• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<普天間移転が阻止された陰謀とは?>外務省の怪公文書で鳩山由紀夫・元総理が騙された?外務省は知らぬ存ぜぬ!

サムネイル出典:

<普天間移転が阻止された陰謀とは?>外務省の怪公文書で鳩山由紀夫・元総理が騙された?外務省は知らぬ存ぜぬ!

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
Update date:2016年02月23日
<普天間移転が阻止された陰謀とは?>外務省の怪公文書で鳩山由紀夫・元総理が騙された?外務省は知らぬ存ぜぬ!
外務省は偽文書まで創る。
:田中龍作ジャーナル | 外務省と防衛省が首相を鳩山元首相をハメ、辺野古に戻させた  (写真は田中龍作さん©)
	
鳩山氏、アメリカの意向さえも無視し、辺野古移設を強行した外務官僚。 / 鳩山由紀夫・元総理 | 25:30経過
	
メディアも牛耳る官僚 外務省と防衛省が首相をハメ辺野古に戻させた  RT消費税5%(1%=2兆円)時代鳩山代表の追及により4500の天下り機関に25000人が天下り12.1兆円もの血税が投入が判明 安倍政権になって増え続 
	

2016年2月16日(火)、東京都千代田区にて、岩上安身による鳩山由紀夫・元総理のインタビューが行われた。

	
 民主党政権時の2010年4月19日、防衛、外務の官僚たちが、官邸に鳩山首相を訪ねた。

 前年夏の総選挙で鳩山が唱えていた「米軍基地の沖縄県外への移設」についてレクチャーするためだ。

 官僚の一人は「アメリカ大使館と交渉した結果こうなった」と言って、3枚つづりの文書を鳩山に差し出した。

 文書のタイトルは「普天間移設問題に関する米側からの説明」。右肩には『極秘』の判が麗々しく押されている。

 “極秘文書”には米軍のマニュアルとして次のように書かれていた ―

 「航空部隊と陸上部隊の訓練の一体性を考えると、移転先は普天間から65マイル(105km)以内に限る」。

 沖縄全島は70マイル。沖縄以外はダメということだ。(移転先の候補にあがっていた)徳之島はあきらめろという内容である。

 「アメリカがそういう条件であれば、沖縄以外に持って行くことは不可能」。鳩山は県外移設を断念した。

 「最低でも県外」の選挙公約は果たせなくなったのである。沖縄県民の失望をマスコミが「怒り」へと煽り立てた。鳩山は退陣に追い込まれる。

 “極秘文書”を手にした官僚たちが官邸を訪れてからわずか44日後(2010年6月2日)のことだった。

出典:http://tanakaryusaku.jp/2016/02/00012907

	
20160204 UPLAN 「鳩山元総理が明かす『辺野古新基地』の真相」鳩山由紀夫元総理講演会 【ブログ見聞録○休憩室】
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21