• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
最近話題のママ活ってなんぞ??

サムネイル出典:

最近話題のママ活ってなんぞ??

Author:
tetetete
Posted date:
最近話題のママ活ってなんぞ??
サンデージャポン
ママ活
キンプリの話出た?
あのサンジャポでも話題に!
パパ活は聞いたことがある人も多いかもしれませんが、実は今はママ活というのもあるのです。
パパ活は若い女性がお金持ちの男性に援助してもらうことですので、じゃあママ活はその逆か…というのも、少し違うようです。
どういった点が違うのか、実際の利用者の声を絡めて見ていきましょう。

パパ活サイドの声

こないだ奢りにきたJDが「パパ活で月300万くらい稼いでる」「単価は5〜10万ほど」「なにせパパ活は『パパからカツアゲ』の略称ですからね」と言っていたので、「いや、カツアゲとかそんな可愛げのある金額じゃないよ、それ」というツッコミをしたので、僕は素晴らしく立派でエラい大人ですね。
	
いやいやwww
パパ活の方が圧倒的に件数多いしやべーだろwwwやっとメディアが取り上げたと思ったらそっちかい
やっぱ世の中はお金持ちのオヂサンが回してるんだなぁ
普通に考えて「パパ活」って書いてあるトラック走り回ってる時点でこの国やばいのに
	



募集垢じゃないからそっちが金額とか条件とか提案してそれに文句なければ会うことを検討しますと言った結果。

最後本音がダダ漏れた。
	
男性の登録者は、30代から60代の男性が多く、年齢の幅が広いことが特徴です。独身男性だけでなく、既婚男性の登録も目立ちます。
パパ活をしたいという男性は金銭的に余裕があり、社会的地位も高い場合が多いです。

出典:パパ活のリアルを暴く!現役女子大生によるパパ活実態調査! ...

パパ活の利用者は30代~60代の男性、既婚者も多く、共通項は金銭的に余裕があることだそうです。

ママ活サイドの声

パパ活、ママ活は、若年者に厳しい社会で、なんとか生き延びようとする知恵なんだろう。

子供の貧困や子供食堂とともに、パパ活、ママ活のダークなイメージを払拭し、あらたな仕組みが模索されても良いようなきがする。
	
あ、ママ活って売春ってより、おばちゃん側としては行き場をなくした庇護欲と母性の暴走と末路なのか。何か売春だと腑に落ちなかったけど、御徒町さんのツイートで納得した。私は枯れ専なもんで、思春期以降の若い男の子の可愛さが分かってないけど…同じ若いなら可愛い女の子が良い。
	
ママ活と姉活調べたけど相場がイマイチわかからなかった?

お姫様扱いしてほしいわけではないから1時間2000円~3000円で食事付き合ってくれるリーズナブルなママ活なら助かるけど?‍♀️ムリヨネー
	
ママは何歳でも問題ないです。

要は「支援する資金がある」「若い男性との時間が欲しい」

この2つさえクリアしていればだれでもママになり得ます。

出典:ママ活とは!?アプリでママと出会う方法・料金相場【最強まと...

ママは何歳でもよく、資金面でのハードルさえクリアしていればOKだそうです。

問題は児童買春の温床になること

以上、パパ活、ママ活の当事者たちの声をピックアップしていきました。
身体の関係がなければ、モラル的な問題は置いておいて、法律的にも何も咎められることはありません。
しかし、児童買春ということになると話は全く変わってきています。
パパ活が、一時期話題になった「神待ち」化しているのではという指摘がここのところ多くされています。
ママ活とかパパ活とか、前あった神待ちみたいなもんかぁ
一瞬何のことか思ったわ。
	
お題目通り、成人男女がお金を通して食事やデートだけを楽しむのであれば、それは何も問題ないでしょう。

しかし、肉体関係を望んだりすればそれは売春防止法に触れます。

さらに18歳未満の相手であれば、児童買春となり、逮捕されうる犯罪行為となります。

もしあなたが興味本位でこれらの行為に手を出そうと思うなら、しっかり分別を持って、越えてはいけないラインをきちんと学習してからにしましょう。

いざというときにあなたの身を守るのは、あなた自身しかいないのですから。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
tete