• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「シャドウバース」1から始めるシャドウバース 「十禍絶傑」 第5回 10月30日カード能力調整編

サムネイル出典:

「シャドウバース」1から始めるシャドウバース 「十禍絶傑」 第5回 10月30日カード能力調整編

Author:
HiragaHiraga
Posted date:
「シャドウバース」1から始めるシャドウバース 「十禍絶傑」 第5回 10月30日カード能力調整編

はじめに

どうも、平賀と申します。
日々、少しずつですが今現在もランクマッチにて、戦い続けております。
今回は、2018年10月30日に変更される、カード能力変更について書いていきたいと思います。

勝率と使用率についての話から

まず、公式が発表した勝率が高いデッキや使用率などを確かめて念頭に置いてからカードの調整の話をしていきます。

勝率が高かったデッキタイプと使用率

1位『アーサーロイヤル』勝率56.6% 使用率13.1%(2位)

2位『アーカスネクロマンサー』勝率56.2% 使用率6.1%(7位)

3位『ミッドレンジネクロマンサー』 勝率55.8% 使用率3.2%(8位)

 ※ 筆者の平賀が良く使っているデッキタイプ

4位『ガルミーユ原初ドラゴン』勝率54.6% 使用率、不明(少ないと思われる)

5位『闇喰らいの蝙蝠ヴァンパイア』勝率54.0% 勝率17.9%(1位)

カード能力変更について

今回能力が変更されたのは8枚
弱体化されたのが6枚
強化されたのは2枚

弱体化されたカード

老いたる先導者:ロイヤル

効果
変更前
ファンファーレ エンハンス7;スティールナイト3体出す。
変更後
ファンファーレ エンハンス7;ヘヴィーナイト3体出す。
スティールナイトとヘヴィーナイトの違いは、
スティールナイトが攻撃力2、体力2
ヘヴィーナイトが攻撃力1、体力2
調整理由は、2Pickのロイヤルの勝率が高いためこのカードが調整された。
2Pickはデッキのコストバランスなどがエンハンスとアクセラレーターが便利で強くなる場面が多いと思われる。
今回の場合は2Pickで出現しやすいブロンズレアのため調整されたと思われる。

侮蔑の絶傑・ガルミーユ:ドラゴン

効果
変更前
このフォロワーがダメージを受けたとき、このフォロワーが破壊されなかったなら、ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージと相手のリーダーに3ダメージ
変更後
ターンごとに1回、このフォロワーがダメージを受けたとき、このフォロワーが破壊されなかったなら、ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージと相手のリーダーに3ダメージ
1ターン1回、制限がついた。
理由を推測すると、バトルの終盤、ドラゴンの他のカードでフォロワーにダメージを与える系とコンボを組むことにより、相手プレイヤーに3ダメージを複数回与えて勝利するという手段を防ぐためだと思われる。
それで勝利できなくとも相手の盤面はボロボロで反撃の目をつぶして勝ちにつながりやすくなるようになると思われる。

このカードはネクロマンサーにかなり強かったカードなのでネクロマンサー使いは嬉しいところ。

フラウロス:ヴァンパイア

効果
変更前
直接召喚 自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けたとき、それがこのターン中に4回目なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
ラストワード自分のリーダーを3回復。
変更後
直接召喚 3ターン目かそれ以降の自分のターン中、自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けたとき、それがこのターン中に4回目なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
ラストワード自分のリーダーを3回復。
3ターン目かそれ以降の自分のターン中という制約がついた。
本当に使われると強かったカード。
理由を推測すると、このカードがヴァンパイアデッキから超序盤に出てきた場合、対戦相手は、どうすることもできないまま勝負が決することがままある。
これは勝負にすらなっていないゲームになっているため制約がついたと思われる。

闇を喰らいの蝙蝠:ヴァンパイア

効果
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」と同じダメージ。
変更後
コストが7から8になる。
ヴァンパイアデッキの最後の一押しのフィニッシャー!
このカードは猛威を振るいすぎたので弱体化されたと思われる。強力なプレイヤーへのダメージはゲームをつまらなくする危険性があるので良い調整だと思われる。
最後コイツのダメージ圏内にライフを押し込んで勝負を決することもしばしばある。
効果自体は変更ないが、コスト上昇は大きな弱体化。
他のデッキはこの1ターンの猶予が勝負を大きく分けると思われる。

騎士王・アーサー:ロイヤル

効果
ファンファーレ コスト2以下の、それぞれ名前の異なるロイヤル・フォロワーをランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出す。
変更後
コストが7から8になります。
攻撃力が2から3になります。
体力が6から7になります。
勝率1位のデッキの根幹を支えていたカード。
効果は変わらずコストに調整が入った。
調整内容の理由を察するに、7コストで盤面を埋めて守護や突進持ちをランダム性があるとはいえ展開できるのが強すぎたため。
個人的に書いてあること以上に強いと思うカード。
デッキから、コスト2以下のカードが4枚なくなる。デッキ圧縮効果が強いと思う。
次のドローがより強くなるカードだと思います。

グレモリー:ネクロマンサー

効果
自分のターン終了時、自分の進化後フォロワーすべては「ラストワード カードを1枚引く」を持つ。
ファンファーレ エンハンス 6; 進化していない自分の他のフォロワーすべてを進化させる。(それらの進化時能力は働かない)
変更後
エンハンス6からエンハンス7に変更された。
全体を進化させて強化させる効果のコストが1大きくなった。
弱体理由を察するに、6ターン目の盤面の小型モンスターを強化は対戦相手がどうしようもない盤面になってしまうためだと思われる。
このカードを使うデッキは
『ミッドレンジネクロマンサー』と『アーカスネクロマンサー』が存在するが、どちらかというとアーカスネクロのほうが弱体化された影響は大きいと思われる。
アーカス効果から小型モンスターをゴーストにしそれからのグレモリー進化の強化からのフェイス殴りの強化が1コスト重くなるためダメージ量が減ったり始動が遅くなるため。

強化されたカード

今回勝率が高かったデッキタイプからの違うクラスから1種類ずつ2枚のカードが強化された。

ユグドラシル:エルフ

効果
・万象の加護
・森羅の怒り
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
ドレイン
変更後
コストが7から6になる。
強化された理由を察するに使用率が低いためのテコ入れだと思われる。
今回のこの強化で使用率が上がるかは正直に言えば微妙なところだと思われる。

神の盾・ブローディア:ビショップ

効果
守護 
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分の場にアミュレットがあるなら、自分のリーダーへの5以上のダメージは4になる」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
変更後
コストが8から7になる。
強化された理由を察するに使用率が低いためのテコ入れだと思われる。
今回のこの強化で使用率が上がるかは正直に言えば微妙なところだと思われる。

最後に

今回の調整はかなり、良い調整だと思いました。
『ミッドレンジネクロマンサー』系統のデッキを使う自分からすれば、全ての内容が妥当だと思います。
ネクロマンサー使い的にはグレモリーがコストが重くなるのも納得できる内容でしたし『ヴァンパイアデッキ』のどうしようもない超序盤の展開や、闇喰らいの蝙蝠による強引な勝ち筋などが弱体化されたのも納得できる内容ですね。
10月30日以降のランクマッチが非常に楽しみになる内容だと思います。

前回

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Hiraga