• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
韓国・国際観艦式の海上パレード「旭日旗禁止」…そして各国は…?

サムネイル出典:

殿堂

韓国・国際観艦式の海上パレード「旭日旗禁止」…そして各国は…?

Author:
原田サキ原田サキ
Posted date:
韓国・国際観艦式の海上パレード「旭日旗禁止」…そして各国は…?

旭日旗を掲げないようにって…

●10月11日に、韓国で観艦式の海上パレードが行われましたが、ニュースで沢山取り上げられたように「旭日旗を掲げるな」との要請がありました。

日本はそれに対して海上自衛隊の派遣を拒否。

ますます関係が冷え込んでいきそうな展開となりましたが、なんとなく後を追ってみると、他の国も巻き込みそうな雰囲気になってきました。

旭日旗あれこれ

●説明するまでもない、この旗ですね。

第二次世界大戦が終わるまで軍旗として使われ、今は陸上、海上自衛隊で使用しています。

●上が大日本帝国陸軍の旗です。比べると、向かって左に少し寄ってますね。

「まとめし」に丁度よい画像がありました。

●ちなみに「自衛隊旗」はこのようなデザインになっています。

本当は掲げないといけなかった!

乱暴に言えば、所属を示す旗を掲げていない船舶は国際法上、海賊と見なされても反論できない。一般的に民間船舶なら船首と船尾に「社旗」と「国籍旗」、軍艦なら「国籍旗」と「軍艦旗」を掲揚する。

出典:旭日旗の掲揚問題 「韓国の要望は非礼」と海自OBが痛烈に批判...

●「LivedoorNEWS」。海上自衛隊のOBのかたが、的確な説明をしてくれています。
「例えば潜水艦が無断で他国の領海を潜行して航行した場合、あくまでも理論上の話ですが、たとえ撃沈されても文句は言えません。しかし浮上して、規則通りに軍艦旗を掲揚すれば、他国の領海内であっても無害通航権を行使できます。これほど軍艦旗というものは重要な旗なのです」

出典:旭日旗の掲揚問題 「韓国の要望は非礼」と海自OBが痛烈に批判...

●「LivedoorNEWS」引き続き引用です。

軍艦旗はとても重要!

●引用の通り日本国内では自衛隊法等の法令で、世界でも「国連海洋法条約」によって、旗を掲げてどこの国の船か知らせないといけないのです。

少ないですが、国旗と軍旗が同じ国もあります。

そして海自のOBのかたの軍艦旗についてのコメント。それくらい軍艦旗は重要なものと、世界中で認識されているのですね。

ずっと前からの騒ぎのような印象がありますが、韓国が旭日旗で騒ぎ出したのは最近のようです。
そもそも、旭日旗騒動は韓国人サッカー選手のキ・ソンヨンが行った差別的ジェスチャーが原因です。差別行為に対する責任を負わせず、甘い対応で見逃してきたため、日本の国益が損なわれる事態にまで発展したことを忘れてはなりません。

出典:差別反対を訴える個人・組織こそ、旭日旗騒動の原因を作った...

	

これが、きっかけ説

●サッカーは観ないので知らなかったのですが、2011年のサッカーのアジアカップ準決勝の日韓戦で、ゴールを決めたキ・ソンヨン選手が「猿の真似」で、差別的なことをしたそうです。

非難されると「旭日旗を見てカッとした」と説明、その辺りから、旭日旗を反日のシンボルとして騒ぎ始めたみたいですね。

こんなことまでしていたよ

日本側が要請を拒否したと見るや、ソ教授は、今度は世界45ヶ国の海軍に「日本はドイツとは違い、戦後、誠意を込めた謝罪どころか、戦犯旗を海上自衛隊の旗としてまた使用するなど破廉恥な行動を続けてきた」「ドイツは戦後、ナチスの旗の使用を法でも禁止したのに対し、日本は敗戦後しばらく使用しなかったが、また戦犯旗を復活させた。帝国主義思想を捨てられなかったという証拠」というメールを送ったという

出典:旭日旗は「腫れ物」扱い? 自衛艦の旭日旗掲揚を韓国が自粛...

ニューズウイーク日本版から引用です。

何がしたいのか混乱してきました

●韓国は、なんと招待した国にそれぞれの国の国旗と、韓国の国旗を揚げるように求めていました。

日本が法律や慣習などを理由に参加を拒否すると、そのことを世界の45か国にメールで送ります。すごい執念ですね…受け取った各国の海軍の皆様、どう思われたか気になります。

しかし他の国にその要請を求めながら、当の韓国は、豊臣秀吉軍を破ったとされる「李舜臣」の旗を掲げていました。

意図がどこにあるのか、もうわからなくなってきました。日本もさすがに在韓、在日両大使館を通して「残念だ」と抗議したそうです。

パレード、ほかの国はどうしたの?

●どこを探してもどの国がどうしたか正式に発表されていないので、「新宿会計士の政治経済評論」というサイトの管理人さんが、1時間以上ある動画で、確認されていた結果をお借りしようと思います。
事前の報道によれば、観艦式への参加予定国は14ヵ国だった。
•2ヵ国(日本と、なぜか中国)が、観艦式への参加を見送った。
•動画で参加が確認できた国は、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、インド、ロシア、シンガポール、タイ、ベトナム、米国の9ヵ国で、うち、艦旗が確認できなかったのはロシア、米国の2ヵ国であり、それ以外の7ヵ国は堂々と艦旗を掲揚していた。
•動画で参加が確認できなかった国は、インドネシア、マレーシア、フィリピンの3ヵ国。インドネシアについては別のパレードに参加したらしいが、マレーシアとフィリピンの2ヵ国についてはドタキャンした可能性もある。

出典:旭日旗騒動 7ヵ国が韓国の要請無視、ボイコットは5ヵ国? ...

「新宿会計士の政治経済評論」さんより。会計士さんの運営される、興味深いオピニオンサイトです。

てんやわんやの観艦式に…

●結局どの国も、韓国の要請より国際的な慣習を優先したようです。中国の参加見送りは不思議です。

ドタキャンした国があったり、アメリカの「ロナルド・レーガン」は海上デモでなかなか入港出来ないなど、てんてこまいな観艦式になってしまいましたね。

まだまだ問題山積みの両国、世界を巻き込みそう

日本が欠席した観艦式の後、今度は韓国の最高裁で「日本企業に対し、元徴用工への賠償を求める」判決が出ました。これからは元徴用工の像が次々と立てられるのでしょうか。

もう日本との関係は、どんどん悪化するのは間違いないでしょう。日本も最近は簡単に応じなくなってきました。

さらに招待した国に「自国の旗と韓国の国旗を掲げる」という要請、「日本の拒否」をほかの国に訴えるという行為、他の国々もさぞかし困惑したのではないでしょうか。その反応などの情報を見つけられなかったのが残念です。

日本と韓国だけの問題ではなく、じわじわと世界を巻き込みそうな雰囲気です。国際関係のバランスも変わるかもしれないですね。

そしてかの国が国際社会から孤立しないか、心配にもなってきた観艦式でした。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
原田サキ

3年ほどウェブライターをした後、現在は再び会社員に。 世の中に溢れる、隠れるたくさんの情報、特に社会的な疑問を色々と発信したいです。 個人的な趣味も♪