• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
世界中が注目するバンクシーのストリートアート||落書きアートのまとめ||

世界中が注目するバンクシーのストリートアート||落書きアートのまとめ||

Posted date:
世界中が注目するバンクシーのストリートアート||落書きアートのまとめ||
最初はただの落書き屋だったバンクシーですが、そのメッセージ性の高い落書きに魅かれ、人々は次第にそれを落書きではなくストリートアートと呼ぶようになりました。彼が落書きをしたボロアパートやブロック塀のある土地は途端に価値が高騰し、その為なのかバンクシーの落書きに罰金刑は課せられません。そんな、世界中が注目しているバンクシーのストリートアートをまとめてみました。 
ウィキペディア(Wikipedia)より引用
バンクシー(Banksy, 生年月日未公表)は、イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。バンクシー本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。2005年、自作を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたことが話題となった。 
今バンクシーのエディション作品を落札しようとすると、どの作品も億は下りません。この最後に出て来たクレヨンライフルを持った少年のエディション作品は(剛力の)あの前澤社長が所有しています。バンクシーは実はいいとこのお坊ちゃん?という噂も出ているようです。こんなメッセージ性の強い億の作品が何枚も何枚も落札されたそのお金って何に使っているの?と気になりませんか?おそらく何処かに寄付されているのではないかと言われているのですが・・・でも、そこを公表しないところもまた、彼が注目される所以でしょうね。

最後までご覧頂きありがとうございました。
ギンアンコ。 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ギン アンコ。

ギンアンコ。 元北海道民です。 疲れずに読んで頂ける記事を書くコトをモットーとしています。どうかみなさんが楽しんで頂けますように♡