• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
2019年はどんな年?日本でM8巨大地震発生!?予知・予言まとめ

サムネイル出典:

2019年はどんな年?日本でM8巨大地震発生!?予知・予言まとめ

Author:
yapiyapi
Posted date:
Update date:2018年12月05日
2019年はどんな年?日本でM8巨大地震発生!?予知・予言まとめ

2019年の干支は己亥(つちのと・い)

亥年は、十二支の中でも最後の年です。

ということは、十二支を植物の一生と考えると、戌年でたわわに実った果実が種子となり、エネルギーを蓄えて次の世代へと向かう準備をするという意味の年なのです。

出典:2019年の干支は亥年、どんな意味があるのでしょうか? | のびの気になるアレコレ

	
2019年はどんな年になるか?

己の字は三本の平行線を形取ったもので、「植物が充分生長し形が整然としている状態」 という意味があります。
また、己亥の”亥(い)”は、陰陽五行説では水性の「陰」に割り当てられており、「亥(がい)」は「とざす」の意味で、「草木の生命力が種の中に閉じ込められた状態」 を表しているとされています。
相克の中でも己亥は「土剋水(どこくすい)」と言い、土は水を吸い取り、常にあふれようとする水を堤防等でせき止める、と意味もあります。

変化を求める気運が高まる
変化に対応できない人も多く、社会や将来への不安が増す
終わるものと始まるものとある
新たなリーダーの登場が期待される
舌禍によって大きなトラブルが発生する
外交では大きなチャンスが訪れるが、ツメの甘さに注意
家族の在り方を見直す時
税制改革などにより不動産や相続にまつわる話題が増える
自然のリズムに変化が訪れ、日本の四季の移り変わりがずれ込む
季節はずれの台風、夏の日照不足などに注意
新たなルールやシステム作りや流通改革などが進む
賃金増だが増税や物価上昇により個人の可処分所得は現状維持

出典:2019年の亥年はどんな年になる?変化を求められる年になるかも? | 生活いろいろ情報サイト

	
1959年の己亥の年には何があった?

2019年の干支は、己亥で水(亥)と土(己)だから、相性が悪く、けんかをします。
1959年は、前年から始まった岩戸景気の中にあって景気はいいんですね。高度経済成長の時代。
この年を代表する出来事が、皇太子様と美智子様のご成婚です。そう言えば、2019年も皇室では大きな行事がありますよね。
60年前に結婚された当時の皇太子が、60年後の2019年、天皇を退位される。新時代の幕開けとなる年が2019年。
とにかく、60年前の1959年はミッチーブームで盛り上がったのです。
おめでたい話ばかりでもありませんでした。どちらかと言えば、やたらと荒れている印象を受けます。
安保とか、労働問題とか、公害訴訟とかで、デモも多かった年です。
デモ隊が国会議事堂の中に入って行ったりとか。ちょっと、今では考えられませんが、荒れています。
また、大規模な災害もありました。伊勢湾台風では、5000人以上の死者を出しました。
相剋の干支である「己亥」の年の世の中は荒れる。2019年も、荒れますかね?

出典:2019年はどんな年?干支は己亥(つちのとい)。正しい場所で挑戦する年! | 吉方位・吉日のブログ

	
干支「己亥」では調子に乗り過ぎれば凶、納音「平地木」では迷わず継続すれば吉

「己」と「亥」は、五行で「土剋水」という相剋の関係にある。相剋とは片方がもう片方を凌駕しようとすることで、土は水を濁らせ、溢れ出ようとする水の流れを土が止めることを意味している。
つまり「己亥(つちのと・い)」は、ステップアップする大事な時期にもかかわらず、あふれんばかりの精力がそれを邪魔してしまうという意味になる。まさに調子に乗り過ぎることで落とし穴に落ち、そのせいで将来のチャンスを失いかねないということを意味しているのだ。

納音では「己亥」は「平地木」となる。これは野中の一本杉の様に平地に真っ直ぐ立つ孤高の木を指していて、寂しく孤立しているが、ひとり茂っている様を表している。その姿から東洋占術では、迷わず信念を持って継続すれば吉運が舞い込むとの解釈を当てている。
つまり2019年は、「己」が持つ横溢するエネルギーが、「亥」が持つ飛躍のための大切な準備期間の邪魔をしようとするが、「地平木」が持つ孤高の継続力で乗り切れる年ということになろう。

出典:2019年の干支は「己亥」。落とし穴に落ちる?落ちない?山頭火も好んだ納音が示すこと 【LIFULL HOME"S PRESS】

	

日本でM8巨大地震発生?

フランク・フッガービーツ氏の地震予知

フッガービーツ氏(オランダの地震予知研究者)は、太陽系の惑星の配置という占星術的な手法で地震を予測しているオランダ人の地震予測家であり、場所こそ特定できないものの、発生日時を当てることにはすぐれており、これまでにもM7.8を記録したネパール大地震や、昨年4月に発生した熊本地震を予測、的中している。今回の予知内容は次のようなものだ。
「2018年の12月21日に惑星がとても危険な位置に配置されます。これにより12月21日~25日の間に巨大地震が発生するでしょう。現在の計算だとマグニチュード7~8の地震になりそうです」(フッガービーツ氏)

聖徳太子の予言

聖徳太子は「平安京への遷都」「幕末の黒船来襲」「京の都から東京への遷都」さらには「第2次世界大戦の日本敗戦」まで、歴史上の大事件を数多く予言し、的中させている。

「クハンダが来るため、その東の都は親と七人の子供のように分かれるだろう……」
「クハンダ」とは仏教用語で「末世に現れる悪鬼」のことである。その来襲により、東の都すなわち首都東京は壊滅状態に陥るため、首都機能を親と7人の子どもに分ける――

竹田恒泰氏は、たとえほんのわずかな時間であっても天皇空位の時間が生じることを強く危惧している。
竹田氏は、4月30日退位から翌日の5月1日即位まで、「法的な空位は生じなくても、実質的な空位が生じるのは良くない」と語っている。たしかに、退位と即位の変わり目は、天皇のご加護も薄れる可能性がある。天皇空位の日本、その弱体化したスキを狙って、末世の悪鬼クハンダが襲って来る可能性はありそうだ。
木村政昭・琉球大学名誉教授の地震予知

数多くの大地震や大噴火を予測してきた木村政昭・琉球大学名誉教授も、富士山噴火を「2014±5」年、つまり2019年までと予測している。
なお、富士山の宝永大噴火が起きた同年には、宝永地震(南海トラフ地震)も起きていた。さらに、その前年には浅間山と霧島山が噴火しているが、思い出してほしい。今年3月には新燃岳で爆発的噴火が起き、浅間山も2月から地震活動を活発化させている。

出典:【警告】2019年に富士山大噴火と南海トラフ巨大地...

	

ノストラダムスが予言する今後の世界

史上最大の地震
ノストラダムスによると、史上最大の地震が米国西部で発生するという。

人間の寿命が200歳になる
「医療の進歩により、寿命は200歳まで延びる。80歳であっても50歳の見た目となるだろう」
現在、世界中の研究機関がアンチエイジングの研究に力を入れていることはよく知られている。なかには、寿命を“1000歳”まで伸ばすという、ノストラダムスの予言も超える長寿を目標にしている研究者もいるようだ。

言語の差異が消滅
「新しいエンジン(モーター)が開発され、世界はバベルの塔以前のようになるだろう」
『旧約聖書』によると、天にまで届く高さのバベルの塔を建設しようとした人間の傲慢さに神が怒り、コミュニケーション不全に陥らせるために、それまで1つだった言語を複数にしてしまった、と言われている。解釈者らは、ここで言及されている「エンジン」は現代のコンピュータを指していると考えているそうだ。今後、コンピュータ翻訳の精度が劇的に向上し、言語の壁が完全になくなることを予言していたのかもしれない。

放射線が大地を焼く
「王が森を盗み、空が開け、大地は熱で焼け焦げる」
これは、熱帯雨林破壊に伴うオゾン層の破壊によって、紫外線や他の有害放射線が大地に降り注ぐことを意味しているという。あるいは、直接的に地球温暖化を指摘しているかもしれない。

世界経済の崩壊
「金持ちは幾度となく死に絶える」
世界経済がグラグラと揺れている現代の我々にとってはさほど驚くべき予言ではないかもしれないが、同様の予言をブルガリアの盲目の預言者ババ・ヴァンガや、アメリカ最強の預言者エドガー・ケイシーもしていることを考えると、今後大きな経済破綻が起こるのかもしれない。注意しておくに越したことはないだろう。

出典:【衝撃】ノストラダムスのまだ有効な5つの予言が怖い! 史上...

	
	

ノストラダムスの予言通り人間の寿命が200歳になる根拠

その他 2019年の予想情報

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
yapi