• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学まとめ】漬物は江戸の倹約令のおかげで発展した

【雑学まとめ】漬物は江戸の倹約令のおかげで発展した

Author:
MATANMATAN
Posted date:
【雑学まとめ】漬物は江戸の倹約令のおかげで発展した

調べてみました。

江戸時代にはすでに漬物が普及していた。

ほとんどの市民は倹約した生活をしていたが、倹約令によりもっと倹約するようになった。野菜を漬けて、保存食とすることが倹約とマッチした。
取れた野菜を漬けて、食糧として保存する。これが倹約令にぴったりの、庶民の知恵だったのです。

出典:江戸時代にしばしば出た「倹約令」が発展させた和食の定番とは? | 山科薫 ...

	
倹約令が出されると、それまで以上に節約を心掛けなければならないから、庶民はなんとか知恵を働かせて、手近にあるものをおいしく食べようと工夫する。その結果、増えていったのが漬け物の種類である。

出典:「おもしろ雑学日本史」 倹約令が出されるたびに漬け物の種類が増えた ...

	
食事にかかせない漬物は、商家など人手や貯蔵場所のあるところは自家製で一年分漬けた。

出典:江戸時代の暮らし | 江戸前の穴子すし 静岡 魚竹寿し 【公...

	
倹約のため、最も工夫のしやすいのが、食費です。そして、その工夫によって生まれた食べ物が、「漬物」でした。 

出典:江戸時代にしばしば出た「倹約令」が発展させた和食の定番とは? | 山科薫 ...

	
江戸時代は杉樽(たる)そのものの通気性と自浄作用に頼り、当然ながら、化学的保存料などは一切使っていなかった

出典:江戸の漬物樽(たる) (酒樽屋日誌)

	

もともと、倹約令により質素な生活をしていた。

			
江戸幕府は士民に対してきわめて頻繁に質素倹約を命じている。

出典:倹約令(けんやくれい)とは - コトバンク

	
従来 郷中法度において命じていた各自の分限に応じた質素な生活を、徹底させようとしたものである。

出典:倹約令 - Jinkawiki

	
倹約が頻繁に出される理由の一つは、身分秩序のためといわれます。町人の生活ばかりが向上し、金払いもよくなれば、商人は武士には冷眼をむけ、町人の富裕層をお得意先としてしまいます。

出典:江戸時代の質素倹約令についてお伺いします。学校では「幕府....

	
「倹約令」は、近世幕藩体制下の封建的「身分秩序の維持」と各身分の「生活の健全化」が目的

出典:「倹約御触書」に対する先入観から自由になる・・・ - 部落学序説 - Goo ブログ

	
様々な知恵と工夫によって保存技術や飢饉食法が編み出されていきました。そして、それらは漬物や干物のように、今日の私たちの食生活の中にも生かされている知恵なのです。

出典:?y???W?z?_?]?n??̋Q?[?̗??j

	
栽培が普及したのは江戸時代に入ってからのことです。全国各地でかなりの品種が改良されたほか,漬物や切干など,飢饉対策の作物として栽培が奨励されました。

出典:おあがりやす!京の旬野菜

	
大根は江戸城下町の食糧事情を支えていたといわれるほど栄養価が高く、飢饉対策として栽培が推奨されていました。 

出典:食べないと勿体ない「切干大根」 | 薩摩つけもの工房

	

twitterでは

7種類の野菜が入った漬物だから七福神→福神漬けなわけだけど、『なた豆』という、さやえんどうを大きくしたような、形が鉈(なた)に似た豆も含まれている。漢方的な用途では江戸時代から今も使われているらしいけど、馴染みないよね。でも福神漬けに必ず入っているから、実はかなり食べられてる。
	
老舗の漬物屋さんは江戸時代からの伝統の製法を守ることを売りにするが、エアコンメーカーは毎年新機能を加えないと宣伝できないみたいだ。大学教育でも、歴史と経験に裏打ちされた教育法を売りにすべきだと思うのだが、次々と改革を求められる。大学は家電メーカー。なぜ漬物屋さんになれないんだろ?
	
子供の頃から漬物が大好き٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
へたすりゃ食べ続けるので、よく叱られました。
でも今は塩分が気になるので控えめに。

この記事を読んで、
ぬか床を作ろうかなと心が揺れている。

そうだ!漬物も立派な歴史食なのだ✨
	
【フリーペーパー】本日は漬物の老舗、まるこしが制作する"お漬物に関する様々な情報をお届けするフリーペーパー"【漬物礼賛】20をご紹介。今号では梅干に注目、その長くて古い歴史紹介や、南高梅の生産量日本一の和歌山紹介。加えて昨年話題にかった焼き梅干ミニコラムと読み応えあります。感謝。
	
『日本農書全集52 農産加工3 漬物塩嘉言 豆腐集説 豆腐皮 麩口伝書 仕込帳 醤油仕込方之控 製塩録』佐藤常雄 ほか編  江戸期の漬物60余種の漬け方、豆腐とゆばの作り方とその加工品など。製塩法、八丁味噌・うすくち醤油の製造の実態を詳述。

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。