• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
新時代の働き方☆週休3日や時短勤務の会社情報

新時代の働き方☆週休3日や時短勤務の会社情報

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
新時代の働き方☆週休3日や時短勤務の会社情報
労働スタイルの多様化や社員の負担軽減が奨励されるようになり、近年既存の週休2日という勤務スタイルを大きく変えた会社も登場しています。

週休3日制とは

週休3日制とは、週3日休みのある働き方のことで、日本でも近年採用する会社が増えつつある制度です。
主に、休みが1日増えるが、1日あたりの固定就業時間を増やし、8時間×5日勤務だったのを、10時間×4日勤務にして、就業時間の合計は変わらない代わりに、収入も維持、というシステムと、
1日の就業時間は変わらず8時間で、勤務日数だけ4日にして就業時間を減らし、代わりに給料も減る、という時間を純粋に減らすシステムとがあります。
総労働時間が変わらない場合でも、日数が減ればその分通勤時間などは減るわけで、自由な時間が増え、休みが増えたことでやれることの幅が広がる、という人もいます。
また、週休3日制で労働時間・収入が減った場合も、その分空いた時間に副業などをして、好きな仕事などで収入を補う、という働き方をしている人もいます。
	

週休3日制を導入している企業やそのシステム

佐川急便

一部地域で、セールスドライバーを対象に週休3日制を導入しています。週休2日制に関しては、1日8時間労働を週5日間行い合計週40時間労働という計算でした。一方、週休3日制は、1日10時間労働を4日間行い合計週40時間労働とするものです。つまり1週間の合計の労働時間は変わらず、1日の労働時間を増やし、その分働く日数を減らす制度です。また変形労働時間制をとっており、月や年単位で就労時間を設定する制度のため、1日の労働時間が8時間を超えていても残業代は支払われません。

出典:https://www.somu-lier.jp/closeup/weekly-holiday-3days/

	
	

日本IBM

日本IBMでは全社員を対象に「短時間勤務制度」を導入しており、制度利用の理由は原則不問とされています。「短時間勤務制度」は⑴週3日勤務、⑵週4日勤務、⑶週5日勤務(労働時間はフルタイムの6割)、⑷週5日勤務(労働時間はフルタイムの8割)、以上4つの中から選択可能で、給与は労働時間に応じて減額が行われます。しかし成果主義の面も強い会社であるので、必ず不利になるとは限りません。

出典:https://www.somu-lier.jp/closeup/weekly-holiday-3days/

	

ヤフー

ヤフーは育児や介護を行う一定の基準を満たす人に、「えらべる勤務制度」を導入しています。週休3日制の導入にあたっても、1日あたりの所定労働時間は変わらず、制度利用による休暇分の給与は無給となります。制度の利用申請は、月ごとと定められています。

出典:https://www.somu-lier.jp/closeup/weekly-holiday-3days/

	

メリット・デメリット

もちろん週休3日にすると、会社、労働者それぞれにメリット・デメリットは存在します。
会社にとっては、
メリット:離職の防止、作業効率化、企業イメージアップ(=求人しやすい)
デメリット:社員間の連携低下、顧客との時間的都合
労働者側にとっては、
メリット:自由時間の増加、事情があっても離職せずに済む可能性
デメリット:収入低下
などです。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。