• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【未解決事件】妊婦切り裂き殺人事件【胸糞】

【未解決事件】妊婦切り裂き殺人事件【胸糞】

Author:
じいじい
Posted date:
【未解決事件】妊婦切り裂き殺人事件【胸糞】

1988年(昭和63年)3月18日に愛知県名古屋市中川区で発生

事件発生から丸15年となった
2003年(平成15年)3月18日に公訴時効を迎え未解決事件となりました。

【事件概要】

1988年3月18日、名古屋市中川区の住宅街のマンションで、この家の主婦・X子さん(27歳)が殺害されているのが見つかった。X子さんは出産予定日も過ぎていた臨月だったが、その腹は無惨に切り裂かれ、赤ちゃんが取り出されており、中にはなぜか電話機と車のキーが入れられていた。未解決の猟奇事件として知られる。
 
1988年3月18日午後6時50分頃、名古屋市中川区富田町の会社員Yさん(当時31歳)は仕事を終えると会社から自宅に電話をかけた。妻のX子さん(27歳)が妊娠中で、しかも出産予定日の13日を過ぎていたため心配になったからである。ところが何度ベルを鳴らしても妻は出ない。この日の午後1時10分頃にも1度電話を入れているが、この時は元気に出ていた。
心配になったYさんは急いで自宅に戻った。名古屋駅から近鉄線に乗って「戸田駅」下車5分、かかった時間は合わせて30分ほどだろうか。

午後7時40分頃、新興住宅地にあるマンション2階の自宅に帰宅すると、不審な点があった。いつもは施錠してある玄関のドアがなぜか開いていたのである。
部屋の中は真っ暗で、妻の姿は見えなかった。
着替えをしていると、子どもの泣き声がする。
「気のせいか」と思いつつYさんが居間に入ると、青いマタニティドレス着て、ピンク色のジャンパーを羽織ったX子さんが仰向けで倒れていた。その足の間で生まれたばかりの赤ん坊が泣いていたのである。
当初、Yさんは妻が自力で出産したのかと錯覚したが、すぐに妻が両手を後ろ手に縛られており、首にはコタツのコードが巻かれ、辺りには血だまりができているのに気づいた。X子さんの意識はすでになく、呼吸もしていなかった。

Yさんは慌てて、119番通報しようとしたが、電話がいつもある場所から消えていた。コードが引きちぎられていたのだ。仕方なく、階下の部屋に電話を借りて通報した。

部屋に戻ったYさんは赤ん坊の体を拭いていたが、妻の腹部に異変があるのに気づいた。やけにゴツゴツしていたのだ。
よく見ると、腹部が切り裂かれており、中にはミッキーマウスのキーホルダーがついた車のキー、紛失していたプッシュホン式の電話機が詰めこまれていた。
それは、幸せな家庭を築いていたYさんにとって、あまりにも残酷な光景だった。

幸運にも救われた命

赤ん坊は犯人が取り出したと見られ、赤ちゃんのへその緒はすでに切られていた。
赤ん坊を取り出すと言ってもそれは簡単なことではなく、下手をすると足の骨が折れたり、窒息したりするが、幸運にもそういったことはなかった。ただ足など3箇所に切り傷があった。

Yさんが帰宅した頃、赤ん坊が取り出されて2時間ほどが経過していたと見られるが、Yさんの帰宅が遅れれば赤ちゃんの命も危なかった。赤ん坊は低体温で貧血を起こしており、チアノーゼ症状も出ていたが、手術により一命をとりとめている。4月2日に無事退院した。

ナカムラさんとは・・・

X子さんの死因は電気コードで首を絞められたことによるもの。胃の内容物から午後3時過ぎに殺害されたと見られる。性的暴行の形跡はなかった。
腹部は鋭利な刃物で縦38cm、深さ2.8cmに渡って切り裂かれており、凶器らしきものは現場には残されていなかった。

X子さんはサイドビジネスで家庭用品販売をしており、午後1時50分頃に近くの主婦が子連れでX子さん方を訪れ、脱臭剤を購入している。
午後3時頃、X子さんは階下の駐車場までこの主婦を送っていったが、この間カギをかけずに出ていた。犯人はこれをどこからか見ており、家に侵入、自宅に戻ってきたX子さんと鉢合わせになったという見方もある。訪問した主婦は手みやげにイチゴを持って来ており、一緒に食べたが、発見された時はその食器がコタツの上に置かれたままだった。と言う事は、食器を片付ける間もなく襲われたのではないのか。
また主婦の脱臭剤支払い代金として、X子さんは2000円ほどを受け取っていたが、そのお金を入れた財布は紛失していた。だが、それ以外の金目の物は不思議と手をつけられていなかった。

疑いの目はまず第1発見者であるYさんに向けられた。臨月のX子さんがいないというのにスーツを着替えていたことや、記者会見で「家内はワインが好きだったから、ワインを注がせてください」と言って、グラスに赤ワインをそそぎ、霊前に備えていたからだった。報道陣はこれを芝居がかったパフォーマンスとも受け取った。
だがYさんは殺害が行なわれていた頃は会社でデスクワークをしていたため、当然疑いもすぐ消えた。

残酷な犯行のため、命の尊さを知らない少年の犯行ではないかとも見られたが、犯人はYさん宅に土足であがりこんでおり、靴跡は子どもの大きさではなかったという。しかし、高校生くらいになると、足の大きさは大人とさほど変わりはない。

不審な人物の情報もあった。
階下に住む主婦によると、当日の午後3時10分から20分頃の間に、自宅玄関のドアノブを何者かにガチャガチャ回される音がしたという。そしてチャイムを鳴らされたため、出てみると、30前後くらいのサラリーマン風の小柄な男がおり、「ナカムラさんのところを知りませんか?」と聞いてきたという。主婦は気味が悪いので、すぐに「知りません」と言ってドアを閉めた。この男は現場付近で何人かの人に目撃されていた。近鉄戸田駅方面からアパートやマンションを一軒一軒うかがうようにして歩いていたという。警察はこの男の行方を追ったが、足取りはつかめていない。

結局、それ以降の有力な情報もなく、2003年3月18日、時効を迎えた。

被害者遺族のその後

この事件により母体から取り出されるも一命を取り留めた男児は、しばらくは父親の実家で育てられたが、事件現場に最初に駆け付けた男性の実父(男児の父方の祖父)が1991年(平成3年)に胃癌で死去した[18]。その3年後の1994年(平成6年)、男児は小学校入学に伴い父親・父方の祖母(男性の実母)と3人で母親である被害者女性の実家近くのアパートに引っ越したが、父親はしばらくして勤務先を退職し、会社を友人と共同経営するために準備を進めた[18]。1999年(平成11年)4月、男児は小学校6年生に進級したのをきっかけに父親・祖母とともに日本を離れてアメリカ合衆国・ハワイに移住した[18]。

町田喜美江は『新潮45』1999年10月号(新潮社)に寄稿した本事件の記事末文にて「男児は今年(1999年)春に小学6年生になったが、今なお『母親がいない本当の理由』を知らないという」と記述している[18]。

被害者女性の実父(男児の母方の祖父)は1999年8月時点で埼玉県浦和市(現・埼玉県さいたま市浦和区)に在住しており、町田喜美江の取材に対し「病気や事故で死んだのならまだ納得もできる。娘は特別な運命を背負って生まれてきてしまったんだ」と無念の思いを語った[34]。

女性の実父は公訴時効成立直前の2003年2月、『中日新聞』『読売新聞』取材に対し以下のように心境を話した[7][35]。

公訴時効成立直前で被疑者が逮捕・起訴された事件(例:福田和子)もあるが、いまさら犯人が逮捕されても娘は生き返らない[7]。たとえ逮捕されなくてもこのまま苦しみながら生きていくならそれでいい[35]。
あのような猟奇的犯行は「人間」にはできない[7]。
犯人も人の子として生まれてきた以上、「この15年間は罪の意識に苦しんできたはずだ」と思いたい[35]。

出典:名古屋妊婦切り裂き殺人事件 - Wikipedia

	
 
未解決になってしまった原因・・・?
 

夫・顔見知りの人物への嫌疑→「外部犯」の線に

愛知県警特捜本部は最初、以下の事情から夫の男性に嫌疑を向けたが、被害者の死亡推定時刻である午後3時前後にはまだ会社で勤務していたためにアリバイが成立した[24]。
帰宅した直後、家の異変に気づきながらも妻の存在を確かめず、妻の姿を捜す前にスーツから着替えていたこと[24]。
当日は「本来は施錠してあるはずのドアがすんなりと開き、部屋の電灯も点灯されていなかった」[25]。
報道陣の前で男性が「妻はワインが好きだったので、ワインを注がせてください」と言いながら、グラスに赤ワインを注いで霊前に供えた行為を特捜本部は「あまりにも落ち着き払ったパフォーマンス」という先入観を抱いた[24]。
夫の潔白が証明されてからも特捜本部は「顔見知りによる犯行」と推測して捜査を進めていたが、聞き込み捜査の結果、事件当日に現場アパート付近で有力な不審者の目撃情報が上がったことから「外部犯の犯行」とする線が強くなった[24]。

出典:名古屋妊婦切り裂き殺人事件 - Wikipedia

	

最後の目撃者

生前の被害者妊婦に出会った最後の人物は「被害者女性の友人で愛知県海部郡蟹江町在住の30歳代女性」で[3]、この女性は手土産のイチゴを持参して3歳の娘とともに乗用車で被害者宅を訪問し[26]、事件当日の午後1時50分から午後3時ごろまで被害者宅で被害者女性と談笑していた[26][27]。この時、被害者女性はこの友人女性が帰宅する際にアパートの駐車場まで見送ったが、その際には玄関を施錠していなかった[27]。
これに加え、被害者女性は友人女性に対し「自分たちの隣の部屋が空き家の状態だが、時折見知らぬ男性が出入りしているのを目撃しているので不安だ」という趣旨の話をしていた[27]。
また事件当日、被害者遺族の男性が電話を借りた階下の家には30歳代前後の不審な男が訪問し、前述のようにその部屋の住民に「ナカムラさんのところを知りませんか?」と尋ねていた[27]。
さらに連日の聞き込み捜査の結果、以下のように新たな証言がもたらされた。
「事件当日午後2時30分ごろ、エンジンをアイドリングした自動車がアパート駐車場に停めてあった」[21]
近隣在住の小学生男児2人(5年生・3年生)が「犯行当日午後4時半ごろ、事件現場付近で見知らぬ不審な男が、時折道路北側の家を窺うように俯きながらうろついていた」と証言した[3][20]。その目撃証言によれば男の特徴は以下の通りだった。
「年齢は37歳もしくは38歳程度、身長は約175センチメートル」[3]
「丈の長い黒っぽいジャンパー姿で眼鏡はかけておらず薄茶色のベレー帽のような帽子を被っていた」[20]
「コートの襟を立てて顔を隠すような姿勢で俯き加減に、両手はポケットに入れて歩いていた」[3]
事件発覚直前の当日午後7時ごろ、上記とは別の小学5年生男児が算盤塾から帰る途中で「現場マンション西側の路上で、前述の特徴と同じような人相の男が約10分ほどうろついていたのを目撃した」と証言した[3]。

出典:名古屋妊婦切り裂き殺人事件 - Wikipedia

	

「素人の怨恨犯」ではなく「外部から侵入したプロの猟奇殺人鬼」

捜査開始直後、県警は現場に争った形跡がなかったことなどから「怨恨の筋が強い」と推測していたが、素人の怨恨犯ならば「凶器・指紋など何らかの物的証拠を残していると考えられる」のに対し、本事件では「凶器が発見されない」「犯人の遺留物も見当たらない」「指紋が丁寧に拭き取られていた」など、犯行後にかなり冷静・確実に証拠隠滅を図ったことが推測されたため、「外部犯、それもプロの犯行」という線が強くなっていった[21]。

出典:名古屋妊婦切り裂き殺人事件 - Wikipedia

	

医療関係者説

腹部が38cmにわたり「カッターナイフのような薄い刃物で2,3回同じ箇所をなぞって着られる」という手際のよい方法で切り裂かれていた上、臍帯も切断されていたため、「医学に関する専門知識をある程度持った人物、すなわち異常性格者に限らず医者・医学生による犯行」という可能性も浮上した[28]。
そのために捜査本部は「犯人は妊婦に異常な関心があり、医学的知識を持った成人男性」という人物を犯人像と仮定して捜査を進めていた[29]。
しかし遺体の傷を調べたところ実際の帝王切開とはあまりにも大きく異なっていたため、「医療関係者が犯人」とする仮定は成立しなくなった。
産婦人科医・是澤光彦(1999年当時・三楽病院産婦人科部長)によれば、「通常の帝王切開においては腹を横に切る。何らかの理由で縦に切る必要がある場合は(下腹部にある膀胱を傷つけないために)臍の直下から下向きに切る。そして石灰の際も犯人のように一気に切るのではなく、腹壁・腹膜を順に10 - 15センチ切開してから子宮を切開する」という方法を取るため、医者の犯行であればあり得ない方法であった[29]。
なお通常の産婦人科医による帝王切開においては縫合完了まで含めて30分程度、うち切開から胎児を取り出すまでに3分 - 5分かかるが、不慣れな人間が行ったとなればさらに時間を要する[29]。また、母体が死亡すれば臍帯から酸素が供給されなくなるため、10分から15分程度で胎児も死亡するため、犯人は「被害者を絞殺してから十数分の間に腹部を切開して胎児を取り出した」と推測されたが、是澤は「まったく帝王切開のない人間が母体の腹部を切開してから十数分の間に胎児を取り出すことはほぼ不可能だ」と証言した[29]。
一方で被害者の傷を調べたところ「下から上へ」つまり帝王切開の向きとは逆方向に切られており、さらに傷そのものも帝王切開と比べてあまりにも大きいものだった[29]。

出典:名古屋妊婦切り裂き殺人事件 - Wikipedia

	

少年説

これに加えて名古屋アベック殺人事件発生直後であることに加え、妊婦の腹部を切り裂いてその中に物を入れる」という猟奇的犯行から、「命の尊さ・怖さを知らない子供による犯行」即ち少年犯罪説を提唱し、事件から約半年後に捜査員に教えた新聞記者もいた[30]。
その指摘を受けた刑事は記者に対し「犯人は土足で上がり込んでいた」というそれまで公表していなかった事実を初めて口にした上で、「その靴の大きさは大人のものだった」としてこれを否定した[30]。
「犯人が土足で被害者宅に侵入した」ということは「怨恨を動機とした犯行ではない」ことを裏付けるものとなったが、記者はいったんは「少年ではない」という答えに納得したものの、後に町田喜美江の取材に対し「10歳代後半ならば足の大きさは成人と変わらない。やはり少年による犯行である可能性は捨てきれない」と証言した[30]。
これを受けて町田は1999年、捜査資料に関して愛知県警に問い合わせたが、県警は「何も話せない。当時のプレスリリースも既に廃棄されているだろう」と回答した[30]。

出典:名古屋妊婦切り裂き殺人事件 - Wikipedia

	

石井利文の犯人像予想

石井利文・東京医科歯科大学難治疾患研究所員は犯人像を以下のように分析した[31]。
犯人は「自らの手で妊婦の腹部を切開して胎児を取り出したい」「妊婦の体内を見てみたい」という願望を抱いていたのだろう[31]。そう考えれば腹に入れられていたものは「受話器=胎盤」「電話機のコード=臍帯」「ミッキーマウスのキーホルダー=胎児」、それぞれの代用物に見立てたと解釈できる[31]。
胎児が生存していたのは「犯人は子供には関心がなかったため」と判断できる[31]。
「妊婦の腹部を切開する」実験を行うには対象を殺害した方が容易に実行できるために最初に被害者を絞殺した[31]。切り口・手際が良いのは「被害者が死亡しているために抵抗を受けにあ上、最初から腹部を切開することが目的」であるため、躊躇なく丁寧に行おうとした結果だろう[31]。
「実験」が目的であればかりに静的興味があったとしても会館まで達することはないため、連続的に猟奇事件を起こすシリアルキラー・快楽殺人者ではなく1回限りで満足する可能性がある[31]。
「ある程度の知識・力があればできる」犯行であるため、犯人の年齢は少なくとも15歳ないし16歳以上だろう[31]。犯人は「同情・愛情が非常に薄い『情性欠如性の異常性格者』で、『妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出す』ことに関しては綿密な計画を立てていた(=秩序型性的殺人)が、『遺体をそのまま放置する』無計画な面も認められる(=無秩序型性的殺人)ため、『混合型性的殺人』の特徴に該当する」[31]。
現場周辺では不審車両の目撃証言がなかった上、近鉄戸田駅に近い立地から、捜査員は「犯人は近鉄電車で移動した可能性がある」という線をも含めて捜査範囲を東海地方のみならず近畿日本鉄道(近鉄)沿線の近畿地方(大阪府・奈良県)にまで広げ、不審者1000人をリストアップした[7]。特捜本部はその中でも、特に不審な30人の事件当時の行動などを徹底して調べたものの被疑者特定には至らなかった[7]。特捜本部は事件発生から2年となった1990年3月までに捜査員延べ23,500人を投入して以下のように捜査を進めたが、専従員20人で捜査していたこの時点でも「『犯人の性別は男』という線さえ決め手はなく暗中模索の状態」で捜査は困難を極め、聞き込み先で市民から「まだやっているんですか?」と厳しい言葉をぶつけられるようにまでなっていた[32]。

事件当日に現場を通った人物のうち足取りなどが不審な人物約450人、近辺の覚醒剤常習者・住所不定者など約1000人を追跡した[32]。
被害者の関係者約500人への聞き込み[32]。
周辺の妊婦約300人に「不審者に付きまとわれた経験はないか?」などと調査した[32]。
他県警とも連絡を取り、1989年夏に東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の加害者として逮捕された宮崎勤に関しても警視庁・埼玉県警察へ問い合わせた[32]。
事件から5年前の1983年(昭和58年)には名古屋市・近畿地方で相次いで女性が殺害され、女性器に異物が挿入されるという同一人物による猟奇連続殺人事件が発生していた[28]。その事件のように「猟奇犯罪は1度では終わらずエスカレートしていく」、即ち「本件は快楽殺人者などシリアルキラーによる犯行であり、本件以前にも動物虐待などを起こした末にエスカレートした可能性がある」という推測も含めて捜査した[28]。
このような捜査への取り組みも空回りし、物証が乏しかった上に現場に残されていた足跡も犯人断定の手掛かりにはならず[33]、捜査線上には具体的な人物が挙がることなく、捜査は完全に行き詰まってしまった[28]。事件当時の捜査幹部は公訴時効成立直前の『中日新聞』2003年2月17日朝刊にて「今思えば、恨みや私情のもつれなど犯人が被害者と関係あるような事件ではなかった。捜査の範囲が広く被疑者の割り出しに至らなかったことは極めて残念だ」と無念の思いを話した[7]。

結局、約4万人の捜査員を投入した愛知県警の捜査も空しく、被疑者逮捕には至らないまま事件発生から15年後の2003年(平成15年)3月18日午前0時に公訴時効が成立し未解決事件となった[4][33]。

出典:名古屋妊婦切り裂き殺人事件 - Wikipedia

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
じい

Sharetuber