• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
少年院出身【アイドル】異次元美少女「戦慄かなの」さんの目を惹かざるを得ない経歴と「画像」要注目まとめ   #頓知気さきな

少年院出身【アイドル】異次元美少女「戦慄かなの」さんの目を惹かざるを得ない経歴と「画像」要注目まとめ #頓知気さきな

Posted date:
少年院出身【アイドル】異次元美少女「戦慄かなの」さんの目を惹かざるを得ない経歴と「画像」要注目まとめ   #頓知気さきな
児童虐待(ネグレクト)経験者で、女子少年院出身という異色すぎる「アイドル」がいます。その名は「戦慄かなの」さん。名前もユニークですが、生き様や目を惹く容姿も特徴的で今後益々ブレイクしそうな予感がします。要チェックです。今回はそんな彼女の活動紹介と動画画像を織り交ぜて紹介します。

戦慄かなの

せんりつ かなの
戦慄 かなの
プロフィール

生年月日	1998年9月8日
現年齢	20歳
出身地	日本 大阪府
公称サイズ 身長 	154 cm
スリーサイズ	79 - 60 - 83 cm
活動デビュー	2017年
所属グループ	のーぷらん。(2017年)
ZOC(2018年 - )
femme fatale(2018年 - )
活動期間	2017年 -
受賞歴	ミスiD2018 サバイバル賞

出典:戦慄かなの - Wikipedia

	

少年院出身という異色すぎる経歴

幼少時から母よりネグレクトを受け、学校ではいじめを受け中学2年で自殺を図る。非行に手を染め、高校時代女子少年院に送致、1年8か月を過ごす。

出典:戦慄かなの - Wikipedia

	
幼少期に両親が離婚、妹とシングルマザーの母親に育てられた戦慄は育児放棄をされ、水道水だけで1週間生活したことも。中学3年生のときに新宿歌舞伎町へ出入りするようになり、高校生のときには、100円で大量購入したパンツを出会い系サイトで見つけた男性に対して雇った女子高生に売らせるブラックビジネスなどに手を染め、少年院に。

少年院は通常10ヶ月で退所するところ、教官への反抗も多く、2年間いて「長老」と呼ばれていたというが、同時に猛勉強の末、高卒の資格を取得し、昨年大学に進学。現在はZOCのほか、妹と姉妹ユニットfemme fataleでも活動。児童虐待や育児放棄をなくすためNPO法人「bae」を立ち上げ、講演会などを行っている。

出典:“少年院出身アイドル”戦慄かなの「トラウマが蘇った」壮絶な...

	

今朝の朝日新聞にオピニオン面にて、少年法に関する私の記事を掲載させて頂いてます!
人を導くのは法ではなく、人だと思います。私の考えや少年法の正しい知識が、よりたくさんの人に伝わればいいな

出典:/twitter

			

大森靖子率いる「ZOC」に所属

出典:ZOC

			
【共犯者 大森靖子 ZOC】

 ZOCとは”Zone of Control”の略、ウォー・シミュレーションゲームやシミュレーションロールプレイングゲームで用いられるゲーム用語です。簡単にいえば、ゲームにおける「支配領域」の概念のことです。そこに、常に提唱している「孤独を孤立させない」の意味を持たせ、このユニットにおける「ZOC」とは"Zone Out of Control”とし、孤立しない崇高な孤独が共生する場所と定義します。ZOCは固定したり、流動的になったり、弾性的に様々な形で形成される。そしてZOCは、ZOCが影響を与え受ける全ての存在と繋がって存在します。私はZOCのプロデューサーではありません。一緒に戦い、一緒に遊ぶ、同じ心に黒い穴の空いた共犯者です。そして、わたしたちZOCの共犯者に、あなたもなってほしい。

共犯者 大森靖子

実妹「頓知気さきな」と姉妹ユニット「femme fatale」も結成

妹である頓知気は「ミスiD2019」で「ミスiD2019」と「CChannel賞」をそれぞれ受賞した正統派アイドル顔を持つ逸材。

目を惹かざるを得ない個性的な可愛い「画像」要注目まとめ

出典:ミスiD

			

アウト×デラックス』👍

マツコが唸る!少年院を出た(秘)美少女アイドル!!
人の指を噛んで性格診断の特技を披露でスタジオ騒然

with ladybaby

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
◆Pride of the Japanese◆

現役キュレーターの中でトップのアクセス数を誇るSharetuber。世界を飛び回る国際ボディガード歴20年。護身術師範。悪質なクレーマーや反日左翼と戦う某公的コンサルティング団体顧問。喧嘩上等。「I'm proud of the fact I was born in Japan.」