2014年7月26日に長崎県佐世保市で発生した殺人事件である。
被害者は佐世保市の公立高校に通う女子生徒であった。遺体が発見されたマンションに住む、同級生の女子生徒が緊急逮捕された。

逮捕容疑は、被害者を自宅マンションにて後頭部を鈍器のようなもので数回殴り、ひも状のもので首を絞めて殺害した疑い。県警によると遺体は首と左手首が切断されていた。

概要

【事件まで】
容疑者は事件の3日前「人を殺したい」という趣旨の話をしていた。被害者は事件の1週間ほど前、容疑者の家に遊びに行くと家族に話していた(容疑者が自分から誘ったと供述している)。26日昼、佐世保市内の繁華街にて2人で買い物を楽しんだ後、容疑者のマンションに戻る。


【殺害】
26日20時 - 22時頃、被害者の後頭部を工具で複数回殴り、リード(犬の散歩に使う引綱)で首を絞めるなどして殺害したと容疑者が供述。死因は頸部圧迫による窒息死。
遺体は、頭と左手首が切断されていた。胴体部分にも刃物で切ったとみられる複数の傷があった。


【殺害後】
事件直後に衣服を着替えて身体を洗うなど、証拠隠滅と疑われる行為が見られる。また、容疑者が自分のスマートフォンをマンションの5階から投げ捨てたと見られる。
帰宅しない被害者に心配した被害者の家族は捜索願を提出。27日未明、容疑者のマンションを警官が訪れたが、容疑者は被害者について「知らない」と述べる。不審に思った警察官が室内に入ったところ、ベッドの上で仰向け状態の被害者の遺体と切断された頭部と左手首を発見した。


【捜査】
室内からはストレート切断用のこぎり、石頭ハンマー、テストハンマーが見つかっている。容疑者は「自分で買った」と供述。発見された凶器のうち、のこぎりはベッドの上で、ハンマーはベッドの脇と下から見つかった。

容疑者は「体の中を見たかった」「人を殺して解体してみたかった」などと供述しているが、2人の間の具体的なトラブル等は不明。取り調べに「殴ってから首を絞めた。すべて私が1人でやりました。誰でも良かった。」と犯行を認めるものの、受け答えは淡々として反省の様子は見られなかった。長崎地検は精神鑑定を検討し、8月8日には佐世保簡易裁判所が精神鑑定留置を認めたと報道されている。

なお、長崎県警は7月29日午前に「2人の間にトラブルがあったとみられる」と公表していたが、同日午後には「間違いだった」と訂正している。

2015年1月20日、2014年3月2日に佐世保市の自宅で就寝中の父親(当時52歳)の頭などを金属バットで複数回殴るなどして殺害しようとした殺人未遂の容疑で容疑者を再逮捕した。

出典:佐世保女子高生殺害事件 - Wikipedia

	
	

殺害された佐世保女子高生の松尾愛和さん

殺害された佐世保女子高生の松尾愛和さん

被害者との関係は不明。被害者とは中学校の同級生だが、部活は写真部で、明るくて面倒見がよい生徒だった。

加害者は文武両道で多才

容疑者は佐世保市内の高級住宅街で育つ。容疑者は今春より親元を離れて一人暮らしをしており、その一人暮らしをしているマンションで被害者の遺体が発見された。幼い頃から学業は優秀でスポーツも積極的。中学では放送部に所属しており、NHKのアナウンサーが夢だった。検事になって弁護士である父や、弁護士志願者である兄と戦いたい、という夢を語ったこともある。
その一方、「あまり笑う子ではなかった」「頭が良すぎて特殊な子」といった評価も見られる。自分のことを「ボク」と呼び、中学の頃から医学書を読んだり動物の解剖にハマったりするなどしていた。

小学校6年時の2010年頃、同級生の給食に薄めた洗剤や漂白剤、ベンジンを混入する悪戯を繰り返すなどの問題を起こしてい。

2013年10月に実母が癌で亡くなって以降、不登校が続いていた。中学校卒業後には一人暮らしを始めるが、高校は1学期のわずか3日だけ出席。2014年5月、父親が再婚。また、中学時代に祖母も亡くなっており、その頃から猫を解体したりしていた。

容疑者の女子高生の写真が市のホームページなどから次々削除された。この生徒は父親と一緒に冬季スポーツ種目で国体に出場するなど地元では有名だった。

出典:佐世保女子高生殺害事件 - Wikipedia

殺人容疑で逮捕された同級生の少女(16)は周囲から「文武両道で多才」と評価される一方、「暗く、変わった子」とも見られていた。

加害者(右)

			

凶器はハンマーとのこぎり

犯行に使われたとみられるハンマーは、コンクリートなどの打音検査用(金属製、長さ約30センチ)と、石を砕く目的に使う石頭ハンマー(同)の2種類。のこぎりは刃渡り約25センチの金属製で、瓦や塀に使われるスレートを切断するのに使うものだという。

出典:

	

被害者の後頭部を工具で複数回殴り、ヒモのようなもので首を絞めるなどして殺害したと容疑者が供述。死因は頸部圧迫による窒息死。
遺体は、頭と左手首が切断されていた。胴体部分にも刃物で切ったとみられる複数の傷があった。

加害者の両親

加害者の両親は地元の名士だったようで、母は教育関係のお偉いさんで父は大企業とも関係があるような弁護士をしていることが判明しました。

出典:情報速報ドットコム

	

金属バットで父親殴打!再婚に反発し「家にいたくない」

女子生徒が大きく変ったのは昨年秋(2013年)の母親の死と、今年春の父親の再婚だった。近所に住む女性は「父親が再婚した前後、父親を金属バットで襲い大怪我をさせたと聞いています。ケガの程度はわかりません」という。友人は「父親が再婚してから彼女は変わりました。父親の再婚に反対して、もう家にいるのがイヤ。留学すると話していました」と証言する。

出典:同級生殺害の女子生徒、金属バットで父親殴打!再婚に反発し...

	

時系列

7月中旬 - 容疑者と被害者が会う約束を交わす。


【7月26日】
15時頃 - 被害者が「容疑者の家に遊びに行く」と両親に告げ外出。
18時40分頃 - 被害者が母親に「19時頃に帰る」とメール。
20時から22時頃 - 事件発生。
23時頃 - 被害者の父親が警察に捜索願を提出。


【7月27日】
3時20分頃 - 警察官が容疑者のマンションで被害者の遺体を発見。
6時10分頃 - 容疑者を殺人の疑いで緊急逮捕。
7月28日 - 長崎地検佐世保支部に送検。
8月4日 - 弁護士が父親の釈明文書を公表。
10月5日 - 加害者の父親が花園町の自宅で死亡しているのが見つかる。自殺とみられる。

出典:佐世保女子高生殺害事件 - Wikipedia

	

「給食に漂白剤」遠因か

同級生の少女(16)が小学6年の12月、クラスメートの男女2人の給食に塩素系漂白剤を5回にわたって混入していたことが28日、学校関係者への取材で分かった。長崎県警は今回の事件の動機につながる重要な「事件」とみて、少女の心身の発達に与えた影響などを慎重に調べる。

出典:

	

「14歳以上」だと刑事処分になる可能性

「被疑者が14歳未満の場合、刑事責任を問うことはできませんが、14歳以上だと、場合によっては刑事責任を問われる可能性が出てきます。被疑者が16歳の少女の場合、警察・検察の取り調べなどを経て、容疑があれば家庭裁判所に送致されます(全件送致主義)。

少年が故意に被害者を死亡させた場合で、16歳以上の場合には、原則として検察官に送致しなければいけないとされています。そして、今回の被疑者は16歳なので、これに当てはまります」

出典:BLOGOS(ブロゴス)- 意見をつなぐ。日本が変わる。

	

影響

7月31日、フジテレビで放映中のアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版」の第4話が放送されないことが発表された。

 今週放送予定だった第4話が、長崎県佐世保市で発生した女子高生殺害事件を想起される内容のため、現在放送するにはふさわしくないと判断した。

出典: 「PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版」第4話が休止に 長崎県...

	
今週放送予定の「PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版」第4話は、内容的に現在放送するのにふさわしくないという判断があり、来週放送予定の第5話を繰り上げて放送することになりました。何卒ご了承ください。今後第4話の放送の予定はありません。
	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic