• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
滋賀電車内駅構内連続強姦事件の「植園貴光」とは

サムネイル出典:

滋賀電車内駅構内連続強姦事件の「植園貴光」とは

Author:
sicsic
Posted date:
滋賀電車内駅構内連続強姦事件の「植園貴光」とは

滋賀電車内駅構内連続強姦事件

滋賀電車内駅構内連続強姦事件(しがでんしゃないえきこうないれんぞくごうかんじけん)は、2006年(平成18年)8月と12月に、滋賀県を走る列車内、及び同県の鉄道駅構内で3名の女性が強姦された事件である。

滋賀電車内駅構内連続強姦事件

			

概要

8月
2006年8月3日午後9時20分頃、滋賀県湖南市石部南(当初の報道では大津市坂本)の男性解体工・植園貴光(逮捕時35歳)が、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線福井駅を出発した直後の富山駅発大阪駅行き特急「サンダーバード」車内で、大阪市内の女性会社員(当時21歳)の隣に座り「俺はヤクザだ」「逃げると殺す」などと脅し下半身を触るなどしたうえ、午後10時半頃から約30分間にわたりトイレに連れ込み強姦した(新大阪駅で下車した女性から被害届を受けた大阪府警が2007年4月21日に逮捕)。


12月
2006年12月21日午後10時半頃、JR西日本湖西線堅田駅発京都駅行き普通電車の乗客のいない先頭車両で、大津市の女性パート店員(同27歳)を脅し強姦した(滋賀県警が2007年2月13日に逮捕)。
その直後、京都駅で反対方向の電車に乗り換え、午後11時20分頃雄琴駅(現・おごと温泉駅)で下車、女子大生(同20歳)を脅し駅構内の男子トイレに連れ込み強姦した(滋賀県警が2007年1月17日逮捕)。
12月の事件で逮捕されたことがきっかけで、8月の事件に関与していたことが明らかになった。

出典:滋賀大阪電車内駅構内連続強姦事件 - Yourpedia

	

植園貴光

氏  名:植園 貴光 (36)
職  業:解体工
家族構成:両親と妹の4人家族で公営住宅暮らし
地元の小、中学校を卒業後、父親の建設業などの手伝いをしていた。

植園貴光

・周辺の評判
「昔から同じような事件を起こしていたワル」
「以前からレイプまがいの行為を繰り返していた」

JR湖西線電車内で女性に乱暴、容疑の男逮捕(2007年2月)

大阪府警淀川署は2007年4月21日、JR北陸線の富山発大阪行きの特急「サンダーバード」の車内で2006年8月、大阪市内の会社員の女性(当時21歳)に暴行したとして、滋賀県湖南市石部南、解体工、植園貴光(36)を強姦容疑で逮捕した。
当時、同じ車両には約40人の乗客がいたが、車両の前から3つめの座席だったため大半の乗客は気づかず、少数の乗客も植園にすごまれ、だれも制止できなかった。植園は、2006年12月にも同様に車内や駅構内で女性に暴行したとして2007年1月、滋賀県警に逮捕され、強姦罪などで現在公判中。
調べでは、2006年8月3日午後9時20分ごろ、福井駅を出発した直後に、6両目、前から3番目の座席にいた女性の隣に座り、「逃げると殺す」「ストーカーして一生付きまとってやる」と脅し、繰り返し女性の下半身を触るなどした。
さらに、京都駅出発後の午後10時半ごろから約30分間にわたり、車内のトイレに連れ込み、暴行した。女性はトイレに連れて行かれる途中、声を上げられず泣いていたが、乗客は植園に「何をジロジロ見ているんだ」などと怒鳴られ、車掌への通報もしなかった。
植園は2006年12月21日、JR湖西線の普通電車内で女性(同27歳)に暴行し、さらに大津市のJR雄琴駅で電車を降り、同駅のトイレに女子大学生(同20歳)を連れ込み、暴行した。
JR西日本によると、同社の大半の車両には連結部付近に通報ブザーをつけているほか、トイレにも体調悪化などに備えたブザーを設置。いずれも車掌に連絡が届くようになっている。
また、特急など停車駅間が長い列車の場合、車掌が車内巡回を励行している。同社広報部は「引き続き車掌の見回りなどを強化し、乗客の安全確保、防犯対策に努めていきたい。事件を目撃したら通報ブザーを活用してほしい」と話している。

出典:滋賀大阪電車内駅構内連続強姦事件 - Yourpedia

	

以前からレイプまがいの行為

JR西日本の電車内や駅構内で女性を次々とレイプしたとして滋賀県警に強姦で逮捕された大津市坂本の解体工植園貴光。走行中の電車内などで犯行に及ぶ手口には驚くばかりだが、同容疑者を知る関係者らは「昔から同じような事件を起こしていたワル」と口をそろえる札付きの男だった。

滋賀県から大阪府にかけてのJRの電車内などで、犯行を重ねていた植園貴光だが、滋賀県湖南市の実家近くに住む知人は「以前からレイプまがいの行為を繰り返していた」と証言する。
知人によると、植園貴光は九州出身の父親と、地元出身の母親の長男として生まれ、両親と妹の4人で公営住宅で暮らしていた。地元の小、中学校を卒業後、父親の建設業などの手伝いをしていたという。

「17、18歳の女の子の後を付け、家に入る一瞬を狙って押し入っていた。家人がいれば逃げるが、不在なら、わいせつ行為に及んでいた。同じような被害を受けたのは、たくさんいたが、田舎のことなので、みんな警察に届けるのを渋っていた」
また、別の関係者によると、同容疑者は約10年前、隣の家に侵入し、若い女性の部屋に侵入し、パンティーを被って部屋を物色していたところを、女性の家族に見つかったこともあるという。
同容疑者の行動はしだいにエスカレートしていく。1999年6月には、知人女性=当時(20)=を呼び出し、乗用車内でレイプしたとして滋賀県警に逮捕。さらに2003年5月には、JR草津線の駅構内で女性会社員=同)22)=の背中を蹴るなどの暴力事件を起こし、再び同県警に逮捕されている。まさに「琵琶湖の性獣」ともいえる人物であった。

出典:滋賀大阪電車内駅構内連続強姦事件 - Yourpedia

	

滋賀電車内駅構内連続強姦事件

			

植園貴光を鑑定へ(2007年7月)

「自分の家族が同じことされたら、相手をぶち殺す」
JR北陸線の特急車内で女性に暴行したとして強姦罪に問われた解体工、植園貴光(36)=滋賀県湖南市=の公判が2007年7月20日、大津地裁で開かれ、長井秀典裁判長は脳の障害が犯行に影響したとする弁護側の請求を受け、10月末までに植園被告の情状鑑定を実施することを決めた。
この日の公判で植園は、検察側から「自分の家族が同じ被害に遭ったらどうするか」と質問され「自分に引け目はあるが、相手をぶち殺す」と答えた。
被害者の女性を「殺すぞ。ストーカーになるで」と脅したことについては「あまり記憶にない。冗談ぽく言ったつもり」と述べた。
弁護側は6月の前回公判で、植園被告は16歳の時に起こした交通事故で脳に障害があり、犯行はその影響があると主張していた。
起訴状などによると、植園は昨年8月3日夜、富山発大阪行きのサンダーバード車内で、乗客の女性の隣に座り「大声出すな」などと脅して胸や下半身を触った上、車内の男子トイレに連れ込んで乱暴した。

出典:滋賀大阪電車内駅構内連続強姦事件 - Yourpedia

	

一審 大津地裁・植園に懲役18年判決(2008年1月)

2008年1月17日 読売新聞
 
JRの特急電車内などで女性を暴行したとして、強姦(ごうかん)罪などに問われた滋賀県湖南市石部南、解体工植園貴光被告(36)の判決公判が17日、大津地裁であり、大崎良信裁判長は懲役18年(求刑・懲役25年)を言い渡した。

出典:?T???_?[?o?[?h??????????

	

二審 大阪高裁も懲役18年(2008年5月)

2008年5月29日 

古川博裁判長は「欲望を満たすための犯行で酌量の余地はなく、性犯罪への常習性は極めて顕著」と述べ、懲役18年(求刑・懲役25年)とした1審・大津地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

判決理由で古川裁判長は「公共性が高い電車内のトイレでの犯行で、社会的衝撃を与えた。一般予防の見地からも厳しく処罰されるべき」と非難、被告側の量刑不当の主張を退けた。

出典:?T???_?[?o?[?h??????????

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic