• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
甘くて濃厚な旨味の甘エビ

サムネイル出典:ホッコクアカエビ - Wikipedia

甘くて濃厚な旨味の甘エビ

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
甘くて濃厚な旨味の甘エビ

サムネイル出典:ホッコクアカエビ - Wikipedia

寿司や刺身に使われ濃厚な甘みのたまらないエビの、甘エビ紹介まとめです。

甘エビとは

ホッコクアカエビ(北国赤海老 Pandalus eous)はタラバエビ科に分類されるエビの一種。北太平洋の深海に生息し、重要な食用種として漁獲される。別名は、アマエビ(甘海老)、ナンバンエビ(南蛮海老)など。
体長は12cmほどで、和名の通り全身がピンク色から赤橙色をしている。「ナンバンエビ」という別名は、外見が赤く熟した唐辛子の実(別名ナンバン)に似ることに由来する。
日本では高級食材として扱われる。北日本では重要な漁業対象で、底引き網や籠漁などが行われる。20世紀末頃からは冷凍されたエビの輸入量も増加していて、タラバエビ類では比較的安価に流通する。
甲が柔らかく、身から離しやすい。生で食べるとグリシン、アラニンなどのアミノ酸に由来する甘みがあり、これが別名「アマエビ」の由来となっている。ただし捕獲直後の極めて新鮮な状態では甘さは感じられない。死後、多少時間が経過すると甘みが感じられるようになるのは、自己消化の過程でタンパク質からアミノ酸が生成されるからであり、生きている状態や新鮮な状態では含有量が少ないためとされている。基本的に、輸送時間などを考慮すれば店頭で並んでいる時点で最も食べごろとなっているのが通常である。冷蔵と物流が進展するまでは殻のまま煮る「具足煮」が一般的だった。

出典:ホッコクアカエビ - Wikipedia

	
	

おいしい甘エビ料理

今日の夜ご飯に
タッキーの大好きな甘エビ?を食べました☺️
	
甘エビを腹いっぱい食うという
珍しいシチュエーション
	
甘エビとズリ刺♡
甘エビと日本酒いっしょに口いれるの悶絶する♡♡♡
	
12月24日

メリークリスマス

お昼御飯は市場で購入して取引先の
工場で社長が調理してくれました

女カニ、甘エビ、イカ、マグロなど
を料理してもらって食べました
社長は漁師の息子さんで魚のさばき
方もすごく上手いです

新鮮で調理も上手いのでどの料理も
とても美味しかったです
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。