• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
30〜40代におすすめオールインワンリフトUPケア法も解説

30〜40代におすすめオールインワンリフトUPケア法も解説

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
30〜40代におすすめオールインワンリフトUPケア法も解説
選び方次第で年齢肌・シミ・たるみ毛穴対策も。

今回はお不満別の選び方、おすすめオールインワン、シワに効果的なマッサージ法などを解説!時短スキンケアを巧妙に使って美肌を手に入れましょう。

引き寄せられるは手軽さだけではないのです。

洗顔後のスキンケアがたった1ステップで完了してしまう「オールインワン」。



オールインワンの手っ取り早いケアであなたの美肌をキープしましょう!。

ですが、30代に差し掛かり毎日のケアの重要さを痛感している皆さんだからこそ、引き寄せられるを体感できるアイテムでもあります。

「オールインワンの手軽さに関心があるし魅力的だけど、手抜きした分肌の調子は悪くなるかも…」とオールインワンアイテムに中々踏み出せない方もいるのではないでしょうか?おっしゃる通り、『化粧水・美容液・乳液・保湿クリーム』の役割を1つのグッズでこなせるなんて若干信じがたいのもわかります。

この記事では、オールインワン選びのコツや使い方、リフトアップマッサージ手段、編集部で厳選した30〜40代にイチ押しのオールインワンを突き詰めてご紹介しています。

オールインワンスキンケアで時短&重点ケア

ジェルやクリームなど様々なタイプのオールインワン。

洗顔後のお肌のケアがたったワンステップでおしまいと手っ取り早いさがチャームポイントですが、オールインワンには他にも以下のような良いところがあります。

オールインワンのメリット

■時短になる
■肌摩擦を減らす
■節約できる

時短になるのはもちろんお理解いただけかと思いますが、肌摩擦を減らしてくれるというのもとても大切な秘訣です。

ジェルやクリームといったテクスチャーも肌への負担低減に一役買っています。

一方、オールインワンなら商品1つでケア完了。

通常のスキンケアの時、化粧水・美容液・乳液・クリーム…と肌に触れる回数が多々あるため摩擦が起こりやすく肌に負担がかかります。

1回の使用だけでも肌に触れる回数に大きな差がありますが、何日、何カ月、何年と続くと思いめぐらす と肌摩擦の刺激の大きさが想像可能なと考えます。

一方オールインワンは、コストが上がりがちな美白用オールインワンでも5000円以下で購入可能。

お子様が小さいご家庭で、お子様のためにとできるだけ貯金をしたいという方にも支持されています。

積み重なれば旅行貯えにも夢のマイホーム貯えにも予算を回せます。

肌への負担も少なく、節約&時短になるオールインワン、30〜40代の方に特に多く選ばれているのは「時短・低刺激・低費用」といった良いところと私たちが求めるニーズとがっちり合ったというのが所以の1つだといえます。

安直ですが、単純計算で1〜2カ月4000円(年間24000〜48000円)コストを抑えられるという計算に。

一例を挙げれば、1つ3000円のアイテムをセットたとして、「化粧水・美容液・乳液」の元スキンケアで9000円。





オールンインワンは肌悩みに合わせて選ぶ

オールインワンの魅力はお理解いただけいただけたかと考えますが、選び方を間違ってしまっては解釈がないのです。

充分にと肌質や肌悩みに合ったものを選びましょう。

乾燥・敏感肌にはセラミド・ヒアルロン酸

30代になると多くの女の肌は乾燥しやすくなります。

保水力の高いセラミド、ヒアルロン酸といった成分の他、コラーゲン、スクワラン、アミノ酸配合のアイテムも推奨です。

乾燥のきっかけはセラミドやコラーゲン、エラスチンなど肌にもともと存在しハリと潤いを与えている成分が加齢と共に減少していくためです。

乾かす肌・敏感肌の方は保湿成分が充分にと配合されている商品を選びましょう。

それ故、オールインワン選びに迷ったら保湿力が高い「乾かす肌・敏感肌用」などの記載のあるタイプを選択してでおくと最初に間違いないでしょう。

肌に水分を補っても、水分をキープする力「保水力」が弱ければ水分はどんどん蒸発していってしまいます。

中でも、強い保水力がある「セラミド」を配合したグッズは特に推奨です。

肌に元々ある成分は肌に浸透しやすく、低刺激で効果を発揮しやすくなります。

さらに保湿力を高めてくれるのが「ナノ化(低分子化)」し配合されている成分。

「ナノ化」はわかりやすく言うと「サイズを小さくしたもの」を指し、小さくする事で吸収や浸透スピードが早くなり、より成分の力を高めてくれます。

強い保水力のあるセラミドは肌に与えた水分が蒸発しにくいため保湿力が高く、肌に元々ある成分なので肌への負担も最小限に抑えることができます。



年齢肌にはアスタキサンチン・コエンザイムQ10

酸化させる力の強い物質を「活性酸素」といいますが、活性酸素は私たちの体の中でいつも作られ、年齢とともに生じて量が増えていきます。

抗酸化作用というのは、肌が酸化する(サビる)のを防ぐ作用のこと。

抗酸化作用のある成分配合のグッズを使用し、活性酸素が肌を酸化させるのを防ぎましょう。

活性酸素は増えすぎるとメラニンを増殖させ、肌荒れやシワ、くすみ、たるみなどをひき起こす「老化の原因」となります。

しわやほうれい線、たるみなどの年齢肌でお悩みの方にイチ押しなのは、アスタキサンチン、コエンザイムQ10など「抗酸化作用」のある成分と、「保湿成分」です。

硬くなった肌を柔らかくし、肌の生まれ変わりを助けるのに保湿はとても必須です。

ビタミンE誘導体、ナイアシンなども抗酸化作用のある成分です。

乾かすが進むと、肌はどんどん硬くなり肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を妨げることになります。

さらに、年齢肌対策に使用するとき抗酸化作用のある成分とともに保湿成分が配合されているか如何にかを確認する事も大切です。



保湿成分配合のアイテムがベストチョイスな所以は、たるみ・しわ・シミなどのきっかけに「乾かす」も含まれるためです。



美白ケアにはビタミンC誘導体・トラネキサム酸

紫外線を浴びると最初に一番目に活性酸素が生じてします。

メラニンの還元作用がある成分はビタミンC誘導体、コウジ酸、ハイドロキノンなどに限定しれます。

抗酸化作用のあるビタミンC誘導体はシミ予防の美白有効成分として配合されることも多々あります。

そこで、おすすめなのはビタミンC誘導体です。

とはいってもハイドロキノンは医療機構でしか処方されない成分ですので、化粧品に含まれることはありません。

(認可が下りている成分はおよそ20種ほどあります)。

ビタミンC誘導体の魅力は、上述の1、2、3すべての働きがあるということです。

防止にもシミ消しにもどっちにも効果を見込み可能なため、いつも利用に推奨です。





毛穴ケアは毛穴が目立つ原因を見極める

毛穴が目立つ原因として心積もりられるものに、「開き毛穴」「メラニン毛穴」「たるみ毛穴」「つまり毛穴」の4つがあります。

30代を過ぎると毛穴の開きが気になってくる方もかなり多くいます。

ただ毛穴ケアをお腹積もりの方は、まず毛穴が著しくなってしまう原因について、見極める必須があります。

開き毛穴にはヒアルロン酸・ハマメリスエキス

収れん作用のある成分は肌を引き締め、キメを整える成果が期待できます。

他には、毛穴を引き締める「収れん作用」のある成分が配合されているものも選ぶのも推奨です。

保湿が肝心になりますので、ヒアルロン酸やセラミドなど保水力の高い成分が配合されたタイプを選択しましょう。

毛穴が開いていると明らかにわかるケースは、乾燥が原因の開き毛穴です。



開き毛穴におすすめの引き締め成分

■ビタミンC誘導体
■ハマメリスエキス
■アーチチョーク葉エキス
■イノバラ果実エキス

開き毛穴の原因は「乾燥」なので、引き締め効果よりも乾燥を加速させ毛穴を広げる結果につながってしまうことも考えられます。

ただ用心してほしいのは「アルコール」の収れん作用を使用したグッズ。

アルコールは肌を冷やす急冷の効果により一時的に毛穴を引き締め効果がありますが、アルコールは揮発性が高く、肌の熱を奪うときに水分も一緒に取り去ってしまいます。




オールインワンで明日のキレイを育てましょう

洗顔後のスキンケアをたった1つですます事が可能なオールインワンについてご紹介してきました。

どれを選べばいいかわからないという方はまず、保湿ケアに力を入れた商品を選択してでみましょう。

お手軽というだけではなく、今後の肌のことを考え敢えてオールインワンを選択する女も増加しており、ますます注意を集めています。

「無印良品」や「ちふれ」などコンビニやドラッグストアでショッピングできるプチプラブランドのアイテムも使いやすさがよく人気を集めています。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています