• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学まとめ】グリコのランナーのモデルはフィリピン人

【雑学まとめ】グリコのランナーのモデルはフィリピン人

Author:
MATANMATAN
Posted date:
【雑学まとめ】グリコのランナーのモデルはフィリピン人

調べてみました。

グリコのマークには「フィリピン人のモデル」が存在した。

ゴールインマークは、創業者の江崎利一氏が近所の神社で見た、境内を駆け回る子供たちが両手を挙げて走る様子をヒントに作られた。
グリコのマークはフィリピンのマラソン選手がモデル。

出典:グリコのマークはフィリピンのマラソン選手がモデル。 : 【雑...

	
「一粒3百メートル」のキャッチコピーとともに両手を挙げたマラソン選手の商標。実は「ゴールインマーク」という名前があり、モデルとなったフィリピン人選手が実在するのだとか。

出典:グリコのマークには「フィリピン人のモデル」が存在した…〝グ...

	
モデルとして白羽の矢が立ったのが当時、極東オリンピック(現在のアジア大会)で優勝したフィリピン人の陸上選手、カタロン選手だった。

出典:【関西の議論】グリコのマークには「フィリピン人のモデル」...

	
フィリピン人の陸上選手・カタロンさんがモデルと言われています。1921年(大正10年)に開かれた第5回極東競技大会に出場した選手です。

出典:グリコのネオン看板のモデルの正体!あの人物は間違い? - 日...

	

初期デザインは不評だった。

大正11年~昭和3年頃のデザイン。ちょっと怖い。
初代は表情があまりにリアルで、消費者から「怖い」という声が寄せられた。

出典:【関西の議論】グリコのマークには「フィリピン人のモデル」...

	
とある女子学生の「顔が怖い」という一言を聞いてしまった創業者。これにより変更。

出典:ご存じあのグリコマーク、実は現在の彼は7代目!正式名称も...

	
初代のマークは、今より顔が小さく、商品パッケージを見た女学生から「顔が怖い」と指摘を受けました。

出典:グリコのゴールインマークのトリビアってご存知?! - ELLの足跡

	

当時としては型破りのネオンで、ミナミの名物となった。

今から約80年前の昭和10年(1935年) に初代グリコネオン 大阪道頓堀川、戎橋のそばに初めてグリコのネオン塔が立ちました。
「グリコサイン」は照明に14万個のLEDを使用しており、「日没30分後」から、24時までゴールインマークの背景を変化させながら、点灯しています。

出典:道頓堀グリコサイン | 【公式】グリコ

	
トレードマークのランナーとグリコの文字を赤や白など6色に変化させると同時に、毎分19回点滅する花の模様で彩られ、瞬く間に大阪の名物となった.

出典:【グリコの記憶(1)】「グリコネオン」見とれた運転手が事故を起こした…警察が「ネオンやめて」と頼むほど話題に - MSN産経west

	
以降、道頓堀のシンボルとして親しまれており、 2003年には 「 大阪市指定景観形成物 」 として認定されています

出典:大阪道頓堀のグリコ看板をリニューアル5代目から 6代目へ...

	

twitterでは

グリコのマークの青年は、フィリピン人のマラソンランナー
	
グリコのマークはフィリピンのマラソン選手がモデル
	
グリコマークのモデルは、大正5年の第5回極東競技大会に出場したフィリピンのカタロン選手♪
	
グリコのマークはフィリピンのマラソン選手がモデルらしいよーしらなんだ。
	
グリコのマークのモデルはフィリピン人
	
グリコのマークのモデルはフィリピンのマラソン選手「カタロン」
	
グリコのランニング選手のマークには、モデルがいた。

※大正十年に開催された競技大会に
出場していたフィリピンのカタロン選手である。
明るい笑顔と健康的なイメージが
「グリコ」の商品イメージと一致していた。
	
グリコのマークの青年は、フィリピン人のマラソンランナー
グリコが発売される1921年に、東京で開催された極東競技会大会に出たフィリピンのマラソン選手、カタロンがゴールインした際の笑顔がグリコの商品イメージにぴったりで選ばれたそうです。
正式には、ゴールインマークといいます。
	
テレ朝デザインコードspという番組で、グリコのパッケージデザインの歴史をやってたよ。ネタ元はマラソンランナーではなくて、神社の境内で遊んでた子供のポーズだったんだって。でも初代マークは顔が怖いというので変更されたそうな。確かに!
	
「芥川龍之介を無理矢理走らせてるかのような(by泉麻人)」怖い初代グリコマークの鮮明な画像が見つかったので。
お借り元は以下リンク。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
MATAN

主に雑学を、その他の記事は時々まとめています。