• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<朗報> 自主避難で東電に賠償命令 京都、原発事故後初めて

サムネイル出典:

<朗報> 自主避難で東電に賠償命令 京都、原発事故後初めて

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<朗報> 自主避難で東電に賠償命令 京都、原発事故後初めて
 東京電力福島第1原発事故の影響で、福島県から京都市内に自主避難した40代の夫婦と子どもが、仕事を失った上、精神疾患を発症したとして、東電に計約1億8千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁(三木昌之裁判長)は18日、夫婦への計約3千万円の支払いを命じた。

 原告側の代理人によると、自主避難で賠償責任が認められるのは初めてとみられる。

 認容額は原子力損害賠償紛争解決センターの裁判外紛争解決手続き(ADR)で提示されていた約1100万円を上回った。原告側は「ADRでの提示額に納得いかなくとも諦める必要はないと判決が先鞭をつけた」と評価した。

共同通信  2016/2/18 19:10

出典:http://this.kiji.is/72935000171462665

	
福島県から京都府内に自主避難した夫婦と子どもが仕事を失った上、精神疾患を発症したとして、東電に損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は夫婦への計約3千万円の支払いを命じた。
自主避難で賠償責任が認められるのは初めてとみられる。
	
東京電力福島第一原発の事故後、福島県の自主避難区域から京都市に避難した元会社経営者の男性と妻子4人が約1億8千万円の損害賠償を東電に求めた訴訟で、京都地裁は、男性と妻に計3046万円を支払うよう東電に命じました。
	
【原発事故で自主避難、東電に賠償命令…京都地裁】

「40歳代の男性と家族計5人が東電に約1億8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は18日、男性と妻に約3000万円を支払うよう東電に命じた」
	
🤗良い指摘だ→

「国の原子力損害賠償紛争審査会の指針について『類型化が可能な損害項目や範囲を示したものに過ぎない』と指摘。事故と因果関係のある被害は個別事情に応じて賠償するべきだ」

福島から自主避難、東電に3千万円賠償命じる
	
ひとつの白昼夢を提示したい

原発の解体よりも電力会社の解体の方が先ではないのだろうか?
日本社会は恐怖の原発を人質に電力会社に取られてしまってるので、恐怖を静めるために
電力会社が必要~産業界も安定した電力供給のためには電力会社の安定と発展が必要だと
そのために原発が必要というのなら・・・

話は逆じゃないだろうか?

電力会社を解体しろって言っても様々なつながりが魑魅魍魎のように複雑怪奇に
まとわりついてるので日本社会自体が思考停止状態なのだが・・・
電気は社会が必要としている
だから社会が必要とする電力会社を作ることを考えれば
必要な電気も不要な原発も、そして福島の被害者への救済も
すべてが社会が納得できるように出発できるのではないだろうか?
<原発事故賠償>福島県、ADR申し立てへ: 東京電力福島第1原発事故に伴う損害賠償請求で、福島県は15日、原発事故対応の経費約10億5000万円について、国の原子力損害賠償紛争解決センターに和解仲介手続き(ADR)を申し...
	
国会中継、高橋議員。原子力災害の損害賠償で、被災者が賠償の上乗せを申し出たのが東電により却下。事故から五年、すでに亡くなられた方が400名以上いるとのこと。加害者である東電が、「相当因果関係があれば賠償を吟味する」と言っているのはおかしくないか?加害者が判断する立場は何なのか?
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21