• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
富士吉田のコシ強極太うどん吉田うどん

富士吉田のコシ強極太うどん吉田うどん

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
Update date:2019年05月03日
富士吉田のコシ強極太うどん吉田うどん
富士吉田市で古くから愛される郷土料理で、コシが強いうどんと評判の吉田うどんのグルメ紹介まとめです。

吉田うどんとは

吉田のうどん(よしだのうどん)は山梨県富士吉田市及び同市を含む山梨県郡内地方を中心として食べられている郷土料理のうどんである。硬くてコシが非常に強い麺とスリダネが特徴となっている。2007年農林水産省が各地に伝わるふるさとの味の中から選定した「農山漁村の郷土料理百選」の一つである。
山梨県の伝統的な粉食料理の中には「ほうとう」とこのうどんがある。これらは、富士吉田市及び郡内地域でも広く食されている。

ほうとうは麺よりも野菜の量が多いケの食事(日常的に食されるのは、幅広の麺を野菜とともに煮込み味噌で味付けする)であり、小麦粉を多量に消費するうどんは外食またはハレの食として明確に区別されている。
最も大きな特徴は、硬く非常にコシが強いことである。この点グルテンの生成によるコシが必要とされないほうとうに対して明確な差がある。
麺に使用する粉は、他地域のうどんと大きな違いはないが、硬く仕上がる粉が好まれる傾向にある。また「地粉」を使用したり、手打ちをする店も多い。
汁は煮干出汁、椎茸の出汁がよく用いられる。醤油、味噌、醤油と味噌の合わせ味と家・店によって違う。外観上も澄まし汁と味噌汁の中間といった感じを呈す。また汁に具として細切りや輪切りのニンジンやシイタケが多い。合わせ味は、醤油、味噌ともに大豆から作られることから「いとこ汁」と呼ばれる。最近は県外者の客の好みに合わせて削り節や昆布の味もある。家食の場合も基本的には、出汁と味付けは大きく変わらない。

出典:吉田のうどん - Wikipedia

	

茹でキャベツや油揚げと、甘辛く味付けされた肉には馬肉を用いることが多く(近年は豚肉の使用が多い)、トッピングにきんぴらごぼうを入れることもある。価格が安いため、肉を入れたうどんは「肉うどん」と別メニューにする店がほとんどとなった。
薬味には「すりだね」を用いる。これは赤唐辛子をベースにしてゴマや山椒を加えたものを油で炒めたもので、これも吉田のうどんと各店の特徴ともなっている。

吉田うどんギャラリー

ご当地グルメとして近年知名度が上がってきています。
コシの強い麺がうどん好きを魅了しています。
店ごとの具の特徴や、薬味の唐辛子ベースのすりだねが個性を出してくれ、各店で食べる楽しみのひとつになります。
忘年会の翌日は山梨へ小旅行。ランチ目当てのレストランがまさかの臨時休業で、とりあえず休もうと思い鄙びた温泉へ。初めての吉田うどんを味わいつつ、殆ど人影のない座敷のこたつでまったりと次の予定を考えます。
	

河口湖にて吉田うどん初めて食べました。麺は美味しいが味はイマイチだった。
	
山はあるけど…山梨県☝️
という事で…
吉田うどんを食うどん?

オジさん…
うっどんだけ〜☝️
	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。