• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ロックバランシング!森へ行きたくなる石のアートと日本のアーティストをご紹介します!

ロックバランシング!森へ行きたくなる石のアートと日本のアーティストをご紹介します!

Posted date:
ロックバランシング!森へ行きたくなる石のアートと日本のアーティストをご紹介します!
ロックバランシングと言って石を積んでいくアートがあります。森の中や河原に出没する石たちは、周りの景色と相まってそれはそはとても不思議で幻想的。近頃、突如河原に出現する石のアートロックバランシングがSNSを通じて話題になっています。何でも、丸いほど難しいとか。

先ずは美しく積み上げられた石の画像から。後半に日本のアーティストお二人をご紹介しています。  
同じデザインですが違う石なんです。
色のついた石を探すだけでも楽しそう。 
☟簡単そうで難易度が高い、濡れている丸い石ですね。 

 日本のアーティスト 池西大輔(@IsmDaisuke)さんの作品

池西大輔さんの作品は、どこか人に見えてくる作品が多く、大きな靴を履いて歩く姿が(に見えるような)愛らしさがあります。
本業は整体師さんで、仕事の前には必ず石を積んでおられるそうです。

早起きして出勤前に石積み、いい仕事が出来そうなそんな気になってきますね。そして穏やかに始まる一日と言うのもいい。  
京都市の鴨川や高野川沿いに出現する石のアートがツイッターやインスタグラムで話題だ。近くの男性がほぼ毎日、静かに石を積んで作品をつくっている。

 石を積み上げる「ロックバランシング」の妙技を見せるのは、京都市左京区で整体院を営む池西大輔さん(43)。  

出典:京都歩けば石積みアートに当たる 作者は近所の整体師:朝日...

	
☟☟☟池西大輔(@IsmDaisuke)さん | Twitter

 日本のアーティストKokei (@rocksportrait)さんの作品。

☟18.6千いいね♡
☟☟☟Kokei (@rocksportrait)  Instagram
■☟☟☟去り際にニコッと笑うトコ必見です。
	

 素晴らしい作品が見れる三國古渓(ロックバランシング) @tannsuigyo7さんのtweet 見どころ満載です。

感動・・・T^T
☟☟☟三國古渓(ロックバランシング)(@tannsuigyo7)さん | Twitter
見ているだけで石に触りたくなりますね。
森や河原や海や山、とにかくどこかに出かけたくなりました。

最後までご覧頂きありがとうございました。
ギンアンコ。 
 
 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ギン アンコ。

ギンアンコ。 元北海道民です。 疲れずに読んで頂ける記事を書くコトをモットーとしています。どうかみなさんが楽しんで頂けますように♡