• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【妊娠6週~妊娠2カ月~】赤ちゃん、ママの様子☆

【妊娠6週~妊娠2カ月~】赤ちゃん、ママの様子☆

Author:
so newsso news
Posted date:
【妊娠6週~妊娠2カ月~】赤ちゃん、ママの様子☆
皆さんこんにちは!ライターのERENAです。
この記事を見てくれたあなたは現在妊娠中、もしくは妊娠しているかドキドキしている頃かしら。
実はわたしERENAも現在妊娠中。つわりが落ち着き仕事を再開しているところなのです。
わたしの経験などもはさみつつ、妊娠6週の赤ちゃん、ママの様子を紹介していきたいと思います。
ページの最後には妊婦さんにオススメサイトも紹介しちゃうわよ!

♡妊娠6週の赤ちゃんの様子♡

生殖器が発達し始めました。男の子だと卵巣が作られ始め、女の子だと卵巣が作られてきます。
見た目はまだまだ小さいですが子孫を残すための準備が既に始められているのですよ。性別に関係なく乳腺ができ始めます。
また、筋肉や神経が繋がり始め外からの刺激に反応できるようになります。
眼球の元となる細胞と眼球が入る眼窩(がんか)と呼ばれる器官の形成も始まります。外見上は目の部分が少しくぼんで見えます。目の他に口の形も分かるようになってきましたよ。口の周りが発達するのにあわせてあわせて、舌の組織も作られてきます。上あごと下あごも作られているんですよ。
あごに対して口がやや大きい状態ですが、成長につれてバランスが取れた形になります。
体内に侵入した異物を除去する為のリンパ系組織の発達も進んでいます。
魚の水かきのようなものが作られ手のひらを形成し始めます。まだ指はありませんが足の元もでき始めました。この数日間で手足の筋肉や骨もしっかり成長します。
6週後半になってくると鼻の穴も認識できるほど成長しています。体内では腎臓が作られ始め数日後には尿が作られます。今まで一つの塊だった脳も左脳と右脳で分け目ができてきます。
この頃の赤ちゃんの大きさは7~9㎜の大きさです。

♡妊娠6週のママの様子♡

体内ではホルモンバランスの変化が進んでいます。これにより、つわり以外にも頭痛や腰痛やイライラ、抜け毛などの症状が現れやすくなります。妊娠初期症状として、喉のいたみ腫れなどの症状が出る人もいます。風邪と間違えやすいので要注意ですよ!市販の風邪薬の服用は危険です。妊娠中は自分が妊娠していることをしっかりお医者さんに伝え、赤ちゃんに影響がないお薬を出してもらいましょう。また、病院には病気の方がたくさんいます。妊娠中にかかると赤ちゃんに影響を及ぼす病気に感染する可能性もあるので注意してください。妊娠中の喉の痛みには「ハチミツ大根」「ハチミツレモン」「ハチミツ生姜」がオススメです。
眠気が強くなってきている人もいると思いますが、それは「眠りつわり」です。お仕事をしている人には辛いですが、可能であれば10分だけでも休息をとって下さいね。赤ちゃんからの「ママ少し休んでー。」の合図かもしれないですよ。仕事も大事ですが自分の身体を優先に無理はしないように生活しましょう。
つわりが酷い人は食事をするのが大変になってきます。「食べたいもの」「食べれそうなもの」を食べれるだけ食べましょう。とくに水分補給には気をつけてください。あまりにも何も受け付けない人は産婦人科の先生に相談しましょう。場合によっては点滴などの処置がおこなわれる行われることもあります。まだお腹が大きくなるなどの見た目の変化はありません。
わたしは妊娠6週に入って少しずつ匂いに敏感になっていったわ。「においつわり」というやつよ。
とにかくお米が炊き上がる匂いが辛かった。あとは「眠りつわり」もあってとにかく一日中眠かったわね。。産婦人科に健診に行ってもまだ赤ちゃん姿は見えなくて、次の健診まで毎日ドキドキして過ごしてた。つわりで食べれれない人、安心して!産婦人科の先生が言っていたんだけど、この時期は食べれなくても赤ちゃんは勝手に大きくなるって言ってたわよ。ようするに…「母体を削ってでも赤ちゃん大きくなる」ってわけ!赤ちゃんの生命力はすごいわね。
安定期付近になってつわりが落ち着いてきたら栄養バランスを考えて食事をすれば良いみたいよ。
そうそう、万が一少量でも出血があった場合はすぐに横になって病院に連絡してね!これくらいなら大丈夫なんて思って働くのはダメよ。病院によって処置は様々みたいで、張り止め薬や止血の薬を出してくれるところもあれば…「今はできる処置がないので、安静にして赤ちゃんの生命力を信じてください。」って所もあるみたい。
とにかく今は自分の身体を優先に無理のないように過ごすことが大事だと思うの。

♡妊婦さん必見!応募者全員もらえるプレゼント♡

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
so news