• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
要注目【テクノ】ミュージシャン「ブレイク」日本人アーティスト厳選セレクションまとめ #トランス #エレクトロニカ #techno  #YMO

要注目【テクノ】ミュージシャン「ブレイク」日本人アーティスト厳選セレクションまとめ #トランス #エレクトロニカ #techno #YMO

Posted date:
Update date:2018年12月22日
要注目【テクノ】ミュージシャン「ブレイク」日本人アーティスト厳選セレクションまとめ #トランス #エレクトロニカ #techno  #YMO
日本においては1980年代の「YMO」が火付け役となりブレイクした「テクノ音楽」。その後、ケン・イシイが世界的にブレイクしました。その後、現在も脈々と流れる日本人個性的なテクノ魂は留まるところを知りません。その系譜の中で2018年現在で、要注目と言えるネクストブレイクアーティストを中心に厳選してまとめてみました。

テクノの歴史

テクノ様式的起源  エレクトロシカゴ・ハウスデトロイトテクノ
文化的起源	 1980年代
使用楽器	ドラムマシンキーボードパソコンサンプラーシーケンサーシンセサイザー
サブジャンル  アシッドテクノアンビエントテクノミニマルテクノダブテクノ
融合ジャンル  ハードコアテクノ

ダンスミュージックとしてのテクノに至る前史として、電子音楽ポップスへの転化の試みが行われていたことに留意する必要がある。1970年代から活動を続けていた、クラフトワークYMOジョルジオ・モロダーTelex等、電子音楽の手法をポップスに応用しようと試みるアーティストが先進国を中心に現れ始めていた。彼らの音楽は世界中でシンセポップ(日本ではテクノポップ)と呼ばれ、最先端の音楽として注目を集めるに至っていた。これらのシンセポップにより、商業音楽におけるシンセサイザーの有効性が世界中に認知されることになった。

1980年初頭、アメリカのシカゴでは、その大半がゲイ黒人で占められるクラブにおいてDJによるダンスミュージックのさまざまな実験的DJプレイが試されていた。そのような中、それまでのダンスミュージックの歴史にはみられなかった画期的な出来事が起こっていた。

1980年代前半から中盤にかけ、シカゴに隣接する都市であり、同じく黒人音楽の伝統を持つデトロイトでもシカゴとデトロイトを行き来する人々によりこのシカゴ・ハウスが持ち込まれ、新しい音楽の運動が生まれてくる。

テクノロジーの上では電子的な音のギミックやベースラインを、思想としてアフロ・フューチャリズムと呼ばれる黒人特有のSF・未来志向を強調していた。

1988年、やがて彼らが作っていたデトロイト発のレコードのヒットに目をつけたイギリスヴァージン・レコードにより、その傘下から編集盤アルバムが発売されることとなり、広報の一環としてイギリスの雑誌「ザ・フェイス」内でデトロイトの特集記事が組まれた。

1988年〜1991年にかけてイギリス北部でセカンド・サマー・オブ・ラヴと名づけられたドラッグアシッド・ハウスが結びついたムーヴメントが発生する。その際シカゴ産のアシッド・ハウスの流行とともにデトロイト産のテクノも渾然一体となりイギリスへと流れ込み、ムーヴメントの初期から使われていた。この流れはイギリスからヨーロッパ全土へと徐々に拡大して行き、激しいスタイルを持った4つ打ちの音楽はそれぞれの地において地元の文化と融合し(ハードコア、ジャーマントランスガバ)、またはトランスなどの新たな音楽も生まれた。

1989年に、テクノラップユニットTechnotronicPump Up The Jamを発売すると世界中で大ヒットした。このヒットでニュービートの影響下にあるベルギーのテクノが世界中に知れ渡ることになった。これ以降、ベルギーはテクノで有名となった。

1990年、ヨーロッパでレイヴが続いていたころ、より刺激的な音を持つテクノとみなされたレコード、代表的なところではニューヨークジョーイ・ベルトラムによる「エナジー・フラッシュ」(英:Energy Flash)やアンダーグラウンド・レジスタンス(UR)の作品などが続けざまに発売されヨーロッパへ流れ込み大きな衝撃を持って迎えられた。今一般にテクノと言われる音が方向付けられたのはこのあたりであるとされている。

1992年、こうしたいわゆるヨーロッパのレイヴ後に登場しテクノの特徴をさらに推し進めたものとしてハードミニマルがある。ほとんど暴力的にも聴こえる4つ打ちやパーカッションのみで構成されたレコードを次々と切り替えてDJを行うスタイルは大きなインパクトを与え、その楽曲は多くの追従者を生み出した。

その後もこういったダンス・ミュージックがかけられる場の人々の欲するままに、テクノにラテンの雰囲気が取り入れられたり、また楽曲のPC作成が進み、より複雑な音のサンプリングの切り貼りが強調され、さらにはミニマルが洗練されてハウス・ミュージックに近づくなど、さまざまな要素を取り込みながら試行錯誤を繰り返しつつ現在へと至るのである。

出典:テクノ (ダンスミュージック) - Wikipedia

	

日本人テクノアーティスト「ブレイク」スペシャル厳選まとめ

Pineart

Masahiro Narita

Waki

kaetsu takahashi

909state

Reqterdrumer

HIROYUKI ARAKAWA

TMRJP

Sub Human Bros

Ken Ishii

Owl

Flag75

SUDO

Do Shock Booze

Wata Igarashi

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」