• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
やっぱ可愛いよな指原♡さっしーの魅力と画像をまとめてみました

やっぱ可愛いよな指原♡さっしーの魅力と画像をまとめてみました

Posted date:
やっぱ可愛いよな指原♡さっしーの魅力と画像をまとめてみました
今やプロデューサーやHKT48劇場支配人の肩書を持つようになった指原莉乃の魅力についてまとめています。最早知らない方はいないかも知れませんが簡単なプロフィールからご紹介します。

 指原莉乃プロフィール


プロフィール
指原莉乃(さしはら・りの)
ニックネーム さっしー・さしこ
所属事務所 太田プロダクション
生年月日 1992年11月21日 (25歳)
出身地 大分県
血液型 O型
身長 159cm
合格期 AKB48 5期生
HKT48劇場支配人兼務
=LOVEプロデューサー
レーベル	キングレコード(AKB48)
ユニバーサルミュージック(HKT48)
avex trax(ソロ)
主な出演作	
『ミューズの鏡』
『薔薇色のブー子』
主な楽曲	
『それでも好きだよ』
『恋するフォーチュンクッキー』
『バグっていいじゃん』

 AKB総選挙の軌跡

 総選挙順位年表


2009年 指原莉乃   27位1,170票   1位前田敦子4630票
2010年 指原莉乃   19位6,704票   1位大島優子31,448票
2011年 指原莉乃   9位45,227票      1位前田敦子139,892票
2012年 指原莉乃   4位67,339票      1位大島優子108,837票 前田敦子総選挙辞退
2013年 指原莉乃   1位150,570票    2位大島優子136,503票 篠田麻里子卒業 
2014年 指原莉乃 2位141,954票    1位渡辺麻友159,854票 
2015年 指原莉乃 1位194,049票    2位柏木由紀167,183票
2016年 指原莉乃 1位243,011票    2位渡辺麻友175,613票  
2017年 指原莉乃 1位246,376票    2位渡辺 麻友149,132票  

 総選挙3連覇!そして総選挙辞退

こうして総選挙を振り返ってみると、指原がどれ程の努力を積み重ねてきたのかが解ります。2009年当時はAKB自体の人気が低く1位の前田のあっちゃんでさえ4630票しか獲得できていない。しかしその2年後には万単位の獲得数になっている。

1位獲得は4度。そして3連覇している。2016年、2017年の獲得数はダントツぶっちぎりの1位だ。
引き際を弁えているというか、去っていく王者の貫禄すら感じる総選挙辞退宣言でした。

この引き際の良さも彼女の人気が衰えない理由のひとつでしょうね。
断トツ1位のまま居続けるようなバカ女であったら、今の人気もなかった事でしょう。

 髪の毛を切っただけでニュースになる

髪きりました〜👏
こんなに短いのは6年ぶりくらい?

LOVEST青山 渋谷さん(カリスマ)ありがとうございました!
	
指原が髪を切っただけでニュースになり、美容業界は万々歳。指原莉乃と検索しようとすると、必ず【指原莉乃 髪型】という検索ワード候補が挙がってくる。
【指原 メイク】も人気の検索ワード候補。
 

 世間がざわついた写真集とananの表紙

スキャンダルも実際出た事もあるし、何かやりそうな子だとは思っていたけれど、2016年に出版されたananのキレイなお尻と、過激なタイトルの写真集に世間は大騒ぎしていたね。けれど、どうだろうか。これが指原だ!そう思った方も多い筈。写真集の【スキャンダル中毒】は2016年当初でさえ3万7000部も売り上げている。

ananの表紙タイトル【sexでキレイになる】は、シリーズ化されたタイトルで、誰が始まりかは定かではないが、採用されたモデルに、古くは郷ひろみ、金子國義の絵((不思議の国の)アリスの裸像を好んで描く画家)、キムタク、香取慎吾、池内博之などキリがないほど起用されている。

その後2003年頃から【恋に効くsex】【sexで恋がときめく】など、岡田准一、ダルビッシュ、向井理などを起用してもセックスシリーズの記事タイトルが固定されなかったのだが、突如、指原で【sexでキレイになる】シリーズが13年ぶりに復活したのだ。

ananも認めるというか、ananもすがりたい指原のお尻の美しさ、って事ですね。

 指原のお尻は芸術品 いや、指原自体が奇跡♡

 
やっぱ可愛いよな。
指原。


最後までご覧頂きありがとうございました。
ギンアンコ。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ギン アンコ。

ギンアンコ。 元北海道民です。 疲れずに読んで頂ける記事を書くコトをモットーとしています。どうかみなさんが楽しんで頂けますように♡