• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
油で食材が一段とおいしく!アヒージョ

サムネイル出典:アヒージョ - Wikipedia

油で食材が一段とおいしく!アヒージョ

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
油で食材が一段とおいしく!アヒージョ

サムネイル出典:アヒージョ - Wikipedia

海鮮食材や肉などを、オリーブオイルで炒め煮にして、食材の旨味を閉じ込めつつ熱々でおいしくいただくアヒージョの魅力紹介まとめです。

アヒージョとは

日本ではまだ家庭料理になるほど一般的ではありませんが、徐々に外食などで、おしゃれな料理として、またおつまみとしても広がりつつあるアヒージョです。

アヒージョ(西: ajillo)は、スペイン語で文字通りには「小さなニンニク」、具体的には「刻んだニンニク」を表わす言葉であり、オリーブオイルとニンニクで煮込む、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)の一種である。マドリード以北でも提供しているバル(飲食店、酒場)は多い。カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと供される。
日本では、「アヒージョ」というが、アヒージョはニンニク自体のことであり、料理のことは正しくは「(食材名) アル アヒージョ」(al ajillo)、たとえば海老を使用する場合は「ガンバス アル アヒージョ」となる。
また、「アヒージョ」と言う言い方はジェイスモの発音であるのでジェイスモではない場合「アヒーリョ」となる。ジェイスモでも違う発音では「アヒーヨ」となる。
素材は魚介類を中心に海老、牡蠣、イワシ、タラ、エスカルゴ、マッシュルーム、チキン、砂肝、野菜など多種多様で、熱が通った具材をそのまま食すのと併せ、バゲットやチュロスをオリーブオイルに浸して食べるのが一般である。日本のスペインバルではバゲットやチュロスの提供は必須ではないが、スペイン人の中には「バゲットやチュロスと一緒でないと成立しない料理」と主張する向きもある。

出典:アヒージョ - Wikipedia

	

評判のアヒージョ

カマンベールと牡蠣のアヒージョです。
スキレットににんにくを加えて火にかけ、香りを移す。切り込みを入れたカマンベール、オイル漬けの牡蠣、ブロッコリーを詰め込み塩を軽く振ってトースター10分弱🔥
牡蠣やらパスタをチーズに潜らせて頬張る幸せ🧀
カマンベールはこの食べ方が暫定一位
	
【夜食】
コストコのアヒージョ〜胸焼けと吐き気のオンパレード〜
	
一人おーともー
坦々油そば&半炒飯!
デキタテノ アヒージョ
おいしゅーございやした!
	
ウチの定番となりつつあるアヒージョさんです。インスタ萎えですが、味は旨いです。
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。