• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
脂肪の落とし方【実践講座】簡単に実践できる「ふくらはぎ」ダイエットの方法とは? #筋肉体操

脂肪の落とし方【実践講座】簡単に実践できる「ふくらはぎ」ダイエットの方法とは? #筋肉体操

Posted date:
脂肪の落とし方【実践講座】簡単に実践できる「ふくらはぎ」ダイエットの方法とは? #筋肉体操
ダイエットをして、ふくらはぎシェイプアップをしたいという人は少なくありません。ふくらはぎのような下半身は、特に体脂肪蓄積されてやすいといいます。下半身は、停滞している水分や老廃物か滞りやすい部位であり、ダイエットをしてもなかなか細くならない場所です。太ももは、服装に気をつければカムフラージュすることができますが、ふくらはぎは隠しようがないため、ダイエットの必要性が切実です。

簡単に実践できるふくらはぎダイエットとは

長年、ふくらはぎがふっくらとしているところを、どうにかしたいと考える人もいます。様々なふくらはぎダイエットがありますが、特に効果が高いと言われるものは何でしょうか。全身が痩せるようなダイエットをしても、ふくらはぎの引き締めは難しいので、ふくらはぎのマッサージをして、血流を促進するといいでしょう。リンパ腺の流れを改善するためのリンパマッサージを行うことによって、ふくらはぎを引き締めることが可能になります。マッサージをする場所は、ふくらはぎの後ろ側で、固くなっている場所を指先で探ってみつけますマッサージ用のローラーでも効果的ですし、指の腹を使ったマッサージでもいいので、続けやすい方法でやるといいでしょう。両手を使って丁寧にもみほぐすほうがリンパマッサージの効果は上がりますが、長続きする方法にしたほうが意味があります。専用のマッサージ用ローラーを使えば、毎日続けていても苦になりませんし、手の先が疲れることもありません。

ダイエットでふくらはぎが痩せるのは難しい理由と解決法

気合いを入れてダイエットを頑張っているにもかかわらず、ふくらはぎが細くならない人がいます。ふくらはぎが太い原因皮下脂肪だった場合は、体を動かして脂肪を燃焼させることで、ふくらはぎダイエットが可能です。けれども、激しい運動を続けていると、皮下脂肪は燃焼したとしても、ふくらはぎに筋肉が増強される可能性があると言われています。そうなると、運動効果で体脂肪を減らすことができたとしても、代わりに筋肉がついて体重が増加するという可能性もあります。頑張ってダイエットをしていたのに、効果に乏しいということもあるようです。ふくらはぎを使う筋トレをする時には、少しの段差のところでつま先立ちになり、登り降りの動作を繰り返しますリンパマッサージをすることで、ふくらはぎの血流を改善し、滞っていた水分や、老廃物を体から追い出すという方法もあります。セルライトや脂肪を指の腹を使ってもみほぐしていき、リンパの流れに合わせて下から上へとそっとマッサージをします。最近は、履いているだけでふくらはぎに一定の圧力をかける効果がある靴下も注目されています。むくみや、脂肪がついているためにふくらはぎが太く見える場合は、ダイエット自体は容易です。脂肪ではなく、筋肉がふくらはぎの太さの原因になっている人は、自宅でのケアではそう簡単には細くなりません。美容外科手術が可能な美容クリニックに行って、ふくらはぎを細くするための施術を受けるというやり方が、確実であるといえるでしょう。

ダイエットでは「ふくらはぎ以外」の筋肉強化を心がけよう

効果的なダイエットをしたい場合は、有酸素運動を継続することが、ふくらはぎだけでなく、全身のシェイプアップになります。ウォーキングや、軽度のジョギングが、おすすめの有酸素運動です。ダッシュや筋トレのような無酸素運動よりも、有酸素運動のほうが、脂肪を燃焼する効果が高いので、ダイエットにはうってつけです。とはいえ、無酸素運動も、ダイエットには重要な役割を担っています。有酸素運動とはまた別な形で、無酸素運動も効果があるといいます。無酸素運動をすることで、筋肉を増やすという効果があります。ダイエットでは、ある程度の筋肉が必須になっています。筋肉が多い体は、体内に蓄積されている脂肪を速やかにエネルギーに変えることができるからです。ただし、筋肉ががっちりついたふくらはぎは、いくら脂肪が少なくてもごつく、太く見えてしまいます。筋肉はダイエットに役立つものではありますが、反対に体を太く見せてしまう要因にもなりますので、気をつける必要があります。筋肉を増やすことで、じっとしていてもカロリーがたくさんエネルギーになる体質になれますので、ダイエットには有用です。無酸素運動では、できるだけふくらはぎ以外の筋肉を強化するような、運動メニューを選択することが大事です。無酸素運動をする時には、胸や背中にある大きな筋肉を使うようにすることで、より多くのエネルギーを消費する運動をすることが可能です。ダイエットをしてふくらはぎを引き締めたいという時は、筋肉増強効果がある無酸素運動と、脂肪燃焼効果がある有酸素運動を、上手に使い分けることがポイントです。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
 Pride of the Japanese

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」